Welcome to PHILSCI.INFO

The Last Messages

2019-08-20アマゾンでカテゴリーが明解に設定されていない分野というのがあって、たとえば認知科学のような学際的とされる分野は心理学にも医学にもカテゴリーがない。複数の大カテゴリーの配下に重複して分類されているならまだしも、どこにもないというのは困る。いちいち「認知科学」というキーワードで検索してから、並べなおしたり、Kindle 本を排除したり、ただのノートを本と称して並べるイカサマ出版物を蹴散らしたりしないといけないのは、非常に面倒だ。そうでなくても、ジャストシステムの自称分析哲学者(というか NLP の宣伝マン)の本が続々と出てきて邪魔なのに。

2019-08-20Google は今年いっぱいで二段階認証のプロセスでキャリア宛てのメールを指定できなくなるらしい。さきほど Google Auth を利用する設定にした。

2019-08-20なるほど誰かが書いていたように(小山さんだったか)、既に分析哲学は用語や原則など何かをすべての人が共有するようなものがないと言いうるのかもしれない。それゆえ、たとえば最近の現象学の研究者はたいてい分析哲学の研究者の成果を参照するわけであろう。しかし逆に分析哲学のプロパーがフッセルやメルロ=ポンティを引用する事例は殆どないように思う。すると、現象学者を引用するような人々は、そこで自動的に分析哲学者であることを止めて現象学のプロパーとなってしまうのだろうか・・・もちろん哲学者としてのわれわれにとっては些事もいいところの小文字の政治にまつわる話題でしかなく、或る人物が分析哲学者《である》とか《でない》とかいった基準の有無や厳格さが、それこそ事象そのものや問いを探求するために、何の効果があるのかという話である。

Essays

冒頭に戻る

Opening address, or casual greetings

PHILSCI.INFO was launched in 1999 to record and show my personal notes and logs without its own domain name. It was entitled The Private Porch for the Philosophy of Science as a part of my website. And on 31th March of 2005, as you may know a result from WHOIS record, I registered a new domain name (philsci.info) to make an website something like a news site plus my weblog. But it is not my intention to make an website where I collect huge amount of papers, conferences, links, and weblog entries. So this website would be a better place to show my personal works.

Anyways, still I would like to read and study my themes: causation, laws of nature, necessity, supervenience, computation and information, empirical equivalence and underdetermination, the ontological status of probability, or others in which the average student in the philosophy of science may be interested. And I would like to add my pages and reviews on these topics. Most or almost writings are non-professional articles (not refereed), and I am very appreciated reading your criticism on emails or comments at some SNS.

冒頭に戻る

Latest notes RSS Feeds or Archive

冒頭に戻る