Welcome to PHILSCI.INFO

Privacy Policy is updated on 30th May, 2018.

The Last Messages

2019-02-17日本でせっせとオープンなところでやってるのは、東大の修士をもってるくらいの小僧が上場企業の客寄せパンダとしてライトニング・トークと称するクズみたいなお喋りをするていどのことだ。しかし、こんなものはしょせん都内の頭が弱い官僚や銀行や VC から金を巻き上げるネタに使うていどのパフォーマンスにすぎないのであって、量子コンピュータだろうとブロックチェインだろうと海外の最前線と比べたら子供の砂遊びにすぎん。

2019-02-17そして、どうして外形的にこういう状況になり、僕のような情報セキュリティや個人情報保護の実務家に歴史や基礎概念を無視してると断定されたり、あるいは僕のような(科学)哲学のアマチュアに無能だと断定されるのかと言えば、海外との決定的な違いだと思うけど、要するにあんたら国内のプロパーは業績をオープンにしないからだよ。英語でプレプリント・サーバにすら上げてないわけだから、そら「何もしてない」と言われても抗弁する権利などないね。

2019-02-17なので、attack trees の解説を書くために話が広がっているのだけれど、attack trees は派生的な話題として扱い、もっと本筋の話題を立てて体系的な論説にした方がよいのかもしれない。そもそも attack trees だけが脅威分析やリスク分析の手法じゃないわけだし。しかしそれでも、「シュナイアーの法則」を調べたときに感じたのだが、よく知られているわりに日本の情報セキュリティって歴史とか基礎的な概念とか全く論文にすらしてないんだよね。完全に小手先のテクニックだけで、これでは偶然に天才的なハッカーが出てこない限りは、日本の学者なんてサイコロを振った目が6か2かで情報セキュリティを論じているようなものだよ。

Essays

冒頭に戻る

Opening address, or casual greetings

PHILSCI.INFO was launched in 1999 to record and show my personal notes and logs without its own domain name. It was entitled The Private Porch for the Philosophy of Science as a part of my website. And on 31th March of 2005, as you may know a result from WHOIS record, I registered a new domain name (philsci.info) to make an website something like a news site plus my weblog. But it is not my intention to make an website where I collect huge amount of papers, conferences, links, and weblog entries. So this website would be a better place to show my personal works.

Anyways, still I would like to read and study my themes: causation, laws of nature, necessity, supervenience, computation and information, empirical equivalence and underdetermination, the ontological status of probability, or others in which the average student in the philosophy of science may be interested. And I would like to add my pages and reviews on these topics. Most or almost writings are non-professional articles (not refereed), and I am very appreciated reading your criticism on emails or comments at some SNS.

冒頭に戻る

Latest notes RSS Feeds or Archive

冒頭に戻る