Welcome to PHILSCI.INFO

日本科学哲学会・公式サイトの最新改定:2019-11-06 16:05:02 / PSSJ

科学基礎論学会・公式サイトの最新改定:2019-11-20 16:05:02 / PHSC

The Last Messages

2019-11-21feedly に Brave でアクセスしてみたら、サイドバーのメニュー項目が崩れていたのも直っていた。暫く Brave で feedly の不要なフィードを削除していこう。もう購読できるフィードの上限に達してしまったという警告が出ていて、新しい RSS フィードを追加できなくなっている。

2019-11-21どういうコンテンツがあるのか、さっぱり分からない。まるで白木の玄関に屋号が書かれた時価の寿司屋みたいな商売をしてるという、相変わらず強気な会社だな。俺はもう、ディズニーのアニメとか観ないけどね。どれほど丁寧に作ってあると言われても、あんなゴム人形みたいな動きのアニメはいらんよ。『トムとジェリー』やら『ポパイ』やら『ウッドペッカー』やら『チキチキマシン猛レース』やら、あるいはロードランナーが登場する作品やら、あれこれと観た記憶はあるけれど、もう今は必要ないかな。Disney+ のご紹介

2019-11-21そもそも独身かどうかと「オタク」かどうかは関係ないしなぁ。古来から独身の人なんて別に珍しくもなんともなかったわけだし(僧侶にはたくさんいた)、民衆というか「百姓(ひゃくせい)」にだって未婚のまま歳をとるか病気で死んでいく人も多かったろうと思うよ。昔の人だからといって、獣の本能みたいな感じで無暗に相手を探してたってわけでもないだろう。昨今の傾向だと、まず第一に相変わらず恋愛関係にあるかどうかが人生の一つの里程標みたいなフジテレビ的な価値観があって、なおかつそういう「勝利」を掴んでいない言い訳として「オタク」というフレーズが使われているというわけのようだ。まぁ、本当にやりたいことに打ち込んでる人にとっては、男だろうと女だろうと、あるいは年齢がどうであれ、どうでもいい話だね。「オタク」のジャンルとして多かったのはアニメや漫画、ゲーム、アイドル・声優、動画など。一方で読書やスポーツ、車などかつてはオタク趣味には分類されていなかったものについても、のめり込んでいれば「オタク」と自称するようになっているという。10〜39歳の独身は過半数が自称オタク | スラド

Essays

冒頭に戻る

Opening address, or casual greetings

PHILSCI.INFO was launched in 1999 to record and show my personal notes and logs without its own domain name. It was entitled The Private Porch for the Philosophy of Science as a part of my website. And on 31th March of 2005, as you may know a result from WHOIS record, I registered a new domain name (philsci.info) to make an website something like a news site plus my weblog. But it is not my intention to make an website where I collect huge amount of papers, conferences, links, and weblog entries. So this website would be a better place to show my personal works.

Anyways, still I would like to read and study my themes: causation, laws of nature, necessity, supervenience, computation and information, empirical equivalence and underdetermination, the ontological status of probability, or others in which the average student in the philosophy of science may be interested. And I would like to add my pages and reviews on these topics. Most or almost writings are non-professional articles (not refereed), and I am very appreciated reading your criticism on emails or comments at some SNS.

冒頭に戻る

Latest notes RSS Feeds or Archive

冒頭に戻る