Welcome to PHILSCI.INFO

日本科学哲学会・公式サイトの最新改定:2019-09-13 18:00:00 / PSSJ

科学基礎論学会・公式サイトの最新改定:2019-08-30 10:05:08 / PHSC

The Last Messages

2019-10-16トラックが交差点で「左へ曲がります」という音声アラートを発するときがある。これは「右へ曲がります」というアラートはない。なぜなら、右へ曲がるときは曲がる方向に死角がないからだ。左折するときは、トラックのように高い位置で右ハンドルの座席にいると、左下の歩行者などが見え辛いためにアラートを発するようにしているという。特に複数の場所を回る宅配物や郵便物やコンビニエンス・ストアや製パン会社の配送トラックは、左側通行の日本では建物に接した側の道路を回る反時計回りの経路をとるため、左に曲がることが多いという事情もある。ただ、左折専用のレーンでもアラートを発していることがあるのは、ちょっと良く分からない。それに、一部の車両だけだから際立って聞き取れるが、これを殆どの業務車両がやるとナスカー効果で逆に誰も気にしなくなると思う。#歩行論

2019-10-16We know there are west coast racists in city and even schools against non-English natives, reported by many Japanese. Yes, we also know that the United States support better solutions for discriminations because it is the land of the front line of prejudices. たまに書いていることだが、声高に唱えていることが、その土地に最も足りていないものである。イギリス人の「騎士道」、日本人の「和」、アメリカ人の「フェア」。どれも、本来は凡俗に欠けているからこそ、尊ばれるのだ。

2019-10-16暴力的なシーンのテレビ番組を観ることと暴力性の向上に、なんらかの関係があると論じている。クラーク・グリマー(といか、ハードな科学哲学の研究者のたいていに言えるが)も日本では殆ど取り上げられていない研究者だが、こんなものも書いていたのか。そういや、Maria Glymour はクラークがスマリヤンの本をあげたという孫だったかしら。SAGE Journals: Your gateway to world-class research journals

Essays

冒頭に戻る

Opening address, or casual greetings

PHILSCI.INFO was launched in 1999 to record and show my personal notes and logs without its own domain name. It was entitled The Private Porch for the Philosophy of Science as a part of my website. And on 31th March of 2005, as you may know a result from WHOIS record, I registered a new domain name (philsci.info) to make an website something like a news site plus my weblog. But it is not my intention to make an website where I collect huge amount of papers, conferences, links, and weblog entries. So this website would be a better place to show my personal works.

Anyways, still I would like to read and study my themes: causation, laws of nature, necessity, supervenience, computation and information, empirical equivalence and underdetermination, the ontological status of probability, or others in which the average student in the philosophy of science may be interested. And I would like to add my pages and reviews on these topics. Most or almost writings are non-professional articles (not refereed), and I am very appreciated reading your criticism on emails or comments at some SNS.

冒頭に戻る

Latest notes RSS Feeds or Archive

冒頭に戻る