2018年03月25日 に初出の投稿

Last modified: 2018-03-25 08:48:49

田中 千里(たなか ちさと、1924年 - 1998年8月11日)は、日本のアヴェロエス(イブン・ルシュド)[1]研究者。兵庫県出身。近畿大学教授。 日本のイスラーム哲学研究のパイオニア世代の1人。

田中千里 (哲学者)

関係者なのか、あるいは田中さんに教わった人が丁寧に調べて書いているのか、奥さんにインタビューまでして記事を編集しているのは大したものだが、気の毒にウィキペディアの基準ではアウトだろうな。熱意は敬服に値するが、学術文献はもとより、この手のサイトで記事を公表したり編集するに当たっての決まりごとを無視してはいけない。

その他、無駄な記載も多い。例えば「概要」の最後に遺稿の論文を解説しているが、こんなことは読めば分かることであり、いちいちウィキペディアで展開するようなことではなかろう。それに、その内容はアヴァロエスの解釈についてであって、田中さんご自身の思想について展開した解説ではないのだから、なおさらだ。

ということで、とりあえず第三者が確認しようのない「夫人へのインタビュー」によって書かれた「人物」のブロックは削除させてもらった。芸能人か偉人の評伝でも書いているつもりなのかもしれないが、「辞典」の意味を少しは真面目に考えてもらいたいものだ。繰り返すが、僕はこの田中さんという研究者に悪意はない。単に(亡くなった田中さんご本人と同じ見識でものを言えると仮定すれば)「哲学者」として是々非々の判断をしたまでのことだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook