2018年04月10日 に初出の投稿

Last modified: 2018-04-10 19:39:22

Ultimately I don’t need academic philosophy to do philosophy. My blogging over the past ten years has reached a larger audience than I could ever hope to achieve through the traditional academic journal system. And that’s ultimately why I dropped out: it was holding me back.

Why I Left Academic Philosophy

購読者がたくさんいても、それは何もあなたの論説に関心がある人々だとは限らないのではないか。ドロップアウトした上に、「在野」なんてものの価値を転倒させてアカデミズムに噛みつく・・・ここ、アジアのド田舎でも、幻冬舎とかそのあたりの二束三文な出版社なら、似たような属性の人にエッセイでも書いてもらいたいと思ってるはずだよ。あなたが元モデルだったり、ソクラテスの猿真似とかが得意なら、なお結構。

とりあえず、あなたのいた大学がロクでもなかったというなら分かるけど、大学の哲学研究や教育あるいは学位を授けるプロセス全般について文句を言うには、見識や経験がなさすぎると思う。少なくとも全米で似たような経験を持つ人に話を聞いたり、いま在籍している人たちや教員にも話を聞くなりして、まともなレベルの「調査」なり「研究」ができないというのであれば、その無能こそが、あなたがドロップアウトすることになった原因なのではないかな。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook