2018年10月03日 に初出の投稿

Last modified: 2018-10-03 21:37:50

いささかクリティカル・シンキングの著作が出てこなくなって、実は淋しい。いや、淋しいなどというセンチメンタルなことだけを言っていてはいけない。実のところ、僕はこういうのもリサーチ・プログラムとして研究者にしても通俗書の読者にしても一定のコミットメントを期待したいんだよね。さんざんやってみて、「なんだ。こんなもんやったところでクソの役にも立たないじゃないか」と分かれば、実験哲学のモルモットとしては上出来の結果だ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook