2018年06月21日 に初出の投稿

Last modified: 2018-06-21 10:54:29

Laurie (L.A.) Paul, currently Eugene Falk Distinguished Professor of Philosophy at UNC Chapel Hill and Professorial Fellow in the Arché Research Centre at the University of St Andrews, has accepted a position in the Department of Philosophy at Yale University.

L.A. Paul from UNC to Yale

長らく因果関係や形而上学をやっていたと思ったら、日本の出版人がいかにも率先して翻訳したくなるような、一見するとクリシンや素人ベイズ主義みたいな胡散臭い主観論と同じようなテーマの著作を展開し始めたので、それ以来は生暖かく眺めていたポールさんではあるが、それなりに地歩を固めているらしい。もちろん、いっとき当サイトでも少しだけメモみたいに書いた筈だが、いわゆる「認識論と存在論の循環」を仮定すると、ontology first なアプローチに限界を感じた人が epistemology first なアプローチにコミットメントを変更することはありうるし、それ自体は何の問題もない。そして、リサーチ・プログラムを終息させる理由というものは、公に語られるとは限らないので、周りであれこれと言っていても仕方がないのだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook