2018年02月26日22時09分 に初出の投稿

Last modified: 2018-02-26 22:15:34

会社で昼食をとるのは14時頃だ。総務からの通達では、「ラウンジ」と呼ばれている大部屋に行って食事を採るように言われている。以前は自分の席で食べていたのだが、当社は昼食というか休憩に入る時刻が従業員の任意なので、まだ休憩していない人が仕事をしている傍で食事するというのは、やはり何かとよろしくないということなのだろう。それに自席で休憩すると、バックオフィスの従業員は、どうしても休憩とはいいながらも他の部署からあれこれと持ちかけられて仕事するはめになり、モチベーションが下がってしまう。そのため、無理にでも離席させることが結果として従業員のストレスを軽減することになるということかもしれない。

ともあれ、このラウンジで食事をすると、当然だが同じような時間帯に昼食を採る人が決まっていて、いつも似たような面々と食事を共にする。だが、どうも僕は他人と食事するのは苦手である。たとえば他の人が会話したり読書していても、お構いなしに大画面のテレビを付けて愚にもつかないワイドショーを観はじめる人がいる。そばで食事している人がいようと、いきなり鼻をかむ人がいる。いい歳をしてクチャクチャと音をたてる犬食いの人もいる。まったくもって、二十代の頃にアルバイトで行っていた鉄工所の休憩所で集まって食事していた工員たちよりも粗野で無作法だ。そういう次第で、わざわざ小さい会議室を予約して悠々と一人で昼食を採ろうかと思うのだが、もちろんこれは会議室の適切な使い方とは言えないので、そう頻繁にはやれない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook