2018年02月13日22時11分 に初出の投稿

Last modified: 2018-02-13 22:11:12

As we dream of the day when we have enhanced brains and amortality and can think big, long thoughts, corporations already have a kind of "amortality." They persist as long as they are solvent and they are more than a sum of their parts--arguably an amortal super-intelligence.

Resisting Reduction: A Manifesto

technological singularity をテクノ成金による救い難い欲望とかカーゴカルトの一種だと見做している僕からすると、伊藤さんのスタンスはもちろん理解できるものだ。しかし、企業の「不死性」などと言われてもピンと来ない。たいていの企業は100年と続かずに倒産するわけだし、我が国の誇る金剛組ですら一度は経営破綻している。もうちょっと適切な比喩を使う方がいい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook