2017年08月25日12時19分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-08-25 12:19:17

カントの邦訳って結局どれがいいの?

自分自身にとってすら必要でもなく積読にしていた人が、どれを読むべきか自分にとっての基準を考えていたり、いわんや他人に講じるほどの客観的な判断基準をもっているとは思えないのだが。学界あるいは個々の研究者が有志として「この訳本はだめだ」と表明しているものが無い限り、僕はなんでもいいと思うんだよね。それよりも、四の五の言わずに実際に読めよと言いたい。どの訳本がいいかなんてことをウダウダとブログに書いてる人って、たいていその後も読んでないと思うよ。

ということで、KdrV だけに限った話ではないと思うのだけれど、オンラインで見かけるこの手の議論が、いかに素人やアマチュアのものであれ(この記事を書いてるのは哲学プロパーらしいけど・・・)、あまりにも程度が低いので、僕としては少し手間をかけて記事としてまとめているところだ。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook